2018年11月20日

【開催報告】10/27(土)五感で味わう季節の花活け

こんつは!

Yでございます。

Facebookのご挨拶でも申しましたが、
ようやく昨夜未明に札幌でも初雪が観測されたそうでして。

それでも「?」って感じでございます。
かろうじて手稲山が白いのが、それっぽいのですけど。


さて。

ちょっと時間が空いてしまいました。

IMG_6633.JPG

これはお花じゃないよ。
今回のおやつです。秋のチョコまつり。


IMG_6634.JPG

今回、アンケートを回収しそびれてしまったりして。
おひとかたのみご紹介しますね。

IMG_6575.JPG

【受講前のキモチ】
今日で3回目です。
どんなお花たちと会えるのか楽しみです。

IMG_6576.JPG

【受講後のキモチ】
秋の色がステキで、さまざまな色・形・大きさの実がかわいらしく、
生けていて楽しくて、話もせず集中してしまいました。

IMG_6577.JPG

【講師へのメッセージ】
先生が入れてくださる1本で
全体があっという間に変化していくのが感動です。
次回を楽しみにしています。

IMG_6565.JPG

ん?

これ、当日の朝に空輸で届いた花材です。
すんごい厳重な梱包。

下は特殊な容器にお水と栄養剤が入っています。
よっぽどへんなことをしない限り、こぼれません。
多少の揺れは平気なんです。

IMG_6578.JPG

オアシスは時間をかけてゆっくり給水させるべし。

IMG_6570.JPG

三花先生です。

IMG_6574.JPG

手仕事をする人。
よい景色ですな。

IMG_6580.JPG

いつもながら、めんこくちんまりしゃがんでいる三花先生。
Yの「萌え」ポイント。

IMG_6588.JPG

贅沢なセミプライベートレッスン状態。

IMG_6593.JPG

今回は香りの強いお花はなかったけど、
わざと枯れた感じにした実が入っていたりして。

お花を活ける、というのは、
本当に命を味わう、ということなのですね。

IMG_6607.JPG

お花のために、ちょっとした加工が大事。

IMG_6629.JPG

今回の器のせいかのか、
Yは「箱庭」を思い出しました。

IMG_6634.JPG

あるいは『仮ぐらしのアリエッティ』。
花活けは、小さな景色・小さな世界をつくること。

それに集中することで、深い呼吸が生まれ、
小さな世界を彷徨すること。

だから最初緊張していた人たちも、
終わるころには遊びに集中する子どもみたいな、
あどけない顔になってるんだなあ。

IMG_6637.JPG

こんな感じで出来上がりましたよ。
おなじ花材を使っても、個性が出ますね。

三花先生の次回上陸は未定ですが、
札幌の街が大好きな三花先生ですから、
来年の春〜夏に来てくださる、かな?

「夏のムラカミ」ならぬ、
「春の三花」を心待ちにしましょうか。

気になる人は、こちらをチェケラ!
posted by splanet at 11:34 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ページトップへ