2006年07月31日

ビールがうまい?(^。^)

今日病院で数値が下がっていたため、今後通院をしなくてすみました(^^)v
2週間以上お酒を飲まなかったせいか、ホントに飲んで大丈夫かしら・・・と、
まだ自分自身を疑っています。
今まででは考えられないことで・・・

ともかく最初はビールですね。
冷えたジョッキーに注がれたきめ細かな泡、いや?久しぶりのビールは格別でした[:ビール:]
何だかただのアルコール好きみたいのようです。(+_+)

病気をすると健康のありがたさが身にしみます。
しかしそのおかげで、いろんな学びもありましたが・・・・

さぁ、明日から8月、新たな気持ちで頑張ります。
今後も気づいたこと、もっとお知らせしますネ。

よろしくお願いします。    (^.^)/~~~
posted by splanet at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
■失って初めてありがたみがわかるものの代表が健康ですね。松葉杖で歩くと、舗装道路のゆがみ、傾きがわかりますよ。杖をまっすぐついているつもりでもまっすぐ歩けなかったりするから。
■私は短期も含めると4回入院しています。病室にいるといろいろな発見がありますが、私にとって最大の発見は「理由がないと黙らない人と、理由がないとしゃべらない人」の二分法です。
■朝の検温からひっきりなしにしゃべり続ける人がいます。「検温だ」「遅いな」「高い」「低い」「メシまで退屈だ」「メシはなんだ」「メシがきた」「これはなんだ」「ムグムグ…うまい、まずい」「メシが終わった」「退屈だ」「テレビはなんだ」・・・この調子でひっきりなし。ようやく黙ったなーと思ったら寝息をたてていました。口に物が入っている、睡眠中である、そういう理由がないと黙らない人。
■一方、用事がなければ一日中口数が少ない人もいます。「ご気分いかがですか」「いいです」終わり。
■僕は後者なのですが、前者タイプのおじさんを観察しているとおもしろいです。いちいち誰にともなく実況中継しているから。誰も相槌も打たなくなっても、それでもしゃべっています。程度の差こそあれ、そういう人、少なくはないみたいです。
■病室の発見、教えてくださいな。
Posted by 北見の竹の子 at 2006年08月01日 22:29
北見の生活はいかがでしょうか・・・
夏は蒸し暑いのかな・・・?

病室での発見と言いますか、気づいたこと、それは必要以上に話さないせか表情筋が衰えたことです
口角は下がるし、無表情が顔に張り付いたような・・・??
何とも表現し辛い感覚でした。

確かに竹の子さんがおっしゃるようなおじさんじゃなく、
「おばさんバージョン」は居ましたよ。6時起床からず?っとしゃべっている・・・ところがおばさんはそれが一人じゃなく、いつしか2人、3人、4人と増えていくことです。
恐ろしいくらいの朝からパワー全開でした。  (^.^)/~~~
Posted by 瀬川弘恵 at 2006年08月02日 11:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34819007

この記事へのトラックバック

ページトップへ