2020年10月21日

岩見沢研修レポート

晴天の札幌です。


紅葉も進んで山々が燃えるように太陽の日差しを浴びています。

秋も深まり冬の到来ももう間近ですね顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)


さて今回の研修報告です。

101219日と二日間にわたり、管理職向けの「NLPコーチング」研修です。




2A2EE139-14DD-47A1-AF54-7CD9BEAA0B9D_1_201_a.jpeg



コロナ禍で開催がどうなるか主催者側とドキドキしていましたが、

2回無事に終えたこと嬉しく思っています目がハート


参加者は10名様。女性お一人と9名の男性が、私の愛あるムチと闘ってくれました力こぶ


部下育成のために来られた方、NLPに興味がある方、会社に言われたから参加した方、

動機はさまざまですが、皆様学び熱心でとにかく一つでも何か持って帰ろうとしている姿勢に、

私もついついエネルギー満載でいろんなことを話してしまいました。



F1460807-3D45-4320-AC49-8BA280D7C379.jpeg691699E6-C819-4BCD-BCBF-3A4A0737DBE3.jpeg2BA66234-906A-433F-8349-0964906B4D93.jpegAD6FA162-A8FE-4DE4-B483-4531BF3C7D16.jpeg


当初考えていたカリキュラムを変更し、今、目の前におられる参加者の方々が直ぐに使える内容にしました。

どんなにインプットしてもアウトプットしないと身に付きませんから…。


A7E24D23-EFC6-421B-BE9C-EC37B0AA450E.jpeg44771A18-37BC-4695-A093-F666CAD00ED4.jpeg


スキル・テクニックを学ぶだけなら本で充分です。

しかし実際に体感しないことには腹落ちしません。


そして職場に戻り、部下本人を相手に練習するしかありません。

最初は怪訝されるかもしれませんが…。


でもそれが現状なのです。



いかに今まで何もやってこなかったか…、やってはいたが自己満足で終わっていた…、

やっている「つもり」になっていた…、何処か他人事になっていた…かもしれません。


何度もトライして成功事例をどんどん増やして欲しいと思います。



今回の研修は自分と向き合うことから始めます。

そのための「人間基盤力」や「脳や潜在意識のメカニズム」も重要ポイントです。



アンケートでは…

★とても貴重な体験をすることができた。自分を見つめ直すことや別の部分を知ることもできました。

 他人からの貴重な意見も聞けました。コミュニケーションの取り方伝え方共感等を職場でしっかりと

 活かしていきます。


★2日間のセミナーを受けた時間を無駄にしないためにも、学んだことを必ず活かしたいと思います。


★コロナ対策も充分取られており他受講生の方々とも交流ができ大変貴重な時間でした。

 ありがとうございました!今回ご指導いただいた内容を少しずつでも実践し自分自身の発展に結び付けたいと

 思います。


★相手とのラポールの大切さは職場だけでなく、家庭や友人にも適用できると感じました。


★深いところまで説明していただきさらにコミュニケーションについての理解ができました。


他にもたくさんのフィードバックがあり、感謝感謝ですゴメン/お願い





そして研修2日間終了後、マスクを外して1枚写真を撮りました。


6B35F882-871A-412A-9D6E-1714468A814C.jpeg



実はこの研修は3年目で今まで集合写真は撮ったことがありません。

まして今年はこのコロナ禍ですから…。



受講生のお一人から、

「この先皆さんと繋がっていたいのですが、マスクだと顔がわからない。一度外して写真撮りませんか?」

なんと素晴らしいご提案です。



もちろん強制ではありませんが、主体的に行動を起こす発言は大歓迎です。

主催者の方もびっくりしていました。



2日間の研修で皆様それぞれ思うことや発見があり、成長と進化を遂げられたように感じられます。


私自身の学びにもなり、又新たな方々と繋がることができて、講師冥利につきますね❣



少しずつ増えてきた研修(対面)、リモートと合わせて私も一層進化していきます手(チョキ)

又お会いしましょう〜手(パー)


札幌にお越しの際は遊びに来てくださいねOK!2



お元気で❣にこにこ



posted by splanet at 13:46 | Comment(0) | S.PLANETのご紹介-個人向け-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ページトップへ