2017年02月16日

【開催報告】個人と組織を変える! 最新ソリューション(解決志向)コミュニケーション

毎度。Yでございます。
先日、2月10日(金)のS.PLOUNGEは、
「個人と組織を変える! 最新ソリューション(解決志向)コミュニケーション」
というテーマでお届けしました。

Image-1.jpg

■北原義昭先生のFACEBOOKページ
https://www.facebook.com/yoshiaki.kitahara.39?fref=ts

と、ゆ〜わけで、北原のおっちゃん(普段は呼べない)、
満を持しての登場です。

(-_-;)


Yは比較的、文章でその様子をお伝えするのは、得意なほうなんです。

しかし!

北原先生の講座の魅力をお伝えするのは、
ホントに難しい。

この講座の告知記事でも、それが伺えます。

……ギブアップ。

受講生のみなさんの声をご紹介しますね。それしかない。


【受講前のキモチ】
その昔、迷える私を救ってくれた北原先生の講座となれば、
何をおいてもかけつけなければ! とやってきました。
久し振りに北原先生のお話しが聞けるのが楽しみです。
【受講後のキモチ】
「正解ではなく、思ったことを伝える。どれも正解です。」
ということを、久しぶりに聞き、基本に戻ることができました。

【受講前のキモチ】
久々に真っさらな気持ちで来てしまいました。
【受講後のキモチ】
弘絵さんの講座を初めて受けた時に感じた、
優しいところから教えてくれるけれど、
この先生の講座はものすごく深くて面白そうだという気持ちになりました。
また受講したいと思いました。

【受講前のキモチ】
今日はどんな講義が始まるのかが予想がつかないままの受講です。
何か期待感がありました。
【受講後のキモチ】
全ての講義内容が即実践に使えると感じました。

【受講前のキモチ】
ソリューションの考え方を整理したいです。
【受講後のキモチ】
ウツと幸せの話しや、会話と対話の話しなど、
今まで知らなかったことを知ることができました。
物事をいろいろな角度から知ることが大事だと感じました。

IMG_4658.JPG

【受講前のキモチ】
北原先生がどんな方か、どのような事をしている方か、
もっと良く知りたいと思ってました。
【受講後のキモチ】
とても満たされた気持ちになりました。
「相手が大切にしているものを問う」とても印象深く、大事にしたいと思います。
今日、聞いたお話しを自分の中に吸収していきたいです。
そして誰かに伝えたいです。

IMG_4664.JPG

【受講前のキモチ】
どんなことをやるか、全く想像出来ないですが、楽しみです!
【受講後のキモチ】
想像を絶する楽しさ&発見で感動しました。
言葉の持つ意味の大切さを知ったので、
言葉の本当の意味を勉強したいと思いました。

IMG_4654.JPG

【受講前のキモチ】
北原先生の長時間の講座は初めてなので楽しみです。
職場で使えるコミュニケーションを改めて学びたいです。
【受講後のキモチ】
改めてコミュニケーションの意味を知り、勉強になりました。
目標を達成し、成果を分かち合うのがコミュニケーションと知りました。

IMG_4674.JPG

【講師へのメッセージ】
久し振りに先生のお話しを聞き、元気になれました。
そして……、改めて北原先生のおかげでここまで仕事を頑張れてこれたこと、
私自身が変われたことに感謝しています。
ありがとうございます。

【講師へのメッセージ】
きっと普段はもっとたくさんの受講者がいる講座だろうなと思い、
少人数で受講できたのはとてもゼイタクだと思いました。
また受講したいので、ぜひS.PLOUNGEでお願いします!

【講師へのメッセージ】
いつもながら、すばらしいです黄ハート

【講師へのメッセージ】
あっという間の2時間15分でした。
先生の講義の姿勢そのものが参考になりました。
ありがとうございました。

【講師へのメッセージ】
先生のこと、もっともっと知りたいです。

【講師へのメッセージ】
とても楽しかったです。
お話しをきいていて、ひきこまれました。
もっと先生の講座を受講したいです。

【講師へのメッセージ】
ありがとうございました。
目からウロコばかりで勉強不足が身に沁みました。
また講座受けたいです。


ふむ。

Y、ちょっと整理ができてきました。

そうそう。
この日は北原先生のことをよくご存じの方と、
まったく知らない方がちょうど50:50な感じにそろったのです。

北原先生は、ホント「心の便利屋」さんでして、
会社経営のコンサルタントとして全社員対象の研修会を開催し、
年商19億円から22億円にアップさせたり。

メンタルクリニックで「うつ」の患者さんのカウンセリングをしたり。
「うつ」を卒業されて、職場復帰に向かうための講座を開いたり。

津軽三味線のプレイヤーの方のプロデュースをしたり。

医療機関で医師のコミュニケーションスキルを上げるための教育をしたり。

いやもう、出るわ出るわ。
「ボクがこないだやった××はね」のエピソードの数々。

弘絵さんの「講師業」の先生でもありますし、
S.PLOUNGEに登場してくださってる講師の先生たちの「先生」でもあります。

まず、Yが北原先生の紹介をするのに、苦手に思うポイントは、ここです。
ホント、いろんなことできちゃう人なんです。
いろいろありすぎて、まとめきれない。

で、ぶっちゃけていうと、北原先生が伝えてくださる「情報」は、
ちょっとネットを検索したり、「おべんきょ」すれば、手に入るものです。
言ってることが、弘絵さんと、まるで同じだったりする。

ここもYの苦手ポイント。

でもね、ここからがすごいんです。不思議なんです。

「腑に落ちる」量と質が、
ものすごいんです。

みなさんの感想を読んでも、そうでしょう?
「感じ入る」のが、すごく強くて、深い。

弘絵さんや、
S.PLOUNGEの講師の先生たちはそういう傾向が強いけれど、
北原先生はトップクラスです。

講座の内容も、即興で受講生に合わせたものにアレンジします。
受講生を巻き込んでいく様子もすごい。
だから、板書やテキストを眺めて、ときどき窓の外を眺める、みたいのが好きな人や、
自分の内面を見つめたり、表現したりするのが好みでない人には向かないかも。

とはいえ、北原先生の「教え」って、
たとえばセンシティブな状態にある人たちと向き合うことも多いせいか、
北原先生が形成する「場」では、自分の内面を見つめたり、
表現したりすることも、とっても安心してできるんです。
「先生」と「生徒」の関係では、この「場の安心」って、
実はすごく大切なことなのではないかな、とYは思うのです。


そんな北原先生、6月に再登場してくださいます!
6月16日(金)開催予定です。

テーマはきっと、受講生に合わせた内容になるので、
お申込み時にリクエストを書いておくのがいいかもしれません。

ファンが多い先生なので、お申込みは、お早目にね。
posted by splanet at 11:19 | Comment(2) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2017年01月31日

【開催報告】聞いてもらえる話し方 〜男女のコミュニケーション編〜

Yでございます。

IMG_4609.JPG

これ、北海道が誇る銘菓・ロイズの生チョコ。オーレと山崎。
Yは断然「山崎」好みです。シャンパーニュより、山崎かもしれない。

さて。

IMG_4607.JPG

ちょっと写真が暗いですが、先週末26日(金)に、
東京からディーン・小川・フジオカ・直樹先生をお招きして、
S.PLOUNGEが開催されましたよ〜。

IMG_4608.JPG

先生のご著書。

IMG_4610.JPG

サインする作者。

IMG_4612.JPG

著書を紹介する作者。

IMG_4615.JPG

どうも〜。

IMG_4617.JPG

真剣に聴く主催者。
小川先生も「まえのりのりのり」です。


というわけで!

受講生のみなさんの声の一部を、ご紹介。

(受講前)
相手を大切にしていることを伝わるようにしたい。
(受講後)
自分のリアクションが意外に伝わっていないのかなぁ〜って思いました。
今日から会ったときには「ほめ言葉」を伝えます。

(受講前)
前回の英語講座も違う視点から楽しめたので、
今回出版された本をどのように紐解いていただけるのかを期待しています。
(受講後)
実践・体験に即した内容で、
男女のコミュニケーション・生命の基本的な相違が
大変良く理解することが出来ました。
明日から即実践して活かしたいと思います。
本当に受講して良かったです。

(受講前)
男女問わず苦手な層がいるので
その方たちとのコミュニケーションに生かせればと思っています。
(受講後)
性差の違いを改めて感じたので、
それを上手く使ってコミュニケーションがんばろうと思います。

■講師へのメッセージ
ステキなリアクションを教えて下さり、ありがとうございます。

本当にしわがない! です。
世のおじさまに今日の授業をやってほしいです。

こんな素敵な講座は初めて黄ハート


今回の講座は、小川先生の新刊がベースになっております。

ダウンロード.jpg

Amazonに飛びますよ〜。ぽちっとしましょう。

Yも拝読しました。
すんごい読みやすいです。

著書の方とお話しをすると、
おおむね「ご本人そのまま」という印象ですが、
この本もそう。

小川先生のキレあるユーモアとゆーか、
楽しさいっぱいの中に、
高度なコミュニケーションスキルの解説が隠されております。

今回のサブタイトルで受講を見送った方。

もったいない。

先日の日本通運の管理者研修で、みなさんが戦慄しながら学んだことが、
ここでは楽しく学べました。

婚活男女より、
むしろ管理者や先生のような方にご参加いただきたかった講座です。

でも大丈夫。

誤解を恐れずに言うと、
本を読めば先日のS.PLOUNGEで学んだ内容が網羅できます。

とはいえ、ですよ?

本を読めば済むようなことを、S.PLOUNGEでやるなんて。
そんなもったいないことは、もちろんやりません。
より深く、より体感を得ながら、実践ありき、でございます。

IMG_4641.JPG

このあと、本格的な実践に入るのですが、
参加人数の調整でYもいつの間にか受講生になっちゃったので、
もっと楽しいことをしている写真が残っておりませんのです。
とても残念ですが、参加した人だけの、お楽しみ、とゆーことで。

ムフフ。

IMG_4650.JPG

Yの講座メモの一部。
時節柄、バレンタイン対策についても教えてくださいました。
これ、Yの「メンズ調査」と結果が一致!

いいですか? 恋する女子のみなさん。

本命チョコで、サロン・デュ・ショコラでしか買えない、
みそだのしょうゆだの胡椒だのすみれのリキュールだののガナッシュが入った、
小粒のチョコのアソートとか、絶対に贈ってはいけませんよ!

うっかり買っちゃった?

ああ、もう、Yによこしてください。
Yが身体を張って、飲食処理しますから!


小川先生は日程は未定ですが、
弘絵さんとの雑談を盗み聞いたところでは、
またS.PLOUNGEに登場してくださるようです。

英語の講座かな? コミュニケーションの講座かな?

どっちにしても、次回もチェケラ!
posted by splanet at 10:29 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2017年01月19日

【開催報告】朗読から学ぶ、美しい話し方

IMG_4598.JPG

見事な「うれしい裏切り」を見せてくださった五十嵐いおり先生が再び登場!

今回は「朗読」ということもあり、さらに深い味わいのある講座になりました。


受講されたみなさんの声をご紹介しますね。

何度も読み返すと、同じ話でも感じ方が違うし、
人の読み方でも感じ方が全然違いますね。
普段の話し方も人に伝えるということを意識したいと思います。

「お腹から出す声」「のどから出す声」の違い。
普段から腹式呼吸を意識したいと思いました。

前回も翌日から実践しましたが、
また今日も、明日から実践したいことがたくさんありました。
説得力のある話し方に変化する瞬間を聞き、ゾクゾクしました。
またぜひ教えていただきたいです。ありがとうございました。

やさしく話すことを心がけていたが、
もっと強く話した方が良いとの指導が目からウロコでした。
自分がささやくように話している自覚がまったくなかった。
とても引き込まれ、集中した、あっという間の2時間半でした。


IMG_4596.JPG

写真を撮りましたが、ほぼ、こんな感じです。

それでも、休憩なしの熱い2時間30分!

おまけに感動の涙が止まらなくなる人まで登場!

Yもこの講座は、ぜひ多くの方に受講していただきたい、と、
心底思いましたし、Y自身、レポーターではなく、
受講生として参加してみたいなあと思った次第です。


まず、自己紹介。
実はこれ、いおり先生、すっごく深く聴いていらっしゃるのです。
ちょっとの雑談から、その人の発声のクセのようなものをつかんでいます。
でも、ちっともそんなことを感じさせない、ほんわかヒアリングモード。

続いて「朗読」って何? というお話し。

学生の頃、先生にあてられて教科書を読んだこと、ありましたよね?
あれは「音読」。
朗読の究極の目標は「話す」こと。

聴いてくれる誰かに届くように、
まるで話しているかのように読むことなんですって。

そのためには、たくさんのテクニックを身に着けていく。

一種の「芸術」です。
芸術だから、初心者でもコロを込めて、原則的なテクニックを用いれば、
「声」「話し方」という作品ができあがりますが、
何しろ芸術なもので「ゴール」というものがない。
ここまでできた、という先に、新たに課題が生まれてくる。

Yはおけいこごとでバレエを習っておりますが、
多くのバレリーナが語ることと、まったく同じです。

いおり先生自身、朗読のテクニックを長い間、
師匠につきながら磨いているうち、ふと、思ったんですって。
「朗読のテクニックの修正は、話し方を修正することにつながる」って。

ここから、前回も行った「呼吸」「アクセント」「イントネーション」、
そして「1音目に息を当てる」「音を粒だてる」という訓練を行います。

IMG_4599.JPG

写真で見ると、ふむふむしている感じですが、
けっこうな運動量です。

IMG_4602.JPG

今回はこの方も、参加。熱心です。

弘絵さんも「話す」ということのプロフェッショナルであります。
CA時代に厳しい訓練を受けている方でもありますが、
「最新の話し方テクニック」に、驚いていましたよ。

「え〜、そんな風に習いませんでした! けど、そうですよね〜」


フィジカルワークのあとは、いよいよ「イメージ」、
「朗読」という芸術作業に入ります。

朗読で大切なのは「聴覚からビジュアルを想像させる」ということ。

そのために必要な要素、具体的にどう読み込んでいくのか、
いおり先生から細かなアドバイスをいただき、みんなでトライしていきます。

で、実際にやってみると、
ホント、朗読って「話す」ことなんだなって、みなさん納得!
「自然」に「読む」って、難しいんです。
みなさん、いおり先生にていねいなフィードバックをいただきながら、
手元の小説の一節や、詩を、しみじみと味わっていらっしゃいました。

泣いちゃったりもしてね。

こういう涙はステキです。

「声」には、
普段の私たちには想像もできない「癒すチカラ」があるんだなあ、
磨けば光る最強のコミュニケーションツールだなあって思ったYです。


最近、あちらこちらで「いや〜、ボキャブラリーが乏しくて」
というお悩みをうかがいます。

ボキャブラリーを増やすためにどうしたらいいのか、
Yもいろいろアイデアをひねっているのですが、
「朗読」は、とてもいい方法のひとつだな、と思います。

ちょっと話はそれますが、
「文章が下手で」「長文が難しくて」というご相談も受けますが、
自分が書いた文章を「音読」してみるのもよいです。
音読を超えて、朗読の域まで耐えうる文章は、
文字にしたとき、美しい文章になってます。

それと、この講座、
実にフィジカルとメンタルの面で「癒し」の効果があります。

日程は未定ですが、また開講できる予定ですので、
今回受講できなかった方、興味を持たれた方、
もうちょっと待っててくださいね。

S.PLOUNGEご紹介ページ
posted by splanet at 10:37 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年12月22日

【開催報告】あなたに似合う色、発見! パーソナルカラー診断

496cda91e1a00c1b8d629efcc5ac015d_s.jpg

き〜れ〜い♪

いろんないろ いろ いろ
いろ いろ いろ いろ ん〜 きれいだね〜

というわけで「中の人」Yでございます。

先日、12月20日開催のS.PLOUNGEは「クリスマス特別企画」と冠つけちゃった、
「あなたに似合う色、発見! パーソナルカラー診断」でしたよ!

キミ先生こと、みづか喜美代先生、再びの登場です。

みづか喜美代.jpg

前回の開催報告は、コチラ。

【開催報告】あなたに合う色発見! カラーコーディネートで新感覚!

KIMG2783.JPG

こんな感じで、みなさまをお迎えしましたよ。

KIMG2785.JPG

ざっくりと色について学びます。

KIMG2787.JPG

今回の講座は、よりパーソナルカラー診断に重きをおいているので、
さっそく個人のチェックです。
このブログのモデルは、問答無用でAちゃん。ごめんね、ありがと♪

KIMG2789.JPG

肌色のチェック中。女性の方にはおなじみの、
ファンデーションのカラーチャートです。
オークル・ナチュラル・ピンク・みたいな、アレ。

KIMG2790.JPG

お肌の「透明感」のチェック。
どうやら「皮膚の下の血管とかが見えるか」ということのようです。
と、書いたところで、自分の袖をめくって腕を見る、Yなのでした。

このほか、髪の色はもちろんのこと、瞳の色までチェックしていきます。

シーズン(春夏秋冬)ごとの色で診ていきます。

例えばピンクなら、こんな感じ。

KIMG2795.JPG
これ、春。

KIMG2796.JPG
これ、夏。

KIMG2797.JPG
これ、秋。

KIMG2798.JPG
これ、冬。

っていうのを……、

無題.png

6色×4人分やった!

本当に不思議なことに、みなさんそれぞれ、似合う色が違うんです。
キミ先生が布をパッとめくるたびに、その人の顔色が変わる! ように見える。

それと、ちょっと面白いな〜と思った、みなさんのコメント。
鏡の前にいるよりも、人のを見ているほうが「よくわかる」んですって。
色の性質によって、どんな変化があるのか、がわかる、ということですね。


というわけで、モデルになってくれたAちゃんのコメントです。

【受講前のキモチ】
いつも同じ色を選んでしまうので、似合う色を知りたい。


【受講後のキモチ】
春になるとパステルカラーがたくさん出てくるが、
いっつも自分に似合わないなあと思っていたが、今日その理由がわかった。
これから洋服買うのが楽しみです♪


他のみなさんも、同様のご感想でした。

そう、「パステルカラー」ってフェミニンなイメージもあるのか、
不思議と「似合わない色」「やりすぎカラー」みたいな先入観を抱きがちですよね。
でも、今回、みなさんが「この色なら自分をキレイに見せてくれるんだ!」と、
発見されている様子が、見学しているYも楽しかったですよ。

今回は本当に、クリスマスプレゼント並の大盤振る舞い講座でした。

次回の開講は未定ですが、お楽しみにね♪

posted by splanet at 10:50 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年11月22日

【開催報告】徹底指導! 究極に美しく歩くためのウォーキング講座

若干外に出ております、「中の人」Yでございます。
えー、現在、サンタクロースの助手をしておりましてね。
トナカイではなく、まあ、いろいろな仕組みがあるんですよ。
というわけで、しばらく出没回数が減りますが、
S.PLANETに来るときは、の〜みつ! でいきますよ!


開催報告の前に、追加募集のお知らせ!

あっちゅーまに満員御礼になった大人気講座!
12月20日(火)開催の「パーソナルカラー診断」で1名様キャンセルが出ましたので、
追加募集中です!

お申込みは、こちらから! 急いで、急いで〜!



というわけで、こちらも人気講座です。

IMG_4581.JPG

美しい姿勢と歩き方のプロフェッショナル、
フォルムウォーキング・佐藤桔更先生です。

11月12日(土)開催のS.PLOUNGEは、
桔更先生のウォーキング講座、ふたたび! でしたよ〜。

第1回開催報告は、こちら♪

今回は、なんと! 男性の受講生さんがいらっしゃいました!

いや〜、意識高〜い!

女性は無意識にも、
こう、街歩きのときにディスプレイのガラスなんかで歩き方をチェックしたりしますし、
雑誌などのメディアで「美しく歩く」みたいな情報も得られやすいですけど、
男性って、実はそういう機会って少ないですよね。

いや、Yは嬉しかったよ!
リクエストがわんさか来たら、男性限定、なんてのもいいかもしれませんね。

7月の講座の受講をきっかけに、
桔更先生主催のクラスを本格的に受講される方もいらっしゃったり。
S.PLOUNGEは単発講座ですから「ちょっとお試し」って使い方もおススメです。

今回の講座には、7月講座を受講された方が、おふたり参加されてました。
初心者・男性・リピーター、盛りだくさんです。

IMG_4433.JPG

まずはみんなで、自分が歩いている様子をVTRチェックです。
この「before」、けっこうつらい……。

でも大丈夫、「after」には、すごいことになりますから。
まさに大改造です。

IMG_4478.JPG

まずは身体をほぐしますよ。

このストレッチ、オフィスでの気分転換や肩こりなんかに、とってもイイです。

IMG_4453.JPG

ほぐれまくりの人。いいスマイル、ごっちゃんです。

IMG_4474.JPG

今回は新しいストレッチも。

IMG_4471.JPG

実はこれ、めっちゃ難しいんです。なれるまではね。

そして、ひたすら……。

IMG_4518.JPG

歩く!

IMG_4528.JPG

歩く!

IMG_4555.JPG

歩く!!!

取材しているYは晩秋の寒さに浸っておりましたが、
みなさん、身体が温まって、楽しそうでした。いいなあ。

IMG_4556.JPG

で、「after」。

Aちゃん、「before」のとき、
「ものすごくあせっている御殿女中みたい」とか言ってごめんね。テヘ。
でも、ホント、きれいに歩けるようになったね〜。

Yが密かに驚いたのは、

改善されなかった人が
誰ひとりいない!

ということ。

すごくないですか? いや、すごいよ!

1回目の人はもちろん、2回目の人は新たな課題が生まれるんですけど、
そこをクリアして、より美しく歩けるようになる。
どんどん、どんどん、です。

まさに「美は天井知らず」。

自分に愛情込めてスパルタ教育すると、身体は応えてくれるんだなあ。

また、Yをはじめ意外と多くの人のお悩み「腰痛」。
やはり、普段の身体の重心に、少し意識を向けたりするだけで、
格段にラクになるんです。

Yが特に男性におススメしたいポイントでもあります。
腰をかばって、重心がおかしくなり、姿勢がおかしくなり、という悪循環。
それを断ち切ってくれるのが「正しい歩き方」なのかも。

次回の日程は未定ですが、気になっている方、ぜひご参加くださいね!
リピーターも大歓迎です! と、今回2回目の受講生さんを見てすごく思いました!

S.PLOUNGEの、いろいろ・もろもろは、こちら!

IMG_4501.JPG

やっぱりこの人が、いちばん楽しそう。
posted by splanet at 11:36 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年10月27日

【開催報告】環境の整理から自分を変える

IMG_4392.JPG

こんにちは! 「中の人」Yです。

先日、10月25日(火)に開催されたS.PLOUNGE
環境の整理から自分を変える」のレポートですよ〜。

さっそく、講師の広沢かつみ先生のブログにもレポがあがってました!

服が片づくだけで…ちょっと辛口編



受講生のみなさんの声も、ご紹介しますね。

IMG_4393.JPG

【受講前のキモチ】
「断捨離」「ときめき」と、そのつど流行にのり色々捨ててきましたが、
今残っているものは思い切れないものばかりなので、
背中を押してもらいにきました。

スッキリしたいです!
【受講後のキモチ】
色々なことがシンプルになるともっと楽しく、
身軽になって行動できるんですね!
片づけ始めます。

IMG_4390.JPG

【受講前のキモチ】
「整理」ということがとにかく苦手です。
環境、気持ち、片づけ???
【受講後のキモチ】
ものを整理することが、生き方にもつながっている、という深い話を聞けました。
時間は無限になると思っていることが、いろんなところで私の敗因だと思っています。
毎日少しずつでも床の上を片づけようと思います。
人生で何をやりたいか、考えます。

【受講前のキモチ】
最近また生活が乱れたり部屋が片付けても元に戻るので、
この講座に興味を持ちました。
【受講後のキモチ】
やはりこの講座もNLPと一緒で自分を大切にするために
自分を見つめ直すのが大事だと思いました。
まずは片付け、掃除から始めます。


IMG_4384.JPG

ジョブズ姐さんです。

そう、アンケートの中に「講師へのメッセージ」というのがあるのですが、
このようなコメントがありましたよ。

かつみ先生、スタイルも良くて格好いいです!

始まる前に、持参されたパンと、受講生さんのおみやげの大福をほおばり、
プロジェクターを準備しながら

「……おなか、いっぱい」

と、雨に濡れた子犬みたいな顔でYに訴えかけていたことは、内緒です。

そう。
本題から外れますが、かつみ先生、ご自身のブログでも書いているように、
スタイルには気をつかってらっしゃるようですが、
立ち方にも気をつけてるのかもしれません。

Yはおけいこの影響で、
人の姿勢のバランスを無意識にチェックするクセがあるのですが、
ホワイトボードの前に立つ人で、「前重心」の人は珍しいです。

きっと、腹筋と背筋が強いのでしょうね。
もしくは、元気が有り余っているから? 情熱が前重心?


KIMG2441.JPG
これ、Yのノートです。

実は、かつみ先生のブログをずっと眺めてきて、
「言い訳」をする人について、いろいろ考えていました。

IMG_4396.JPG

Yは「アンチスパルタ」なので、「言い訳くらい、いいじゃない」と。
正直なところ、スパルタなかつみ先生のブログは、
ときどき読んでいて、しんどくなるほどでした。

でも、言い訳が出てくるっていうのは、
結局のところ「軸のズレ」なんですね。

自分という軸からズレている、ということの、無意識のアピール。

実際に講座で、生の声として教えていただくと、
「ああ、そういうことか」と、すこんと腑に落ちました。

このあたり、大変面白かったので、別記事に書くかもしれません。

それと、片づけに関してのコツで、
「小物から始める」というリバウンド防止策は、「なるほど!」と思いました。


さ、まずは引き出しひとつから、お片付け、初めてみましょうか。
posted by splanet at 10:29 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年10月21日

【開催報告】対立しない・受け入れる「大人かわいい話し方講座」

IMG_4340.JPG

季節が変わりましたな。

というわけで「中の人」Yでございます。

先日、17日(月)のS.PLOUNGEは
フリーアナウンサーで朗読家の五十嵐いおり先生による
「対立しない・受け入れる『大人かわいい話し方講座』」でした。

いや〜、楽しかった!

Yが想像していた講座と違ってました!
違って面白かったのです!


受講生のみなさんからお寄せいただいたアンケートの一部をご紹介しますね。

【講師へのメッセージ】
若い人の「おはようございま〜す」という語尾が気になっていましたが、
私も「はようございます」と言っていたことに気付きました。
毎日毎日、何度も言う言葉なので、まずは「おはようございます」から始めます。
もっとお話し聞きたかったです。ありがとうございました。

【講師へのメッセージ】
雰囲気の優しい先生なのに、
嫌な話し方の実演は本当に嫌な話し方、気のない話し方等、
話し(演じ?)分けててプロはすごいなと思いました。
私も先生のような話し方の女性になりたいです。

IMG_4350.JPG

【受講前のキモチ】
伝わる話し方を身につけたい!
話すときに余裕をもちたい。
【受講後のキモチ】
相手を受け入れることの大切さを実感しました。
心からの笑顔を心がけたいです。
口を大きくあける発音を改善したいです。

【受講前のキモチ】
友人との話し方も、仕事でもちゃんと伝わって、
相手にも感じよくみられる話し方になりたいです。
【受講後のキモチ】
割り箸をくわえて「あいうえお」と発生をやったりするのかなあと思ってましたが、
初級NLP講座と同じで、まず「自分に自信を持つ」、
「笑顔」「相手にペースを合わせる」等、
自己受容なところから始まったのがおもしろかったです。


はい。

この日はなんと! 弘絵さん出張! Yはお留守番!

いやもう、心臓がノミなるかと思うほど緊張しました。
開始時刻が迫り、現れたいおり先生。

めっちゃ癒し系〜。

テレビで拝見していたイメージより
「ちっちゃい、めんこちゃん」という感じでしたよ。

Yの手元のメモには「すんごいヒアリング力」と書かれております。

まずはひとりひとりの自己紹介。
必ず「自分の長所」を発表します。

続いて「自分の価値」についての検証。
「話す」というのは、自分が自分を信頼していなくては、
本当にはできないこと。

逆を言えば、自分を信頼していれば、
すっすっと、そのひとらしさを発揮しながら話せる、ということなんですね。

そして面白かったのが、「笑顔の訓練」。

IMG_4348.JPG

笑顔のチェック 〜 修正です。

笑顔というか、表情というのは、
その人のココロの状態の筋肉の反射です。

これ、ひとりひとりのクセのようなものが出ていて、面白い。

そしていよいよ、プロのアナウンサーとしての本領発揮!

「アクセントとイントネーション」を学びます。

不思議ですよ〜。

今まで「よかれ」と思って訓練してきたことが、
実は「古いメソッド」「心を伝えるには、おかしい技術」だったことが、
次から次へと暴かれました(!)。

「必ず1音目に息を当てる」そういわれて、みなさん、見当つきますか?

やってみると、なかなか苦戦。

でもできるようになると、
今まで自分は、なんともったいない話し方をしていたんだろう!!!
そう思っちゃいます。

後半はNLPコーチング講座の受講生のみなさんには、
おなじみのアレコレについてのお話しを、さらっと。

実はいつも休憩が入るのに、この日はノンストップだったんです!
それでもあっという間に時間が過ぎていく、充実の講座でした。


次回のS.PLOUNGEにいおり先生が登場するのは、
年明け、1月16日(月)「朗読から学ぶ、美しい話し方」。

実はY。

このタイトルをいただいたときに、

「え〜、朗読って、読みたい人以外には来ないんじゃないの〜???」

と、なんとも罰当たりなことを思ったんです。
でもね、今回の講座を見学させていただいて、そりゃ違う! とわかりました。

今回の講座の、
特に「アクセントとイントネーション」の訓練に焦点を当てた講座になるかと思われます。

アンケートにもチラリとありましたが、
NLPなどのメソッドを学ぶのと並行して、「話すための身体技術」を身に着けるって、
めっちゃイイ! と思います。

「お!」と思われたら、ぜひ受講されてみてくださいね!
posted by splanet at 11:12 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年09月29日

【開催報告】あなたに合う色発見! カラーコーディネートで新感覚!

KIMG2435.JPG

写真、
半分消えちゃった〜。
うわ〜ん!
ごめんなさい〜。

というわけで、某磯野家の長女レベルにうっかりキャラの「中の人」Yです。

あ〜あ。

さる9月27日(火)開催のS.PLOUNGEは、
キミ先生のカラーコーディネート講座でした。

496cda91e1a00c1b8d629efcc5ac015d_s.jpg

全部で150枚近く撮影したのに、半分消えちゃった……。
特にキミ先生がお話しされていたり、
みんなでわいわいやってる楽しそうなところが消えちゃった……。

ああ、痛恨のミス!


落ち込んだりもしたけれど、私は元気です!

まずは色の基礎知識をキミ先生が解説してくださいました。
落ち込んで動揺しているY、「」と、緑のポッチをつけてみました。
この緑、安らぎと安心感をもたらし、疲れをいやす色、なんですって。

ちょっとした美術の授業のようです。
色は「色相」「明度」「彩度」の三属性と、
「明度」と「彩度」の複合で生まれる「トーン」により、
分類されています。

という話から、さまざまな色の不思議のお話しが続きました。

宅配便の箱、配送業者さんが提供している箱が白い理由。
選挙のときの「色」の戦略。
細胞や内臓に色がもたらす影響。
身に着ける色の効果を利用して、ちゃっかり早退しちゃう方法まで。

続いて色を「四季」にわけてみます。
季節にわけるときは「イエローベース」か「ブルーベース」か、
「ソフト」か「ハード」か、の組み合わせで、
春・夏・秋・冬それぞれの色にわけます。


KIMG2311.JPG

顔回りに布を当てて、顔写りを見てみます。
同じピンクでもイエローベースか、ブルーベースか、
はたまたソフトかハードかで、ずいぶん印象が変わります。
受講生さん、みなさん「おお〜」と、どよめき。

KIMG2417.JPG

男性の受講生さんも。

KIMG2428.JPG

男性の多くは、お仕事ではテーラードジャケットと、
ジャケットの襟元に見えるシャツとネクタイだけで印象をつくるわけですが、
けっこう差がつきます。

髪や肌の色味、プラス「おひげ」がどれくらい顔に映るかも影響するんですね。

あと、メガネ。

メガネ屋さんのスタッフには、
カラーコーディネートを学んだ人も多いようですので、
どういう印象に見せたいのか、色味まで相談してみるのもよさそうです。

また、紳士服専門店のスタッフも同様で、
シャツの微妙な色味とネクタイの相乗効果や、
同じダークカラースーツを選ぶのでも、自分に似合う色を選びたいものです。

というわけで、一部ですが受講生さんアンケートをご紹介しますね。


【受講前】
自分に似合う色がどんな感じか知りたい。
【受講後】
色によって身体に影響があると知ってびっくりしました。
今日の色選びを参考に取り入れたいです。


【受講前】
 色彩が人間の心理に影響し、
スポーツではオリンピック等で効果を分析していると聞いたことがありますが、
その法則は全く知りませんでした。
 【受講後】
今回の講座で、色彩の基礎が理解できました。
色彩が自分と他人の心理に良い影響を与える手法を
楽しく学ぶことができましたので、
日常生活に活かしていきます。


【受講前】
 好きな色と似あう色がちがうと聞いて
似合う色を知って、よりステキな私になって恋をしたい(笑)
 【受講後】
色の世界は深い! と思いました。
買ったけど着なくなった服を考えてナルホドと思いました。


キミ先生のカラーコーディネート講座、第2回目を予定しています!
今回、受講できなかった方、もっと深く学びたい方、
ぜひご参加くださいね!

posted by splanet at 10:54 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年08月30日

【開催報告】通じる英語を話す技術

「こんばんは、ディーン・フジオカです」

その第一声に、受講生のみなさんがスルーしたとしても、
泊まったホテルにウォシュレットがなかったお話しで、
場を温めるディーン・直樹・フジオカ先生です。

 
KIMG1903.JPG

地獄の特訓も、ときとして、なまら楽しい。

というわけで、流しの事務員・さすらいのお手伝い「中の人」Yでございます。

さる8月27日(土)開催のS.PLOUNGEは、
ディーン・直樹・フジオカ先生をお迎えして、
「通じる英語を話す技術」をテーマに、楽しい地獄の特訓を行いましたよ〜。

あ、そうそう!
ディーン・直樹・フジオカ先生、来年1月26日(木)にも登場予定です!
英会話か、英作文かはわかりませんが、「楽しく学ぶ英語」です!

詳細は11月頃にはお伝えできるかと思いますが、
興味がある方、リピりたい方、絶対受けたい方、ぜひ手帳にメモっといてください!
2017年1月26日(木)ですよ〜。


KIMG1906.JPG

KIMG1925.JPG

KIMG1926.JPG

KIMG1928.JPG

KIMG1940.JPG

ものすごく、顔の筋肉を使うんです。
ですのでね、この発声練習を続けると、
お顔のアンチエイジングにつながるんですよ♪

受講者のみなさんのアンケートには「楽しかった!」の言葉が躍っていました。
ちょこっとご紹介しますね。


【受講前】
簡単な英語で、いかに伝えやすい英語を伝えられるか……。
短い時間では無理だと思いますが……。
【受講後】
体を使ったほうが覚えやすい事が身をもって体験できてとても良かったです。
来年、冬季アジア大会のボランティアで是非実践してみたいです。

【受講前】
英語は全然頭の中に入らないし、文法も理解でき難いと感じていました。
過去に英会話教室にも通いましたが身につきませんでした。
【受講後】
英語は、体で表現しながら学習すると楽しく感じられました。
これから学習していく中で、とても重要なキッカケになりました。


日本人の英語が通じにくいのは「口を大きく動かさないから」なんですって。

「声の波(抑揚)を大きくする」
「表情を大きくする(日本人の表情は何を考えているかわからない)」
「身振り手振りを大きくする(日本人は動きが小さくてわかりにくい)」

これらが「通じる英語を話す」基本。

みんなで声を出しながら、ひたすら動きます。

KIMG1957.JPG

KIMG1957.JPG

KIMG1961.JPG

ちょっとした「お祈りの会」みたいです。

でもね、マナー研修でもそうですが、結局、声を出すのも全身運動。
日本人が「通じる英語」を話すためには、
こんくらいフィジカルにならないとダメってことです。

それにしても、みなさん、楽しそう。

KIMG1973.JPG

KIMG1975.JPG

配布されたテキストをもとに、ペアになってお話ししたりします。

こういうとき「深刻な英語アレルギー」のYは、
ぽつーんと取り残されたような気持ちになりがちですが、
ディーン・直樹・フジオカ先生のクラスは、まず、そういうことがありません。

弘絵さんのようなバリバリ英語ができる人と、Yが混在していても楽しめる。
思えば不思議な授業です。

既にある程度英語を身に着けている人は、自分なりの表現で。
Yのような人は、テキストに書いてある通りを、
準備体操を生かした身体表現で声に出すだけ。

ルー大柴英語でいいですから。でたらめでいいんです」

先生は頻繁にそうおっしゃいます。

つい「間違っちゃったらどうしよう」
「失敗しちゃったらどうしよう」ってなりますでしょう?

その点はね、ほとんど心配しなくていいんです。ホント。

KIMG1994.JPG

KIMG1997.JPG

DJナオキさんです。HIP-HOPのリズムです。
実はこのリズム、とっても重要。

「こういうことね、誰も教えてくれないの。ボク以外」

KIMG2018.JPG

KIMG2017.JPG

さっそく実践してみる人。この腰つき、大事です。

KIMG2070.JPG

休憩時は、のどを潤したり、お菓子をつまんだり。
体力勝負の講座です。

S.PLOUNGEでは基本的に1回休憩をとるスケジュールにしていますが、
この日は、あと2回「水分補給休憩」が入りました。

桔更先生のウォーキング講座もびっくり! です。

KIMG2140.JPG

休憩後、ひたすら「英語で」ほめあったり。

日本語でも、これはなかなか楽しいです。
英語だと、なぜかもっと楽しい。

KIMG2108.JPG

Beautiful!

Wonderful!

Perfect!

You did it!

KIMG2110.JPG

ぱぁぁぁぁ〜♪

こんな感じで伝えます。これが「伝わる英語」ですよ〜。

この「手を広げる」ジェスチャー。

実はクラシックバレエの基本ポジションにもあるんです。
振付で多く取り入れられるのですが、
確かに「パートナーにメッセージを伝えたい」ときに用いられるんですね。

西洋の言語感覚と身体表現に思いをはせるY。なんちて。

KIMG2242.JPG

KIMG2244.JPG

KIMG2250.JPG

発声のおさらいです。

身体を使って発声すると、なぜか面白い。楽しいんです。

そういえば、子どもの頃なんか特に、
何か面白いことばを、延々口に出して叫んだり、呟いたりしてませんでしたか?
巻き舌の感覚が面白くて、延々訓練したり。
「うるさい!」と大人に怒られても、延々つぶやきまくる。
小川先生が伝えてくださっているのは、
その「楽しさ」を思い出しましょう、ということのようにYは感じました。

あとは、英語と「好き」をからめてしまうこと。くっつけちゃう。

身体感覚として楽しいことを、多く見つけて訓練するほかに、
好きなテーマの文章を読む、とかね。

思えば中学校の頃、英語ができるトップ集団の子たちは、
例外なく洋楽が大好きなコたちでした。

「楽しい」って、大切なことですね。


冒頭にもお伝えしましたが、
ディーン・直樹・フジオカ先生(注:小川直樹先生)がS.PLOUNGEに登場するのは、
来年1月26日(木)です!
英会話か、英作文か、はたまた別の英語訓練かは未定ですが、
きっと「もっと英語が楽しくなる!」のは確実な講座になるでしょう!

ご参加、お待ちしてます!

KIMG1900.JPG

おまけ。ディーン・直樹・フジオカ先生の「おみや」です。
うふふ。おいちかった♪ ごちそうさまでした♪
posted by splanet at 11:26 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年08月16日

【開催報告】東洋医学の養生と、ココロとカラダ講座

夏はバテ気味です。

というわけで、みなさま、いかがお過ごしですか?

本州方面の猛暑に勝てる気がしませんが、
エアコンが標準装備ではない、この北海道。

エアコン嫌いのYにはありがたくもあり、
びっちゃびちゃの雑巾(着ている服)を片っ端から生み出す自分の身体にも、
「どうしたもんじゃろのう」という感じです。

こんな夏には、どんな「養生」をすればいいの?
というお話し含め、先週、8月9日(火)に開催されました「S.PLOUNGE」。
西区二十四軒で治療院を経営されている「ひな先生」ふたたび登場です。


KIMG1725.JPG

5月開催時と同じテーマ、東洋医学の養生の基礎のお話しでしたよ。

【開催報告】ひな先生の東洋医学の養生と、ココロとカラダ講座 Vol.1

受講者の感想です。

【受講前】
「気をつけるべき養生法」という項目が気になって申し込みました。
自分の身体の声をほとんど聞いていない状態だと実感しました。
【受講後】
気を巡らせる事を意識して、
今日学んだことを早速日々の生活に取り入れてみます。

【受講前】
体の不調が少しでも楽になればと思いました。
また、子宮等の病気を未然に防ぐことはできるか。
自分がいかに気が滞っているか実感しました。
旬のものを食べることの大切さ。


というわけで。
東洋医学に興味を持たれるみなさんは「養○酒」のCMでおなじみの
「7の倍数」で「あら、自分がそうじゃない?」と気になり始めるようです。

あと女性は婦人科周辺の不調ですね。
最近は、さまざまな情報を得る手段がありますから、
「血流」「冷え」などをキーワードに、もうちょっと深く知りたい、
と思われるようです。

東洋医学って「平和な時期に実践される」医学なんですって。
なるほど、抗生物質が飛躍的に医療に導入されたのは戦時下、
「あと1週間生きられる兵士を確保するため」という動機があったとか。

「骨に至ったら終わり(死)」→「五臓六腑の段階で治す」のが東洋医学なんですって。

KIMG1734.JPG

ひな先生は漢方の紹介もしてくださいます。

KIMG1735.JPG

葛根湯を飲むタイミングは「なんか寒いな」の段階なんですって。

KIMG1742.JPG

また「食」にも詳しいひな先生。
その土地の旬の食べ物をいただきましょう、というベーシックな知識のほかに、

「関西人のキャラは牛肉文化のせい」
「10歳までは偏食でOK」

なんてお話しも。

実は「子どもの偏食」って、その子の「体質」の表現でもあるんですって。
例えば「ゆでたにんじんばかり食べる子」「白いごはんだけ食べる子」なんて、
ちょっと不思議な食べ方をする子って、確かにいますね。

この日のお話しで興味深かったのは、
「ブロッコリーばかりを食べ続ける子」のお話し。
ちょっと常軌を逸した偏食っぷりだったそうですが、
抱えていた病気が治癒したとたん、その偏食はなくなってしまったのだそうです。
よく調べてみると、ブロッコリーのある成分は、
その病気を治すための有効成分だったそうで、身体って素直なんだなーと思いました。

身体の声を聴く。

今の私たちの暮らしって「健康情報」が飽和しきっていて、
何をどうすればいいのか混乱しがちです。

例えば女性に多い「便秘が続いているからヨーグルトドリンクを飲む」。
もしかするとその便秘は冷えから来ているかもしれなくて、
冷蔵庫に入っていたヨーグルトドリンクでは、よけいに消化器の動きを鈍くしかねません。

本当の健康って、自分の心と身体が仲良くなっていること。
Yは自分に甘く、他人に厳しいという方針を一応とっていますが、
もっともっと自分を甘く、自分の望むままにやらせてあげようと思いました。

KIMG1744.JPG

小さなお客さまのために。

「ぼくのかおをおたべよ!」


身体以外にも、心もちょっと疲れちゃったな、と思ったら、
ひな先生に診てもらってはいかがでしょう?
東洋医学は「できるだけ、手前で」が基本ですよ。

ひなはり灸治療院
posted by splanet at 12:46 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年07月21日

【開催報告】通じる英語のための英文作成の技術

KIMG1473.JPG

どうも。
ディーン・フジオカと風吹ジュンです。

ああ、そろそろオチ、というところまで記事を書いていたのですが、
見事消えました……。

気を取り直して!

まずは、この記事でみなさまにお伝えしたいこと!

8月27(土)に小川直樹先生の講座が再び開催されます!
次回は英会話!
今回、英作文だから、と、参加を見送った方も、次回はどうぞお越しください!

忘れないうちに、今からポチッとしておきましょう。



KIMG1479.JPG

あらためまして、ディーン・フジオカです。

これから僕は
他じゃ絶対に聴けないことを
お伝えしますからね!

ホント、めからうろこがぽろぽろです。

英作文、と銘打った講座ですが、
まずはお顔のリフトアップも兼ねて「英語のための発声練習」です。

KIMG1483.JPG

KIMG1487.JPG

KIMG1512.JPG

ちょっと暗いけど、こんなイメージ。めんこいな。

KIMG1524.JPG

不思議です。

一見、英語に全然関係なさそうでしょ?
でも、ちゃーんと発音が変わっちゃうんです。

KIMG1492.JPG

手前に、熱心な風吹ジュンさんがいます。

この方、いつも一番楽しそうで、一番熱心です。

さて、英作文にいきます。

KIMG1541.JPG

日本人にとって英語って何か、といったら。

知らない人とコミュニケーションをとるためのことば、なんですね。

だけどこれまでの学校教育では、いらないことばーっかり教えられてきた。
英語を教えている先生しかり、です。

なので、学校で習った英語の規則は、じゃんじゃん捨てていいです!

というわけで、英作文の基礎の基礎、として、
みんなで「あい・らぶ・はんばーがー」に挑戦してみますよ。

KIMG1530.JPG

う〜ん。どうしたもんじゃろのぉ〜。

KIMG1549.JPG

KIMG1554.JPG

英作文が書けたら、となりの人に伝えてみます。

このときの英語について、小川先生からアドバイス。
「ルー大柴よりも、ちょっとマシくらいの英語でいいですから」。

KIMG1559.JPG

先生から、とても参考になる本、として紹介がありました。

(Amazonにリンクしてます)

先生もたくさん本を書かれていますが、この本、とってもよかったんですって。
さっそく弘絵さん、ポチッとしてました。
Yも札幌市の図書館で予約を入れましたよ。Yで15人待ちです。


今回もアンケートへのご協力、ありがとうございました!
一部、ご紹介しますね。

【受講前】
「通じる英文作成」ってあまり聞かないので(英会話は聞くけど)
外人にお手紙書けるようになれるかな〜。
【受講後】
簡単な日本語に置き換えられると、
わかり易い英語になることが実感できました。

【受講前】
全く英語に関しては初心者なので、とても不安でした。
単語がわからず、今後、どう勉強をしたら良いのか知りたいです。
【受講後】
とても楽しい講座でした。
口を大きくあけて顔の筋肉もきたえます。

【受講前】
学生時代、一応一番がんばったのが英語だったのですが、
卒業してからからっきしなので、ついていけるか心配です。
【受講後】
難しく考えることが良いとされる感のある日本ですが、
こんなに簡単な表現でいいんだと目からウロコでした。
2段階に分けて訳するのは漢文っぽいなと思いました。


Yは本当に深刻な「英語アレルギー」なのですが、
今回、レポートを書くために講座を眺めてみて、
ちょっと英語に挑戦してみようかな、と思いました。

どうしてかってね。

「お勉強ができる人の英語は、不思議な『日本語英語』になってしまっている」

のですって。

日本語は言いたいことが最後、というフォーマットが一般的なんだけど、
英語は言いたいことが先! なんですって。

しかも、読点(、)や接続語を駆使して、1文が長い!

そうなんです。
日本語そのものが難しくなってしまっているので、
英語もさっぱり通じない。

なので、
本来は「わかりやすい日本語の文章」
「わかりやすい日本語の表現」を身につけることが、
英語を学ぶ上で、とっても大切なんですって。

Yは、みなさんとの関わりがこのブログ程度にしかないのもあって、
直接お会いすると「Yちゃん、文章上手だね」と言われることがときどきあります。
(ありがとうございます)

実はY、ものすごく文章がへたくそだったんです。
書くことは好きだけど、とにかくへたくそ。

「へんさち」で言えば、英語と同じくらいの「がくしゅうしょうがいれべる」。
高校卒業時に受験を経験するわけですが、
その際、推薦入試を選んだので、面接と小論文がとにかく要! ということで、
通信教育の小論文講座を半年間だけ受講しました。

そのときに徹底して「わかりやすい文章」を訓練したわけです。

そうしたらね。

「へんさち30代(ホントにあるんです、そういう数値)」から、
「北海道内のトップ」のカテゴリーに入ってしまったので、
学校では表彰されるわ、予備校からテレホンカードはもらうわ(時代だなあ)、
世界がガラリと変わってしまったのです。

わかりやすい小論文と、英作文の条件はまるで同じです。

Yと同じタイプの英語アレルギーの人は、
案外、英作文から英語にふれていくのは、
世界をカラフルにするのにてっとりばやいかもしれませんね。

あと、今回受講された方から声が上がったのは、
「英作文のコツはわかったけど、単語がわからない」ということ。
Yもそうで、後半は(ゴメンナサイ)ちょっと飽きてしまいました。わからないから。

次回、8月27日(土)の講座のときに、
小川先生にそのあたり、どうしたらいいか質問してみましょう。

いや〜、どーしよー、インターナショナルな人になっちゃったら♩

KIMG1505.JPG

楽しく頑張り過ぎて、燃え尽きちゃった人。
このくらい頑張れば、英語を使いこなせそうです。

小川直樹さんが代表を務められている
Heart-to-HeartCommunications

次回のS.PLOUNGE、
8月27日(土)「通じる英語を話す技術」を受講したい方は、こちら!
posted by splanet at 11:35 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年07月20日

【開催報告】恋愛オフサイトミーティング(男女混合編)

今日も今日とて、Yでございます。

7月は本当に活発だったS.PLANET。

おかげさまをもちまして、Yのおしごと、てんこもりでございます。
開催報告レポート、大盛り。

みなさま、しばらくお付き合いくださいましね。


さて、本日のご報告は12日(火)に開催された
「恋愛ハートオフサイトミーティング(男女混合編)」。

この日、スペシャルゲストがお越しになって、の!
めっちゃ楽しく素晴らしい時間になったのでありました。

KIMG1470.JPG

弘絵さんと、小川直樹先生。
どちらもコミュニケーションのスペシャリストであります。

KIMG1473.JPG

スペシャリストは、ポーズも変幻自在に、キメます。

KIMG1474.JPG

この日のおやつ。

小川先生が教鞭をとっておられる津田塾大学近くのお店で、
めんこいひまわりの、こう、クッキーとチョコのあいだ、みたいな、
何ともおいちー食べ物。

となりは「源氏パイ」。Yのセレクトです。
源氏パイってハート型でしょ? だからいいかなって。

KIMG1475.JPG

あなたのはーとをたべちゃうぞ、なんつってな。へでで。


さきに参加アンケートをご紹介しますね。

【参加前】
最近「条件」で異性を見る話を聞くことが多くてうんざりしていたので、
恋愛とはなんだろうと興味を持って参加しました。


【参加後】
最終的に江戸時代の村で好きな人の子どもを産んで、
生まれた子どもは村で面倒を見るのが生き物として自然な事なのでは……と。
男女共に「モテ」の意識を持ち、
自分を磨くのはとても大事だと思いました。

とりあえずキレイな色を身にまとって、
「プリン」を作る練習をしようかなと思いました。


この日の参加者が、また面白いように30代代表・40代代表・50代代表、と、
キレイにハーモニーを奏でまして。

そして何より美しいハーモニーになったのは、
小川先生が「男性」だということ。

前回は女性のみ、でしたのでね。
もちろん「同性だけ」という安心感は得られるのですが、
世界の広がりは、断然「男女混合」です。

小川先生から「男目線」「モテの傾向」などについて伺います。

参加者の中には「婚活イベント」でNLPの自己学習をしてくる、
というツワモノさんも。活用しまくりです。いいね!
その学習結果から、
小川先生・弘絵さんが男女のコミュニケーションについて解説してくださいましたよ。

男の人ってねえ! ドライマウスなんだって!
だからぱさぱさした食べ物はNGなんですってよ!
……そりゃ個人差というものはあるんでしょうよ。
でも、ヒアリングできない状況では有効な情報ですよね。

Yも「彼にお料理リクエストを訊いたら『バケツプリン』って言われた」例を
いくつか知っています。

また、「色」についての効果も。

 
「あまりにベタ過ぎる」と敬遠されている女子もいらっしゃるかもですが、
やはり「ピンク」は強いんですって。モテが。

あ、自分に似合う「もてピンク」について知りたい方は、
9月27日(火)に、ちょ〜どよい講座がありますから、ぜひ!


さて。

小川先生はなぜか女子大で教鞭をとられる機会が多くて、
つまり、生徒さんから恋愛相談をもちかけられることが多い。

彼氏ができない、と悩む女の子には「隙」がないんだそうです。
その子がね、どれだけ性格がよくて、美人さんで、笑顔がステキでも、
黒や紺などのスーツをビシっと着こなしている女の子は近寄りがたい。
やっぱり「ピンク」「きれい色」「ふんわり(男の子にはない質感だから)」が
王道だそうです。

Yも人生で一瞬「激モテ」を経験した短期間がありましたが、
そのとき、たしかに「ふりはばを大きく」してました。
それは職場でしたが、清潔で、そこそこセンスがよい着こなしでしたが、地味な服を着ます。

で、ときどき「おしゃれ」をするのです。

もっともこれは結果論なんですが、
普段は事務作業ばかりですが、交渉事でスーツを着ることも、年に1回くらいはありました。
そうすると「お、Yさん、どしたの? おしゃれして」と声がかかる、かかる。

逆もしかり、ですよね。

普段スーツでカチっとしている人が、ゆるふわになると「お」と思うのか、
やっぱり男性から声がかかるのです。

また、Yは職場では基本的に紺や深緑のような「制服色」を好んで着ます。
でもやっぱり毎日だとあきるので、ときどきパッときれいな色の服を着ます。
そうすると、男の子がちょっかいを出してくる、というのはありました。

「そう、声をかけやすくなるんですね」と、小川先生。

どんな人にも「男性性」「女性性」というココロがあります。
Yはときどき、「自分の中のオトコ目線」で自分をチェックして、
その人格がうひゃうひゃするようなことをいろいろしてました。

……最近、やってなかったなあ。

「女性編」での名言
「恋愛とは、営業である」ということにつながるテクニックでもあります。


そんな「恋するための第一印象」のお話しから、
いよいよ核心「アタシにとっての、ベストパートナー」のお話しに続いていきます。

特に、Yはバツイチのアラフィフ(45歳)ですからね。
一般論では「市場価値ゼロ」です。

でもYに一般論は通じません。

アンケートに回答くださったように、恋や結婚のパートナーシップって、
「条件」じゃないんです。

では、どんなスタイルで恋がしたい? パートナーとよりそって行きたい?

みんなでわいわい、楽しく語り合いました。

「男はつらいよ」のヒロシ(前田吟さん)!

こんなセリフを吐ける人ですよ。

兄さんが美しい人に恋をする
これは兄さんが人間として生きてる事の証ですよ

ここから、政治や制度のお話し、歴史の話にまでポンポン飛んで、
……今、これを書いているYのノートには、
「いや今日すっごい楽しかったです」とあります。誰かが言ったんだね。

いやほんっと、楽しかったです。


今、ぼんやり「恋愛」について思うのは、

恋は化学反応、恋の継続はエネルギー循環

のようなイメージです。

どうせだったら、美しい反応を得たいし、素晴らしいエネルギーを循環させたい。

そのためにはどうするか、といったら、
自分自身が、自分の内側から「素晴らしいもの」を放出するしかないんです。

それは「一般論」ではなく、オリジナルなもの。

「よろこび」と表現すると、共感してくださる方もいるのかな。

よろこべるワタシ、よろこびにあふれたワタシを、コツコツと構築していくことで、
ワタシにとってのよろこびである恋やパートナーが、すこん、と、隣に座ってる、
そんな感じじゃないかなあ、と、Yは近い未来にきっとある出逢いに思いを馳せるのです。

合コンのお申込み、ゆる〜く募集ちう。

KIMG1473.JPG

おふたり・そして前回と合わせて参加してくださったみなさん、
ありがとうございました!

地球上が素晴らしい恋で満ち溢れますように!
posted by splanet at 11:03 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年07月14日

【開催報告】徹底指導! 究極に美しく歩くためのウォーキング講座

7月もそろそろ半ば。
よくばりな学びのラウンジ「S.PLOUNGE」、講座、てんこもりでございました〜。
もりもりレポしていきますからね!

まずは9日(土)午後から札幌エルプラザにて開催!
「徹底指導! 究極に美しく歩くためのウォーキング講座」

KIMG1068.JPG

ホワイトボードのおえかきが、スパルタモードになっております。
ちょっとした「エースをねらえ!」です。

あ、先にお伝えしておくと、
10月15日(土)にも桔更先生のウォーキング講座があります!

S.PLOUNGEの情報は、いつもこちらでチェックしてくださいね!

KIMG1076.JPG

さて。
美しい姿勢の、佐藤桔更(きさら)先生。

KIMG1080.JPG

駄目な姿勢をしても、美しい桔更先生。

桔更先生はファッションモデルとして活躍後、
デューク更家氏の元でウォーキングを学ばれました。

現在はデューク更家氏のメソッドをベースに、モデルとしての経験も生かした、
オリジナルの「健康で美しく歩く」ウォーキングを教えていらっしゃいます。


この日は、まずスタジオ入りした人から、いきなり動画撮影です。

動画撮影の様子が写ってないのは、Yが動画を撮っていたから。テヘ。

で、その「いきなりウォーキング」動画を、みんなで観ます。

KIMG1099.JPG

いきなり受講生さん、というのも何なんで、
一発目、不肖・Yから観てみました。

「ぷ!」


(゜o゜)

え、何で? 先生、何で笑うの?

いや、たしかに、こう、チンピラみたいな丸いおばちゃんが、
大腕を振って歩いています。
でも、こういっちゃぁなんですが、大人からだけどクラシックバレエだってやってるし、
姿勢には、ちょっとした自信があるんですけど? ずん丸い体型だけど。

実は、歩き方でちょっとしたキャラクター診断ができるのだそうです。
Yは、確かに足運びや姿勢についてはなかなかのものだそうですが、
何と! 腕を振るのがものすごく大きい! しかも前に振る! 振りまくる!

実はこれ、
大陸的で
大らかなキャラクターの典型
なんですって。

き「Yちゃん、ホンッとキャラクターのまんまの歩き方なのでね(笑)」

……ほめていただいていると思うしか、ないです。

しかしながら「美しさ」の観点からは改善点があるとのこと。
腕を振るときには、後ろに振り、身体のライン(気をつけライン)から出ないのが、
美しいのだそう。

これについても、後程、みんなで徹底的に腕を振りまくりましたよ。

KIMG1105.JPG

まずはほぐします。

ストレッチは呼吸が大切。「吸う」「吐く」を意識します。

KIMG1115.JPG

いざとなると、身体が緊張して動かしにくくなってしまうんです。
力を抜きましょうね〜、と桔更先生。

KIMG1117.JPG

楽しそうな人。

KIMG1125.JPG

楽しくてしょうがない人。


身体が十分ほぐれたところで、歩いてみますよ。

KIMG1179.JPG

おお〜!
デュークメソッド、炸裂!

KIMG1187.JPG

楽しそうな人。ホントに楽しそうだな。

KIMG1193.JPG

Kさんです。
実はウォーキングレッスンの経験がおありとのこと。
「骨盤をまっすぐ」等、美しい姿勢の知識をお持ちです。
これは姿勢のチェックをしているところ。

これ、慣れない人がやると、
おしりが前に出てる感じに違和感を覚えちゃうんですけど、
これが正しい姿勢なのです。
自己流の人は、極端に尾てい骨でS字カーブを描いてしまうのですね。

KIMG1283.JPG

歩く!

KIMG1393.JPG

歩く!

KIMG1415.JPG

歩く〜!

ホント、自分で書いといて何ですが、「ひたすら歩く」のです。

歩きながら、桔更先生、プロの目でみんなをチェックします。
よくなってきたところ、もうちょっとブラッシュアップできるとこ、
テンポよくチェックし、声をかけてくださいます。

ホント、ひたすら歩いて、歩いて、歩いて。

で、集大成としてのビデオ撮影をします。

その様子の写真がないのが残念ですが、
本当にみなさん「あら??」って感じのビフォー・アフターです。
短時間で、全然違う。

しかしながら、短時間なので、それぞれ、個人のクセのようなものも目立ってきます。
これはステップアップできたしるし。

意識してあるくか、無意識に歩くか、というのは、大きいです。

KIMG1433.JPG

KIMG1439.JPG

それぞれ、名残を惜しむように、さらに熱心に歩いてみます。

桔更先生、ちゃんと身体に触れて指導されてますでしょう?
これ、身体の使い方を学ぶとき、とっても大切なことなのです。
言葉と身体ののバランスが取れている指導は、よい指導者の証です。

KIMG1451.JPG

おしまいに、みなさんで感想などをシェアします。

印象的だったのが
「自分の身体って、何が正しいかわからない」というコメント。

そうなんです。

マナーもそうなんですが、
知識だけでは身体は思うように動かないのです。

自分では「そのつもり」になっているとしても、
実際に他人から見たら、そう見えていない、と思っておくくらいでちょうどいいでしょう。

バレエもそうですが、
徹底的に、自分が他人からどう見えているか、鏡なり動画なりでひたすらチェックし、
おかしいところを先生に指摘・修正してもらいながら、
身体にその「美しく見える動き」を叩き込んでいくのです。

鏡を見てなら、動ける、というレベルまで行くと、
次は「鏡を見ないで」という訓練をします。

するととたんにできなくなる。不思議です。
意識がせっかくの訓練の邪魔をするんですね。

なので、意識と身体が完全に一致するまで、ひたすら訓練していく。

身体を使うって、すんごい深くて面白いです。


そうそう、この日、桔更先生がおっしゃってたのには、
特に男性が多い「パントマイムカバンもち」現象。

大陸的に大らかに腕をふりまくるYですが、
逆に、片腕だけ大きくふるのだけど、片手が微動だにしない人、
というのが、特に男性に多いのだそう。


……不思議でしょう?

実はこれ、
その人が無意識に「いつものカバン」を持つイメージをしながら、
歩いているんですって。

女性は「人から見られる」「美しくありたい」と日頃から意識している人が多いので、
このようなレッスンにも参加されますが、
男性って、そういうの「てやんでぇ」でしょ?
この「片手だけ振る」は、そのうち、骨格のゆがみにもつながりかねないので、
やはり「正しいウォーキング」で自然に矯正するほうがよいのですって。

S.PLOUNGEの講座も女性限定ではないので、
男性のみなさんも興味がおありでしたら、ぜひ参加してみてくださいね。

KIMG1117.JPG

このくらいは、楽しいですから。

次回10月15日(土)開催講座の詳しい内容は、もうちょっとお待ちくださいね。
でも、お申込みはもう受付ておりますよ〜。

posted by splanet at 11:27 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年06月28日

【開催報告】いまさら聞けない「オトナ社員」のためのビジネスマナー

こんにちは!「中の人」Yです!

 
修正_KIMG1039.jpg

あら、逆だ。

みなさま、ディスプレイを逆さまにしてご覧くださいませ♪

チェックしてみました!

KIMG1038.JPG

肉がなければ、さらにヨシ! がんばります!

ということで、6月24日(金)のS.PLOUNGEは、
「いまさら聞けない「オトナ社員」のためのビジネスマナー」を開催しました。

KIMG1001.JPG

この日、お集まりいただきましたのは、
社員研修として団体でお越しいただいた方々、
「あー、チミ、ちょっと行っておいで」と企業から派遣された方、
そしてNLPコーチング講座の受講生さん。

KIMG1005.JPG

YはいくつかS.PLOUNGEの、弘絵さんが講師のマナー研修を拝見していますが、
弘絵さん、やはり、メンバーによっていろいろアレンジしています。

で、やっぱり、これはある。

あの恐怖の……。

KIMG1056.JPG

スマイル!

修正_KIMG1050.jpg

スマイル!!

KIMG1053.JPG

スマイル!!!

みなさん、あせだくです。エアコン、強めました。


では、みなさんからいただいた感想を一部、ご紹介しますね。

【受講前】
伝達能力の向上。好印象の与え方。
【受講後】
自分の言葉遣いの間違い、不自然さに気づかされました。
お客さまに与える印象をよりよくするために、
言葉の表現方法を身につける事の必要性を痛感しました。


【受講前】
まだ社会人としての経験が少なく、
足りないものがあると思わされる毎日です。
今日は2時間で少しでも多くのものを吸収したいと思っています。
【受講後】
自分が理解していなかったサービス・マナー等の考え方を
言語化していただけたので、非常にスッキリしました。
また、気づきと行動の反復性の重要さを感じました。
日頃から実行できるようにしたいと思います。


【受講前】
お客さまに気持ちよくなってもらえる接客を学びたい。
【受講後】
マナーは難しいものだと思っていたが、受講してみて、楽しみながら接客して、
どうしたらお客さまに不快な思いをさせないか考えながら接すれば、
けっして難しいことではないと思いました。

また、こんなメッセージもありましたよ。


【講師へのメッセージ】
話し方が聞きやすく、とっても楽しかったです。

質疑応答は学校以来だったが、
明るい先生であまり緊張せずに答えられました。

とても楽しい講座でした。
学んだことを実践できるようにしたいです!


「マナー」って、いろいろな場面で言われます。
専門の学校があったりもしますし、つまり、とても大切なものです。
特にあたまに「ビジネス」がつくと、
「当たり前だけど、大切なこと」「身についてない、では済まされないこと」
そうなってしまうのはなぜでしょう?

この日、弘絵さんが教えてくれたのは、
「即、クレームにつながるから」という理由です。

それでも「オトナなんだから身に付いていて、当たり前でしょ」と
放置されがちな側面が強くあります。

そしてマナーって、座学や知識だけでは身に付かないんですね。
「身体表現」なんです。

何度も何度も「正しい形」で身体を動かして、叩き込んでいくしかないんです。
そして「初めに、ココロありき」です。
ココロを、どう身体で表現していくか。ちょっとした舞踏のようですね。
うっかりしたら、芸術です。
そう、語彙の豊富さや、とっさの判断も大切です。奥が深いなあ。


この日もそうでしたが、
小規模の団体の研修としてS.PLOUNGEを活用していただくのはオススメです。

マナー研修以外にも、S.PLANETの組織活性化に興味がある企業・団体様は、
いきなり導入を検討するのではなく、「ちょっとおためし〜」の感覚で、
単発で受講し、体感されたうえでオリジナルの研修を組み立てる、という方法もあります。

スケジュールの都合上、
今年中にマナー講座第2弾が開催されるかは微妙なところですが、
リクエストやご相談は、お気軽にお寄せください!


おまけ。

Yが今回のアンケートでいちばん気に入ったコメントをご紹介しますね。

「サービスの5S」の時に、
昨夜、本当にローリングストーンズの動画をずっと見てたので、
「サティスファクション」が思わず出てしまいました……。すみません。

いやもう素晴らしい! サイコーです。

でもね、いっちばん重要なのは、

KIMG1053.JPG

スマイル!

ですからね。

いつも笑顔で。ときどき泣いてもいいじゃない。
最後はいつも、スマイルだったら。

(だそく。)
ナット・キング・コールの「Smile」の歌詞で、

You'll see the sun come shining through for you

とありますが、
どーしてもYには「よーしっださーん、かむしゃいにんするーふぉーゆー」
と聴こえてしまうのです。

全世界の吉田さん、あなたはいかがですか?

「中の人」Y拝
posted by splanet at 12:48 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年06月14日

【開催報告】ビジネスリーダー育成研修

KIMG0968.JPG

なにやら、ごにょごにょお話しされております。

というわけで、改めまして、こんにちは。
S.PLANETの、流しの事務員・さすらいのお手伝い「中の人」Yで、やんす。

6月の単発講座「S.PLOUNGE(えすぷらうんじ)」は、
「人財育成SPECIAL」と題しまして、まずは福岡から経営のプロフェッショナル!
村上経営研究所の村上隆昭先生をお招きしての〜「アンガーマネジメント講座」!
そして、翌日、ふつふつの脳みそで迎え撃つ(?)のは、
「ビジネスリーダー育成研修」で、ございます。

この研修のご紹介は、こちらを参照くださいませね。

ビジネスリーダー、育成します!


実は、新規のお問合せや、参加の意思表示がとても多かった講座なんです。
みなさん、リーダーとして組織をまとめるのに苦心されているのだなあ、と、
なんだか切なくなってしまうほどでした。

残念ながら「企業の研修にご活用いただけるように」と設定した時間ゆえ、
結果、参加者は3名でしたが、
前日のアンガーマネジメント講座があまりに面白く、
急きょ、参加申し込みをされた方もいらっしゃったり、と、
少数精鋭、ふたを開けてみればベストな規模の、

濃 密

な講座となりましたよ〜。

そうそう。

テキストの用意や、さまざまな準備のため、
参加申し込みは原則として1週間前とさせていただいておりますが、
今回の飛び込みの方のように、ぎりぎりでも対応できるようでしたら、
ご参加いただけます。

こういうのって
「申込みをしたときから、自分の内面が動く」とYは個人的に思っているので、
「お早目のお申込みのほうが、いろいろ面白いよ〜」と思ってはおります。

でも、急にピン! ってくることって、ありますよね。
その際は、どうぞ勇気をもってお知らせくださいね。


KIMG0970.JPG

おおばんぶるまいです。

今回受講されたみなさんに村上先生がプレゼントしてくださったノート。
弘絵さんとYにもプレゼントしてくださいました♪ ありがとうございます。

「あ、このノート、村上先生のブログで紹介されてたやつだ〜」

アンガーマネジメントと方眼ノート

 
KIMG0971.JPG

あら、村上先生、ホワイトボードにテープを貼り始めた。

何でしょ? コレ。

実はコレ、村上先生の
「思考のツールがいっぱい入った四次元ポケット」から取り出したツールのひとつ。
思考の整理をし、行動に結びつくノートのとりかたをレクチャーしてくださってます。

KIMG0975.JPG

さて、ノートの使い方も教えていただき、
リーダーとしての「見方」「考え方」「動き方」についてのレクチャーです。

みなさん、真剣。

「なんとなく」を明らかにしていきます。
「知ってるつもり」「わかってるはず」って、意外とわかってない。
ゴールは「教えられる」なんですね。

参加者のみなさん、村上先生の質問を受けて、回答しようにも「……」となってしまい、
勇気を振り絞って声を出してみるも、自分で思っていた以上にしどろもどろです。
ふしぎー、おもしろーい。


休憩をはさんで「パーソナリティ」のお話し。

っと、休憩時間中に、ぞろぞろと村上先生の元へ行き、
名前と生年月日を伝えます。

これ「ナチュラル・パーソナリティ」と呼ばれるもの。

ナチュラル・パーソナリティー

「はい。ではYちゃん。これプリントアウトしてください」


と! いうわけで。

汝、自身を知れ。
神さまがそうおっしゃったのか存じ上げませんが、
Yは「TA+(TA+)」であると、自身を知ってしまいました……。
また、今後1年の傾向や向こう3か月間の流れという、
ちょっと占いチックなことまで診断できます。いやもう、当たってるわぁ〜。

という話は、おいといて。

メンバーの個性を知る、ということは、
チーム内でのさまざまな動きを円滑にしますよ、ということなんですね。

「ナチュラル・パーソナリティ」では、
「本来の性格」「職業観」「自分を中心としたグループ別の人間関係」などが診断できます。
個人的にはY、ちょっと気持ちがラクになりました。
……いや、久々に、肩の荷がおりた、憑きものがおちた、みたいな気分です。

組織でこのような診断を導入する、
あるいは、リーダーとして、判断材料に用いるというのは、
「あなたもハッピー、わたしもハッピー」に繋がると思います。

どういう表現で説明すれば「この人」には伝わりやすいのか。

この人が得意とし、ストレスなくこなせる業務は何か。

どのキャラクターの人と、どういう関係性で動かせば、
いちばん「みんながハッピー」でいられるのか、という大きな指標になりそうです。


というわけでしてね。

濃密な「ビジネスリーダー育成研修」。

これで、まだ半分なんです!

次はいよいよ、この人。

1X0A0302_pp-WEB.jpg

組長瀬川弘絵の登場で、ごぜーやす。

Yはもう、思い出し続けてへなへななので、また次回出没時に……。





 



posted by splanet at 11:00 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年06月07日

【開催報告】「怒り」のエネルギーをプラスに変える! アンガーマネジメント講座

こんちは! 今日も元気に「中の人」Yです!

先日、6月2日(木)のS.PLOUNGEは、福岡からスペシャルゲストをお迎えしての!

激おこプンプン講座!

ではなく、「おこ」をマネジメントする、という講座が開催されましたよ。

講師の方は、この方!

村上隆昭.png

村上経営研究所の、村上隆昭先生です!

■村上経営研究所ホームページ


KIMG0933.JPG

講座の準備は、着々と進み、

KIMG0934.JPG

おやつもバッチリ!
これで、お腹が空いても怒り出すことは(多分)ありません。
村上先生のおみやげは「福岡空港の売店のおばちゃんに大プッシュされた」
もつなべ風味のおせんべい。
いや、おばちゃん、確かでした。焼酎に合いそうです。

おとなりは北海道代表! ロイズコンフェクトの抹茶のチョコです。
口中、抹茶になります。ウマウマです!

と、講座開始直前、村上先生の「首回り〜胸元」が、何やらにぎやかに。
ちょっとした教祖とか、こう、不思議な印象です。

「それは何ですか?」とお尋ねすると、首から外して見せてくださいました。

KIMG0935.JPG

……か、かわいい缶バッジの数々。

「村上先生、これは、このポエムでメルヘンなアクセサリーは……?」

実はこのずらりと並んだ缶バッジ、ものすごい意味を持つバッジだったのです。
これらはそれぞれ、アンガーマネジメント教会が認定する資格を有している、というしるし。
ずらーりです。
村上先生、九州支部の支部長でもいらっしゃいます。

■日本アンガーマネジメント協会ホームページ
https://www.angermanagement.co.jp/

■村上隆昭さんのプロフィール


「アンガーマネジメント」という名前。みなさまご存じでした?

KIMG0943.JPG

Yの原則は「勉強不足」ですから、ええ、S.PLOUNGEの企画会議で、
「あ、村上さんに来てもらっちゃお♩」と弘絵さんが言い出した際に知った次第です。

もともとはアメリカで1970年代頃に導入された心理教育で、
日本では2011年にアンガーマネジメント協会が発足した、という、
意外にもちょっとゆっくりした導入だったようです。
ですが、ものすごい勢いで広がりつつあります。
それだけ「キレる」人たちが増加した、ということかもしれません。

本場アメリカでは、
司法においては「アンガーマネジメントを受講すること」という判決があったり、
アメリカンフットボールの選手は受講を義務づけられていたり!

有名な実践者としては、
歌手のジャスティン・ビーバーくんが「いらいらして生卵投げつけちゃった事件」で、
司法から「あんたアンガーマネジメント受講しなさいね」と命じられたり、
俳優のチャーリー・シーン(検索したら「バイオレンスキング」って出てきた……)が、
なんと『アンガーマネジメント』というドラマで主演しているんですって!
しかもセラピスト役。

また日本ではサッカー元日本代表の前園真聖さんも受講され、
ファシリテーター資格までお持ちなんですって!
そういえばテレビで拝見しても、ちょっとキャラクターが変わったかも、
ゆったりした印象になったかもしれません。

受講対象者は「どんな人も」。

あからさまに、いつもぷんすかしている人はもちろんのこと、
一見すると「この人に『怒り』なんて感情がはたしてあるのかしらん?」
みたいな人もオススメです。

ただね。村上先生曰く、
「この人、受けたほうがいいなーって人は、受けない人が多いですね〜」
ですって!

KIMG0941.JPG

なので「受けたほうがよさそうな人」のそばにいつもいなくてはならない人、
というタイプは受講必須かもしれません。

で、必ずしも「怒らなくなる」ということでもないのだそうです。

怒らなくていいときに、怒らないという判断ができ、
怒るべきときに、怒る、という行動ができるようになる、とYはふむふむ思いました。

また年齢的には、大人はもちろんのこと、
幼稚園の年長さんくらいから受講しても理解できるのだそうです。
アンガーマネジメント協会の認定資格として「キッズインストラクター」というのがあり、
集団生活が始まる頃から、その世代に合わせて学んでいけるのだそう。


「3つの暗号」や「怒りの温度測定」、「べき」など、
さまざまな「思考のツール」をご紹介いただき、さあ、みんなで実践です。

KIMG0952.JPG

この日、受講された方は経営者や
いわゆる「組織のリーダー」がけっこういらっしゃいました。


KIMG0956.JPG

ふむふむしながら、
「うちの会社で使えそう!」なんて声が、あちこちから。

KIMG0957.JPG

あるある〜。

えー「べき」が、みんなでこんなに差があるなんて……。

そしてこの人!

KIMG0960.JPG

飛び入りで、ワークにワクワク参加です。
うちの弘絵ちゃ〜ん。NLPコーチングのスペシャリスト。

そう。
村上先生と弘絵さんが、わいわいとお話しされていましたが、
NLPコーチングとアンガーマネジメントというのは、とても親和性が高いようです。

今回の受講者の中には
S.PLANETのNLPコーチング講座の「上級」の受講生もいらっしゃいましたが、
弘絵姐さん、黙っちゃいません。

「ほらほらほら〜、上級の人ぉ〜、これ、やったよぉ〜???」

アンガー発揮です(うそ)。

アンガーマネジメントだけを勉強してファシリテーターになるよりも、
NLPコーチングを学んだうえで、アンガーマネジメントを学ぶと、
より深くお互いを掘り下げられ、
また講座などで伝えるときに、より深く伝えられるんですって。

村上先生も、アンガーマネジメント「も」専門家で、
他にもさまざまな「思考のツール」を、たくさんお持ちの方です。

例えば「アンガーログ」というツール。
怒りを記録することで、パターンが見えてくる、というもの。
パターンが見えちゃえば、対処方法を導く近道ができますものね。

これについても、村上さんの「ドラえもんのポケット」的思考のツールの中から、
効果的な「記録方法」を教えていただきましたよ。
ツールのレイアウトや、その大きさにも、ちゃ〜んと意味があるのです!
面白〜い♩


長くなってしまったので、もう1つ記事を起こすことにします。
よろしくお付き合いくださいね!

「アンガーマネジメント講座」は、
もしかすると、カタチを変えて今後もお届けするかもしれません。

また、特に組織活性化をご検討の企業様などは、
S.PLANETの人財育成や組織活性化などにプラスして、
「アンガーマネジメント」をオススメします!

Y個人は、まずは管理職教育に、次に新人教育に、
いやもう、組織全体の各階層で、
それらに合ったアンガーマネジメント教育を導入されることを強くオススメします!

お気軽にお問合せください。

■S.PLANETホームページ
posted by splanet at 11:28 | Comment(2) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年05月24日

【開催報告】恋愛オフサイトミーティング(女性編)

やっちまいました……。

4bd27f56612cac136258eb68967e13f8_s.jpg
この写真、出番多いです。

たった今、「恋愛ハートオフサイトミーティング」で撮った写真全部、
データをゴミ箱に入れて、空にしちゃいました……。

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s.jpg

こんな気分です。


でもYは大人なので、気を取り直して、レポしますね♪

さて、当日ご参加いただいたのはNLPコーチング講座の受講生4名様!

と、Y!

HRDデザイナーの弘絵さんがこの場をナビゲートしていきます。

まずは、

「オフサイトミーティング」とは、何ぞや、というお話し。

オフサイトミーティングは「安全な場所で、安心して語り合う」ことです。

「聴き合う」ということ。

語るときの主語は「わたし」。
第三者の知識をひけらかすのではなく、自分の言葉で語ります。
そして、自分の言葉で語ろうとしている人が、何を言いたいかを聴く。耳を傾ける。

「語り合い」という、インプットとアウトプットの循環の中から、
「自分にとっての解」を見出していく、という時間なんですね。

という弘絵さんのお話しの後、「ジブンガタリ」に入ります。
ひとりあたりの持ち時間は約4分。
自分のことを知ってもらうために、語ります。

これは恋愛の歴史、というよりも、本当に「自分のこと」をみなさん語った感じ。
こういう人生を歩んでからの〜、こんな恋愛、というプレパレーションです。

いや〜、弘絵さんの「恋愛(黒?)歴史」も、語られまくりです。

続いて、「自分の恋愛観」「これからどんな恋愛がしたいか」を語っていきます。

が!

ホント、ここでは報告できません。

みなさん「安全な場所で、安心できる」からこその「語り」でしたから。


というわけで、いただいたアンケートをご紹介しますね。

(参加前)
何も期待していませんでした。悪しからず……。


(参加後)
自分で自分を型にはめていることがわかった。
思い込みも強い。
恋愛したいといいながら、めんどくさがっている自分を思い知った。

この方は、「ひとりよがりの勘違い男」と「ゲロの話」で、
場を盛り上げてくださいました。
いわゆる「恋愛あるある」です。


(参加前)
どんな話になるんだろう?
自分の価値観って、実はよく考えたことなかったなぁと思い、
自分の価値観が整理されるといいなぁという気持ちでした。


(参加後)
自分の価値観を改めて認識できたし、
ずっとブレてなかったなと気づいた。
また色んな価値観を聞いて、恋愛って改めていいものだなと思った。

彼女の名言はふたつ。
「恋愛は営業」「NLPって恋愛にめっちゃ使えるなって!」

……深いですね。

商品(わたし自身)にほれ込んだ、誠実な営業が、
ステキな恋愛につながっていくのかな、とYは思います。


(参加前)
恋愛したいのか、したくないのか?
したいと感じる、すごく思っている事に気づきました。


(参加後)
自分のこれからの恋愛の目標設定が出来ました。
ますます頑張りたくなりました。
and それぞれの状況、気持ちが違う事で目指す事も違ってくる。

こちらの方は「押す」と「引く」のバランスが素晴らしい。
みなさんその経験に「おおー!!!」とどよめいていましたよ。


(参加前)
まったくどんなミーティングになるのか想像もつきません。
恋愛は素晴らしいものであってほしいという気持ちがあるので、
ポジティブな話を期待しています。


(参加後)
恋愛トークというと女子会のイメージがありますが、
あれは「共感」だけで、そこから先に考えたりすることがないのですが
今回は「オフサイトミーティング」ということで
恋愛というテーマながら、その人それぞれの真理や考え方を聴くことができて
すごく勉強になりました。

実はY、
弘絵さんに「オフサイトミーティングのテーマとして『恋愛』はいかがですか?」
と提案したときに、この方は「共感」と表現されていますが、
いわゆる恋バナの「報告」に終始してしまっているところが不満だったんです。
同じところをループしている、というのかな。

なので、楽しんでいただけて嬉しいです!


で、Yですね。

ちょっとした衝撃でした。

「恋愛」とひとくくりにしても、それに対する価値観を表現すると、
本当に「指紋の数だけ」表現があるんですね。

で、自分がとても感覚的に恋愛(あるいは人付き合い)をしているのだな、
ということに気づきました。

体感でしている、ということに気づいたんです。

で、この体感を言語化するのって、しかも相手に共感を得られるような、
少なくとも同じ体感としてキャッチしてもらうように「語り」で表現する、
というのが、Yにとっては本当に難しい。

正直に言うと、私は本当に「語る」ということに向いていない、
「語る」という表現は苦痛だ、ということに気づいてしまいました。

ので、次回はやはり「のぞき屋Yちゃん」のポジションでいようと思います。


ホントはYの立場でしたら、
「ホンッとに面白かったです! 語るって気持ちいい! 楽しい! 自分の中を整理できました!」
と言うべきなのかな、と思うのです。

話が逸れてしまい恐縮ですが、
自己表現、というのは、その技術を誰しも持っていたほうがいいと思うのです。
自分に向いている表現技法は何だろう? ということですね。

語る(言葉を声に出す)のが心地いいのか、
綴る(言葉を文字や文章として表現する)のが心地いいのか。

ほかにもさまざまな「表現手法」が存在します。

どの方法が自分にとって心地よく、誰かに届きやすいのか、
「傾聴の循環」を起こすのに労力をかけることなくできる手段は何か、ということ。

Yは「綴る」以外では、極力、自己表現をしたくありません。
そのことを、改めて思い出したのです。

あなたがもし、
「自分を表現してください」「あなたの想いを教えてください」と言われたとき、
「綴る」をとりますか? 「語る」をとりますか? 全然別の形をとりますか?

もし「綴る」が苦手なら、
オフサイトミーティングは本当によい「安全な場所で、安心して語る」ことができます。

「語る」のも「綴る」のも好きなら、とても幸福です。
そこに「聴く」という循環が生まれる、充実した時間がオフサイトミーティングです。

自分が「語る」タイプなのか「綴る」タイプなのか、
いまいちわからないようであれば、ぜひオフサイトミーティングに参加してみてください。

この日のYのように、見極めることができるかもしれません。


男性編は6月10日(金)開催予定、
スペシャルゲストが登場する男女混合編は7月12日(火)開催予定です!

お申込み、お待ちしております♪

内容の詳細・お申込みはホームページから、どうぞ!

posted by splanet at 11:05 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年05月13日

【開催報告】ひな先生の東洋医学の養生と、ココロとカラダ講座 Vol.1

hina_hari01.jpg

ひな先生です。

というわけで、先日、5月9日(月)開催の単発講座「S.PLOUNGE」、
「ひな先生の東洋医学の養生と、ココロとカラダ講座 Vol.1」が開催されました〜。

■ひなはり灸治療院


KIMG0863.JPG

塾長? 番長? 組長! 弘絵さんのご挨拶があって、いよいよスタートです!

今回の参加者は偶然にもアラサーガール3名さま〜。

KIMG0882.JPG

東洋医学のお話しで「気・血・水」って見聞きしたこと、ありませんか?

 
KIMG0864.JPG

「気」って、何だろう? という、お話し。
ふむふむ、なるほど。気にしたことなかったなぁ、なんちて。

KIMG0866.JPG

Yは、ないすばでーな、もでるです。これはYさん1号。

KIMG0871.JPG

Yさん2号。

リアリティが増しました。
お腹のあたりは、サービスしてくびらせてくださいました。
本来は、グッドイヤーの、ビバンダム風です。

KIMG0873.JPG

日本って、実は「リトル地球」というか、不思議な気候風土の国なんですよね。
ちいちゃな国土に亜寒帯から亜熱帯まである。

北海道は亜寒帯ですから、
食べものや調理法、服装なんかは、ちょっと北欧寄りのほうが、
もしかすると合ってるかもしれないね、なんていうお話し。

それでもボディは西洋人ではなく、バリバリのジャパニーズ。
筋肉や骨格、内臓が著しく違うので、そこは日本人としての意識が大切なんですね。
西洋人って、冷えって、ほとんどないんだそうです!

KIMG0881.JPG

お灸のなりたち。

なんと! たき火がツボに当たったことがきっかけ! らしいですよ〜。

それにしても、ひな先生。めっちゃイラストめんこいですね!
ひな先生は東洋医学のプロフェッショナルですが、
イラストや音楽などなどなど! すんごい多彩なクリエイターでもあるのです!

……にしても、このたき火の人、「チビまる子ちゃん」にいなかった?

KIMG0884.JPG

少人数ならでは。

自分の身体の気になる症状について、先生に質問してみます。
講座内で質問すると、ほかの人とシェアできますからね。
じゃんじゃん質問しちゃいましょう。


参加者のみなさんに、今回の講座について、振り返っていただきましたので、
ご紹介しますね!

KIMG0885.JPG

(受講前)
東洋医学の治療を受けるのが好きなのですが、
どういう経路で効いているのか理解したくて、
でも本などを読んでも専門用語ばかりでわからないので、
まず入門レベルで教わりたかったです。


(受講後)
普段の生活に密接した、
誰にでも経験のあるような話から東洋医学だけじゃなく、
地域性の大事さなど教えてもらえて、
とても面白かったです。

そうなんです。
このお嬢さんは5年ほど鍼灸院に通院されているそうなんですが、
そこの先生が専門用語で症状を解説されるのでちっともわからなかったそう。
ひな先生の講座は、専門用語がほとんど出てこないのです!

講座後にお伝えしたら、
「そういうのばっかりでも、バリバリできますよ」とのことでしたが、
今回の講座は、アラサーちゃんにフィットした、
カジュアルで日常づかいのわかりやすい表現と実例で、
楽しく学ぶことができました。


(受講前)
気力がなく、何をしたらいいかわからなかったので、
パワーをもらえたら、と思っていました。
また、ストイックに食や生活をとらえすぎて疲れていたので、
頭をやわらかくしたかったです。


(受講後)
すごくやる気が出ました!
ゆるゆるとやっていきたいと思います。
もっと勉強(東洋医学に関して)したいです。

ひな先生のお話しにもありましたが、
東洋医学は「未病の医学」。
病気にならず、元気でいるための医学なんですね。
そのために、どんな風に暮らせばいいか、という知恵です。

そのお話しの内容もさることながら、
ひな先生のパワーといったら!

hina_hari01.jpg

ホント、この記事だけでは、あのひな先生のパワーを伝えられません……。
まさにトークで「気を巡らせる」力を持つ鍼灸師……。

トークはもちろんのこと、
ひな先生ご自身のこれまでのアトピーやぜんそくの取り組みのお話し。
愉快に楽しくお話しされていましたが、
それは想像すると、本当に過酷だったとYは思うのです。
そういう過程を経て、
「ゴキブリのいない、あこがれの地」北海道に来た、という半生。

パワー、もらっちゃいますね。


(受講前)
東洋医学について何もわからなかったので、
難しいかなと思いましたが、
自分の生活のタメになる情報があったらいいなと思ってました。


(受講後)
想像していたのと違って、すごくわかりやすく、
自分が習っているヨガと通じるものがあり、
何度も「なるほどー」と思った。
自分の体に正直になる大切さを学びました。

自分の体の声に正直に生きる

ひな先生の今回の講座で、一貫したテーマは、
結局これに尽きますよね。

寝たいときに、寝たいだけ寝る、とか、
食べたいものを、食べたいだけ、とか、
やりたいことだけをやる、とか。

人それぞれ体質というのは違うのだから、
「情報」に踊らされないことの大切さ。

「私は、本当は、どうしたいのかな」

それは決して「ワガママ」ではないんですよね。

「あるがまま」に生きる、ということを探究する、というのかな。


ひな先生の講座は、今後2回開催が決まってます!

■8月9日(火)
ひな先生の 東洋医学の養生と、ココロとカラダ講座 Vol.2

■9月19日(月・祝)
ひな先生の発達障害の子のための、ココロとカラダ講座

ぜひご参加くださいね! お待ちしてます!

「中の人」Y 拝
posted by splanet at 11:48 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

2016年04月21日

【開催報告】ヒロコさんのマネー講座♩

KIMG0839.JPG

ヒロコ先生です!

というわけで、始まりました!
S.PLANETの気軽に学べる単発講座「S.PLOUNGE」。

記念すべき第1回目の講座は、ヒロコさんのマネー講座。

今回は、

あなたも貯め体質に変身・変心・変信!
幸せなお金習慣をGetして楽しい老後へ

というタイトルでの開催!

いや〜、Yは後ろの「Y席」で拝見していましたが、
今回は受講者のみなさんが、お金に対する向き合い方が素晴らしいばかり。
ヒロコ先生もびっくりです!

KIMG0849.JPG

まずは「お金」というもののイメージから。

普段の何気ない会話の中で、

「ねえ♪ 今度さぁ、あのお店にお洋服見に行かない?」

なんてのはあるけれど、

「ねえ♪ 今度さぁ、あの銀行に資産運用のお話し聞きに行かない?」

……って、言いませんよね?

どうも「お金」には、「ひみつ」の匂いがします。

でも、お金を貯めるなり、循環させるためには、
まず、自分のお金がどう動いているのかを「見える化」しないと!

で、それと同時に、
自分のライフスタイルそのものを見つめなおすことが大切ですね、
とヒロコ先生。

つまり、
「このお買いもの、私、本当にワクワクしているのかな?」
という観点がとても大切ですよ、貯めるのも、使うのも、ということですって。

確かに。

仮にバーゲンですっごく安くスーツを買ったとします。

でも、職場や普段は、ジーンズでいいような、
むしろスーツなんか着たら「あら、就職活動?」
なんて言われちゃうようなライフスタイルだったら、
いくらバーゲンで安くスーツを買えたとしても、ねえ。

「念のため」という意識で買ったとしたら、それはつまんないこと。
で、「あら〜結局着なかったわね」と、誰かにあげたり、捨てちゃったり。

「なぜ、私はこれを買ったのか、を常に意識する、ということが大切なんですね」

ふむー。

KIMG0844.JPG

休憩タイム〜♪

お財布や電子マネーとの上手な付き合い方や、
雑誌に出てくる「1,000万円女子」をどうとらえるか、などなど。

KIMG0846.JPG

お金そのものを貯めるのではなく、
「私にとって、どんなワクワクのために使いたいか」が、まず大前提。

そして、「じゃ、今はどうなのかな」ということの「見える化」。

次に、「とすると、具体的に」という計画を立てていく。

ふむー。

日々の選択の積み重ねが、無駄をなくし、
本当に必要なときに使えるお金を貯められるのですよ

そんなことをヒロコ先生は伝えてくれました。


いや〜、初めての単発講座、スタッフとしてコソコソ動いておりましたが、
本当にモリモリ反省しております。

もうちょっとステキなおもてなしがあったんじゃないかなあ、とか、
最初のご案内も、もうちょっと、とか。

ひとつひとつ課題をクリアして、
「S.PLOUNGEのステキなスタッフY」としてがんばっていきますので、
みなさま、応援よろしくお願いします(?)

そんなYのために、
「あんな講座があったらな」「S.PLANETだったらこんなのできないかな」
みたいなリクエストがありましたら、じゃんじゃんお寄せくださいね!

ヒロコさんと次回講座のお話しもちらっとしましたが、
……ふっふっふ。

次回はねえ、ムフフ。


ようやく直に「S.PLOUNGEの受講生さん」にお会いできましたが、

「どれもすっごく面白そうですよね」

なんて言っていただけると、不肖Y、喜びにむせび泣きます。

中には「全部受講します!」と、さっそくお得なチケットを購入してくださった方も!

いや〜、今後が楽しみです。

みなさまも、お楽しみに!

posted by splanet at 12:51 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」開催報告

ページトップへ