2016年06月07日

【開催報告】「怒り」のエネルギーをプラスに変える! アンガーマネジメント講座

こんちは! 今日も元気に「中の人」Yです!

先日、6月2日(木)のS.PLOUNGEは、福岡からスペシャルゲストをお迎えしての!

激おこプンプン講座!

ではなく、「おこ」をマネジメントする、という講座が開催されましたよ。

講師の方は、この方!

村上隆昭.png

村上経営研究所の、村上隆昭先生です!

■村上経営研究所ホームページ


KIMG0933.JPG

講座の準備は、着々と進み、

KIMG0934.JPG

おやつもバッチリ!
これで、お腹が空いても怒り出すことは(多分)ありません。
村上先生のおみやげは「福岡空港の売店のおばちゃんに大プッシュされた」
もつなべ風味のおせんべい。
いや、おばちゃん、確かでした。焼酎に合いそうです。

おとなりは北海道代表! ロイズコンフェクトの抹茶のチョコです。
口中、抹茶になります。ウマウマです!

と、講座開始直前、村上先生の「首回り〜胸元」が、何やらにぎやかに。
ちょっとした教祖とか、こう、不思議な印象です。

「それは何ですか?」とお尋ねすると、首から外して見せてくださいました。

KIMG0935.JPG

……か、かわいい缶バッジの数々。

「村上先生、これは、このポエムでメルヘンなアクセサリーは……?」

実はこのずらりと並んだ缶バッジ、ものすごい意味を持つバッジだったのです。
これらはそれぞれ、アンガーマネジメント教会が認定する資格を有している、というしるし。
ずらーりです。
村上先生、九州支部の支部長でもいらっしゃいます。

■日本アンガーマネジメント協会ホームページ
https://www.angermanagement.co.jp/

■村上隆昭さんのプロフィール


「アンガーマネジメント」という名前。みなさまご存じでした?

KIMG0943.JPG

Yの原則は「勉強不足」ですから、ええ、S.PLOUNGEの企画会議で、
「あ、村上さんに来てもらっちゃお♩」と弘絵さんが言い出した際に知った次第です。

もともとはアメリカで1970年代頃に導入された心理教育で、
日本では2011年にアンガーマネジメント協会が発足した、という、
意外にもちょっとゆっくりした導入だったようです。
ですが、ものすごい勢いで広がりつつあります。
それだけ「キレる」人たちが増加した、ということかもしれません。

本場アメリカでは、
司法においては「アンガーマネジメントを受講すること」という判決があったり、
アメリカンフットボールの選手は受講を義務づけられていたり!

有名な実践者としては、
歌手のジャスティン・ビーバーくんが「いらいらして生卵投げつけちゃった事件」で、
司法から「あんたアンガーマネジメント受講しなさいね」と命じられたり、
俳優のチャーリー・シーン(検索したら「バイオレンスキング」って出てきた……)が、
なんと『アンガーマネジメント』というドラマで主演しているんですって!
しかもセラピスト役。

また日本ではサッカー元日本代表の前園真聖さんも受講され、
ファシリテーター資格までお持ちなんですって!
そういえばテレビで拝見しても、ちょっとキャラクターが変わったかも、
ゆったりした印象になったかもしれません。

受講対象者は「どんな人も」。

あからさまに、いつもぷんすかしている人はもちろんのこと、
一見すると「この人に『怒り』なんて感情がはたしてあるのかしらん?」
みたいな人もオススメです。

ただね。村上先生曰く、
「この人、受けたほうがいいなーって人は、受けない人が多いですね〜」
ですって!

KIMG0941.JPG

なので「受けたほうがよさそうな人」のそばにいつもいなくてはならない人、
というタイプは受講必須かもしれません。

で、必ずしも「怒らなくなる」ということでもないのだそうです。

怒らなくていいときに、怒らないという判断ができ、
怒るべきときに、怒る、という行動ができるようになる、とYはふむふむ思いました。

また年齢的には、大人はもちろんのこと、
幼稚園の年長さんくらいから受講しても理解できるのだそうです。
アンガーマネジメント協会の認定資格として「キッズインストラクター」というのがあり、
集団生活が始まる頃から、その世代に合わせて学んでいけるのだそう。


「3つの暗号」や「怒りの温度測定」、「べき」など、
さまざまな「思考のツール」をご紹介いただき、さあ、みんなで実践です。

KIMG0952.JPG

この日、受講された方は経営者や
いわゆる「組織のリーダー」がけっこういらっしゃいました。


KIMG0956.JPG

ふむふむしながら、
「うちの会社で使えそう!」なんて声が、あちこちから。

KIMG0957.JPG

あるある〜。

えー「べき」が、みんなでこんなに差があるなんて……。

そしてこの人!

KIMG0960.JPG

飛び入りで、ワークにワクワク参加です。
うちの弘絵ちゃ〜ん。NLPコーチングのスペシャリスト。

そう。
村上先生と弘絵さんが、わいわいとお話しされていましたが、
NLPコーチングとアンガーマネジメントというのは、とても親和性が高いようです。

今回の受講者の中には
S.PLANETのNLPコーチング講座の「上級」の受講生もいらっしゃいましたが、
弘絵姐さん、黙っちゃいません。

「ほらほらほら〜、上級の人ぉ〜、これ、やったよぉ〜???」

アンガー発揮です(うそ)。

アンガーマネジメントだけを勉強してファシリテーターになるよりも、
NLPコーチングを学んだうえで、アンガーマネジメントを学ぶと、
より深くお互いを掘り下げられ、
また講座などで伝えるときに、より深く伝えられるんですって。

村上先生も、アンガーマネジメント「も」専門家で、
他にもさまざまな「思考のツール」を、たくさんお持ちの方です。

例えば「アンガーログ」というツール。
怒りを記録することで、パターンが見えてくる、というもの。
パターンが見えちゃえば、対処方法を導く近道ができますものね。

これについても、村上さんの「ドラえもんのポケット」的思考のツールの中から、
効果的な「記録方法」を教えていただきましたよ。
ツールのレイアウトや、その大きさにも、ちゃ〜んと意味があるのです!
面白〜い♩


長くなってしまったので、もう1つ記事を起こすことにします。
よろしくお付き合いくださいね!

「アンガーマネジメント講座」は、
もしかすると、カタチを変えて今後もお届けするかもしれません。

また、特に組織活性化をご検討の企業様などは、
S.PLANETの人財育成や組織活性化などにプラスして、
「アンガーマネジメント」をオススメします!

Y個人は、まずは管理職教育に、次に新人教育に、
いやもう、組織全体の各階層で、
それらに合ったアンガーマネジメント教育を導入されることを強くオススメします!

お気軽にお問合せください。

■S.PLANETホームページ
posted by splanet at 11:28 | Comment(2) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年05月24日

【開催報告】恋愛オフサイトミーティング(女性編)

やっちまいました……。

4bd27f56612cac136258eb68967e13f8_s.jpg
この写真、出番多いです。

たった今、「恋愛ハートオフサイトミーティング」で撮った写真全部、
データをゴミ箱に入れて、空にしちゃいました……。

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s.jpg

こんな気分です。


でもYは大人なので、気を取り直して、レポしますね♪

さて、当日ご参加いただいたのはNLPコーチング講座の受講生4名様!

と、Y!

HRDデザイナーの弘絵さんがこの場をナビゲートしていきます。

まずは、

「オフサイトミーティング」とは、何ぞや、というお話し。

オフサイトミーティングは「安全な場所で、安心して語り合う」ことです。

「聴き合う」ということ。

語るときの主語は「わたし」。
第三者の知識をひけらかすのではなく、自分の言葉で語ります。
そして、自分の言葉で語ろうとしている人が、何を言いたいかを聴く。耳を傾ける。

「語り合い」という、インプットとアウトプットの循環の中から、
「自分にとっての解」を見出していく、という時間なんですね。

という弘絵さんのお話しの後、「ジブンガタリ」に入ります。
ひとりあたりの持ち時間は約4分。
自分のことを知ってもらうために、語ります。

これは恋愛の歴史、というよりも、本当に「自分のこと」をみなさん語った感じ。
こういう人生を歩んでからの〜、こんな恋愛、というプレパレーションです。

いや〜、弘絵さんの「恋愛(黒?)歴史」も、語られまくりです。

続いて、「自分の恋愛観」「これからどんな恋愛がしたいか」を語っていきます。

が!

ホント、ここでは報告できません。

みなさん「安全な場所で、安心できる」からこその「語り」でしたから。


というわけで、いただいたアンケートをご紹介しますね。

(参加前)
何も期待していませんでした。悪しからず……。


(参加後)
自分で自分を型にはめていることがわかった。
思い込みも強い。
恋愛したいといいながら、めんどくさがっている自分を思い知った。

この方は、「ひとりよがりの勘違い男」と「ゲロの話」で、
場を盛り上げてくださいました。
いわゆる「恋愛あるある」です。


(参加前)
どんな話になるんだろう?
自分の価値観って、実はよく考えたことなかったなぁと思い、
自分の価値観が整理されるといいなぁという気持ちでした。


(参加後)
自分の価値観を改めて認識できたし、
ずっとブレてなかったなと気づいた。
また色んな価値観を聞いて、恋愛って改めていいものだなと思った。

彼女の名言はふたつ。
「恋愛は営業」「NLPって恋愛にめっちゃ使えるなって!」

……深いですね。

商品(わたし自身)にほれ込んだ、誠実な営業が、
ステキな恋愛につながっていくのかな、とYは思います。


(参加前)
恋愛したいのか、したくないのか?
したいと感じる、すごく思っている事に気づきました。


(参加後)
自分のこれからの恋愛の目標設定が出来ました。
ますます頑張りたくなりました。
and それぞれの状況、気持ちが違う事で目指す事も違ってくる。

こちらの方は「押す」と「引く」のバランスが素晴らしい。
みなさんその経験に「おおー!!!」とどよめいていましたよ。


(参加前)
まったくどんなミーティングになるのか想像もつきません。
恋愛は素晴らしいものであってほしいという気持ちがあるので、
ポジティブな話を期待しています。


(参加後)
恋愛トークというと女子会のイメージがありますが、
あれは「共感」だけで、そこから先に考えたりすることがないのですが
今回は「オフサイトミーティング」ということで
恋愛というテーマながら、その人それぞれの真理や考え方を聴くことができて
すごく勉強になりました。

実はY、
弘絵さんに「オフサイトミーティングのテーマとして『恋愛』はいかがですか?」
と提案したときに、この方は「共感」と表現されていますが、
いわゆる恋バナの「報告」に終始してしまっているところが不満だったんです。
同じところをループしている、というのかな。

なので、楽しんでいただけて嬉しいです!


で、Yですね。

ちょっとした衝撃でした。

「恋愛」とひとくくりにしても、それに対する価値観を表現すると、
本当に「指紋の数だけ」表現があるんですね。

で、自分がとても感覚的に恋愛(あるいは人付き合い)をしているのだな、
ということに気づきました。

体感でしている、ということに気づいたんです。

で、この体感を言語化するのって、しかも相手に共感を得られるような、
少なくとも同じ体感としてキャッチしてもらうように「語り」で表現する、
というのが、Yにとっては本当に難しい。

正直に言うと、私は本当に「語る」ということに向いていない、
「語る」という表現は苦痛だ、ということに気づいてしまいました。

ので、次回はやはり「のぞき屋Yちゃん」のポジションでいようと思います。


ホントはYの立場でしたら、
「ホンッとに面白かったです! 語るって気持ちいい! 楽しい! 自分の中を整理できました!」
と言うべきなのかな、と思うのです。

話が逸れてしまい恐縮ですが、
自己表現、というのは、その技術を誰しも持っていたほうがいいと思うのです。
自分に向いている表現技法は何だろう? ということですね。

語る(言葉を声に出す)のが心地いいのか、
綴る(言葉を文字や文章として表現する)のが心地いいのか。

ほかにもさまざまな「表現手法」が存在します。

どの方法が自分にとって心地よく、誰かに届きやすいのか、
「傾聴の循環」を起こすのに労力をかけることなくできる手段は何か、ということ。

Yは「綴る」以外では、極力、自己表現をしたくありません。
そのことを、改めて思い出したのです。

あなたがもし、
「自分を表現してください」「あなたの想いを教えてください」と言われたとき、
「綴る」をとりますか? 「語る」をとりますか? 全然別の形をとりますか?

もし「綴る」が苦手なら、
オフサイトミーティングは本当によい「安全な場所で、安心して語る」ことができます。

「語る」のも「綴る」のも好きなら、とても幸福です。
そこに「聴く」という循環が生まれる、充実した時間がオフサイトミーティングです。

自分が「語る」タイプなのか「綴る」タイプなのか、
いまいちわからないようであれば、ぜひオフサイトミーティングに参加してみてください。

この日のYのように、見極めることができるかもしれません。


男性編は6月10日(金)開催予定、
スペシャルゲストが登場する男女混合編は7月12日(火)開催予定です!

お申込み、お待ちしております♪

内容の詳細・お申込みはホームページから、どうぞ!

posted by splanet at 11:05 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年05月13日

【開催報告】ひな先生の東洋医学の養生と、ココロとカラダ講座 Vol.1

hina_hari01.jpg

ひな先生です。

というわけで、先日、5月9日(月)開催の単発講座「S.PLOUNGE」、
「ひな先生の東洋医学の養生と、ココロとカラダ講座 Vol.1」が開催されました〜。

■ひなはり灸治療院


KIMG0863.JPG

塾長? 番長? 組長! 弘絵さんのご挨拶があって、いよいよスタートです!

今回の参加者は偶然にもアラサーガール3名さま〜。

KIMG0882.JPG

東洋医学のお話しで「気・血・水」って見聞きしたこと、ありませんか?

 
KIMG0864.JPG

「気」って、何だろう? という、お話し。
ふむふむ、なるほど。気にしたことなかったなぁ、なんちて。

KIMG0866.JPG

Yは、ないすばでーな、もでるです。これはYさん1号。

KIMG0871.JPG

Yさん2号。

リアリティが増しました。
お腹のあたりは、サービスしてくびらせてくださいました。
本来は、グッドイヤーの、ビバンダム風です。

KIMG0873.JPG

日本って、実は「リトル地球」というか、不思議な気候風土の国なんですよね。
ちいちゃな国土に亜寒帯から亜熱帯まである。

北海道は亜寒帯ですから、
食べものや調理法、服装なんかは、ちょっと北欧寄りのほうが、
もしかすると合ってるかもしれないね、なんていうお話し。

それでもボディは西洋人ではなく、バリバリのジャパニーズ。
筋肉や骨格、内臓が著しく違うので、そこは日本人としての意識が大切なんですね。
西洋人って、冷えって、ほとんどないんだそうです!

KIMG0881.JPG

お灸のなりたち。

なんと! たき火がツボに当たったことがきっかけ! らしいですよ〜。

それにしても、ひな先生。めっちゃイラストめんこいですね!
ひな先生は東洋医学のプロフェッショナルですが、
イラストや音楽などなどなど! すんごい多彩なクリエイターでもあるのです!

……にしても、このたき火の人、「チビまる子ちゃん」にいなかった?

KIMG0884.JPG

少人数ならでは。

自分の身体の気になる症状について、先生に質問してみます。
講座内で質問すると、ほかの人とシェアできますからね。
じゃんじゃん質問しちゃいましょう。


参加者のみなさんに、今回の講座について、振り返っていただきましたので、
ご紹介しますね!

KIMG0885.JPG

(受講前)
東洋医学の治療を受けるのが好きなのですが、
どういう経路で効いているのか理解したくて、
でも本などを読んでも専門用語ばかりでわからないので、
まず入門レベルで教わりたかったです。


(受講後)
普段の生活に密接した、
誰にでも経験のあるような話から東洋医学だけじゃなく、
地域性の大事さなど教えてもらえて、
とても面白かったです。

そうなんです。
このお嬢さんは5年ほど鍼灸院に通院されているそうなんですが、
そこの先生が専門用語で症状を解説されるのでちっともわからなかったそう。
ひな先生の講座は、専門用語がほとんど出てこないのです!

講座後にお伝えしたら、
「そういうのばっかりでも、バリバリできますよ」とのことでしたが、
今回の講座は、アラサーちゃんにフィットした、
カジュアルで日常づかいのわかりやすい表現と実例で、
楽しく学ぶことができました。


(受講前)
気力がなく、何をしたらいいかわからなかったので、
パワーをもらえたら、と思っていました。
また、ストイックに食や生活をとらえすぎて疲れていたので、
頭をやわらかくしたかったです。


(受講後)
すごくやる気が出ました!
ゆるゆるとやっていきたいと思います。
もっと勉強(東洋医学に関して)したいです。

ひな先生のお話しにもありましたが、
東洋医学は「未病の医学」。
病気にならず、元気でいるための医学なんですね。
そのために、どんな風に暮らせばいいか、という知恵です。

そのお話しの内容もさることながら、
ひな先生のパワーといったら!

hina_hari01.jpg

ホント、この記事だけでは、あのひな先生のパワーを伝えられません……。
まさにトークで「気を巡らせる」力を持つ鍼灸師……。

トークはもちろんのこと、
ひな先生ご自身のこれまでのアトピーやぜんそくの取り組みのお話し。
愉快に楽しくお話しされていましたが、
それは想像すると、本当に過酷だったとYは思うのです。
そういう過程を経て、
「ゴキブリのいない、あこがれの地」北海道に来た、という半生。

パワー、もらっちゃいますね。


(受講前)
東洋医学について何もわからなかったので、
難しいかなと思いましたが、
自分の生活のタメになる情報があったらいいなと思ってました。


(受講後)
想像していたのと違って、すごくわかりやすく、
自分が習っているヨガと通じるものがあり、
何度も「なるほどー」と思った。
自分の体に正直になる大切さを学びました。

自分の体の声に正直に生きる

ひな先生の今回の講座で、一貫したテーマは、
結局これに尽きますよね。

寝たいときに、寝たいだけ寝る、とか、
食べたいものを、食べたいだけ、とか、
やりたいことだけをやる、とか。

人それぞれ体質というのは違うのだから、
「情報」に踊らされないことの大切さ。

「私は、本当は、どうしたいのかな」

それは決して「ワガママ」ではないんですよね。

「あるがまま」に生きる、ということを探究する、というのかな。


ひな先生の講座は、今後2回開催が決まってます!

■8月9日(火)
ひな先生の 東洋医学の養生と、ココロとカラダ講座 Vol.2

■9月19日(月・祝)
ひな先生の発達障害の子のための、ココロとカラダ講座

ぜひご参加くださいね! お待ちしてます!

「中の人」Y 拝
posted by splanet at 11:48 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年04月21日

【開催報告】ヒロコさんのマネー講座♩

KIMG0839.JPG

ヒロコ先生です!

というわけで、始まりました!
S.PLANETの気軽に学べる単発講座「S.PLOUNGE」。

記念すべき第1回目の講座は、ヒロコさんのマネー講座。

今回は、

あなたも貯め体質に変身・変心・変信!
幸せなお金習慣をGetして楽しい老後へ

というタイトルでの開催!

いや〜、Yは後ろの「Y席」で拝見していましたが、
今回は受講者のみなさんが、お金に対する向き合い方が素晴らしいばかり。
ヒロコ先生もびっくりです!

KIMG0849.JPG

まずは「お金」というもののイメージから。

普段の何気ない会話の中で、

「ねえ♪ 今度さぁ、あのお店にお洋服見に行かない?」

なんてのはあるけれど、

「ねえ♪ 今度さぁ、あの銀行に資産運用のお話し聞きに行かない?」

……って、言いませんよね?

どうも「お金」には、「ひみつ」の匂いがします。

でも、お金を貯めるなり、循環させるためには、
まず、自分のお金がどう動いているのかを「見える化」しないと!

で、それと同時に、
自分のライフスタイルそのものを見つめなおすことが大切ですね、
とヒロコ先生。

つまり、
「このお買いもの、私、本当にワクワクしているのかな?」
という観点がとても大切ですよ、貯めるのも、使うのも、ということですって。

確かに。

仮にバーゲンですっごく安くスーツを買ったとします。

でも、職場や普段は、ジーンズでいいような、
むしろスーツなんか着たら「あら、就職活動?」
なんて言われちゃうようなライフスタイルだったら、
いくらバーゲンで安くスーツを買えたとしても、ねえ。

「念のため」という意識で買ったとしたら、それはつまんないこと。
で、「あら〜結局着なかったわね」と、誰かにあげたり、捨てちゃったり。

「なぜ、私はこれを買ったのか、を常に意識する、ということが大切なんですね」

ふむー。

KIMG0844.JPG

休憩タイム〜♪

お財布や電子マネーとの上手な付き合い方や、
雑誌に出てくる「1,000万円女子」をどうとらえるか、などなど。

KIMG0846.JPG

お金そのものを貯めるのではなく、
「私にとって、どんなワクワクのために使いたいか」が、まず大前提。

そして、「じゃ、今はどうなのかな」ということの「見える化」。

次に、「とすると、具体的に」という計画を立てていく。

ふむー。

日々の選択の積み重ねが、無駄をなくし、
本当に必要なときに使えるお金を貯められるのですよ

そんなことをヒロコ先生は伝えてくれました。


いや〜、初めての単発講座、スタッフとしてコソコソ動いておりましたが、
本当にモリモリ反省しております。

もうちょっとステキなおもてなしがあったんじゃないかなあ、とか、
最初のご案内も、もうちょっと、とか。

ひとつひとつ課題をクリアして、
「S.PLOUNGEのステキなスタッフY」としてがんばっていきますので、
みなさま、応援よろしくお願いします(?)

そんなYのために、
「あんな講座があったらな」「S.PLANETだったらこんなのできないかな」
みたいなリクエストがありましたら、じゃんじゃんお寄せくださいね!

ヒロコさんと次回講座のお話しもちらっとしましたが、
……ふっふっふ。

次回はねえ、ムフフ。


ようやく直に「S.PLOUNGEの受講生さん」にお会いできましたが、

「どれもすっごく面白そうですよね」

なんて言っていただけると、不肖Y、喜びにむせび泣きます。

中には「全部受講します!」と、さっそくお得なチケットを購入してくださった方も!

いや〜、今後が楽しみです。

みなさまも、お楽しみに!

posted by splanet at 12:51 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

ページトップへ