2018年10月09日

【開催報告】森うさぎで学ぶバルーンアートの技法 気持ちを形にする!

Yでございます。オホホ。

ba369aacb196aa30c7e926ddb4203e45_s.jpg

本日は新月です。
夜空を見上げても月が見えないのですが、
月の運行関連では、ちょっとしたイベントでございます。

で!
あさって!


企業におけるSNSの活用法

について、単発講座S.PLOUNGEで学びませんか?


企業のためのSNS活用の技術
遠い、小さい、おカネをかけたくない
企業の強い味方=SNSを上手に使いこなす

講師:高橋大洋
株式会社ミヤノモリ・ラボラトリー 代表取締役

開催日時:2018年10月11日(木)
(受付14:45〜)15:00〜17:15
※通常のS.PLOUNGEと異なり、企業の就業時間に合わせた開催になります。

開催場所:S.PLANET(南1西3 札石ビル4階)

受講料:5,000円(チケット利用の際は1枚)

定員:8名様

SNSが身近になって久しいですが、
上手に使っている人と、使いこなす自信がない人に二極化している昨今です。

「SNS活用の指示を受けたが、どこから手をつければ良いか分からない」
「自社のアカウントを開設したものの、うまく活用できていない」

そんなお悩みを持つ企業担当者(主に総務・広報・人事・営業販促部門等)や
個人事業主の方、受講必至の講座です!

橋大洋 個人公式ホームページ

橋大洋 Twitter

「今知ったわ……」という方、
出たかったけど予定が合わなくてあきらめて、
でもその予定が急に変更になって「あら、出られるわ」となった方、
ぜひご参加くださいまし。

S.PLOUNGE最大の特長は
少人数制のクラスであること!

ただボンヤリ窓の外を眺めていた人にはキツイですが、
講師の先生と密度の高いコミュニケーションをとりたい!
わからないところは徹底的につぶしたい!
個人的相談っぽくなってしまうのがみなさんに申し訳ない!

なーんて感じていらっしゃる方には、
本当におススメです。

まだお席、ご用意できます!



さて。

北海道民の9月。
今年はすごく不思議な時間の流れ方でしたね。

KIMG4186.JPG

こんなこともありました。

もう10月に入っちまいましたが、ぜひともお伝えしたい!

9月のS.PLOUNGE、第1弾は、
風船の魔法使いエリサさんの講座!

風船の魔法使い01.JPG

かわいいでしょ?
バルーンアートを作りましたよ♪

今回の講座は全員(いや、Yが)興奮し過ぎて、
アンケートを書いていただくのを忘れちゃったので、
Yの振り返りだけでお届けします。

KIMG4261.JPG

バルーンアートは、この細長い風船を使って、
ねじったり、形を変えたりしてつくっていきます。

KIMG4180.JPG

弘絵さんのお差し入れ。
秋のいきふんがぷりたつなお菓子。

KIMG4186.JPG

エリサ先生です。職業は魔法使い。
コスチュームが、既に魔法使いです。めんこい黄ハート

KIMG4197.JPG

今回つくったのは「森うさぎ」。
ちょっと難しいテクニックが入るものですが、
エリサ先生は15分で作っちゃいます。
初心者は、んー、2時間くらい?

KIMG4200.JPG

好きな色を選んで。

KIMG4201.JPG

小学4年男児の集中力を持つマダム。弘絵さんです。

KIMG4203.JPG

弘絵さんが手にしているのは、バルーン専用の空気入れです。

Yはレポーターなので手にしませんでしたが、
これ、意外と怖い怖い。

なぜなら、風船は割れるから!

バルーンアートの面白い側面が、実は、コレ。
「風船が割れる」とゆートラウマを抱えている人は、
けっこう多いのです。

度胸試しみたいなアートです。

空気を入れるのはもちろん、
ねじったり、ちょんとつまって切ったり、
もう、いつ

バンッ!

ってなっても、おかしくないのです。

でもね、やってるうちに、慣れます。

ですので、ある種、クリニカルアートのようです。

消極的だったり、怖がりだったり、
勇気が出なかったり、おびえてたり。

そういう人が「えい!」って一歩を踏み出すのにいいエクササイズです。

やっていくうちに、風船がいくら割れても動じなくなります。

Yはやってないから、最後まで風船が怖かったけど。

KIMG4204.JPG

S.PLOUNGEの先生同士。
オモテヤ先生、あたかもリアクション芸人のようでした。

KIMG4205.JPG

KIMG4216.JPG

楽しそう。いい笑顔。
こういう表情、報告レポートを書くYには、たいへんありがたい。

KIMG4219.JPG

ドヤ顔のオモテヤアケミ先生。

KIMG4218.JPG

めんこいオモテヤアケミ先生。

どっちもオモテヤ先生です。

KIMG4227.JPG

弘絵さんのうさぎ。

KIMG4257.JPG

でっきあがり〜


いまだから言えることですが、
実はワタクシY、バルーンアートに興味がなかったのです。

エリサ先生のことは一度テレビでみたことがあったし、
ショッピングモールのイベント広場の飾りつけ、
みたいのも知ってはいました。

それでも仕事として資料が送られて、
弘絵さんがエリサ先生のお人柄に感動し、
森うさぎのサンプル写真を見て、
「ね、かわいいでしょ♪」

と言われても……。

いや、正直アタイの趣味じゃねーな。

そんな気分でおりました。

それが覆り、今日現在では次回開催日は未定ですが、
(2019年初頭の予定で調整中です。2月かな?)
またエリサ先生にお会いできるのも楽しみですし、
リピーターの方はもちろん、Yと似たような思いで、
「ふーん」と眺めているみなさんにもぜひご参加いただきたく、
告知と集客に鼻息荒く燃えているYが今、キーボードをたたいております。

まず、バルーンアート作品は、日持ちがしません。

KIMG4279.JPG

できたてホヤホヤの森うさぎちゃんと比較できますでしょうか?

どうしても空気が抜けてしまう(冷えてしまう?)ため、
ある程度の時期が来ると、ゴミ箱へ、さようなら〜なのです。
そんな儚いアートなのです。

でも、某広沢かつみ先生に
「要らないもののために家賃を払ってどうするの!」
と怒られるのが怖いYのような人に「儚いアート」は助かります。

また、バルーンに空気を入れていろいろ加工するとき、
片手間には意外とできません。
これはクリニカルアートの効果のひとつにも似た感じがします。

没頭という名の快楽。

いらんこと、一切頭から、抜けます。

おまけに「できあがり♪」という達成感も得られます。

KIMG4205.JPG

そしてS.PLOUNGEでお届けするバルーンアート講座、
最大の魅力は、講師がエリサ先生であること。

これが、
ものすごく大切な要素です。

何というのか。

エリサ先生から「教わる」という名のコミュニケーションが、
本当によい時間なのです。

ことばのひとつひとつ、表情のひとつひとつが、
ともすればワンマン(ショー)になりがちなコンテンツなのに、
ファンタジーのふりかけをかけた、ロジカルシンキングとゆーか。

そう。

そうそう。

バルーンアートというのは、
コミュニケーションツールのひとつでもあるのです。

実際、講座中にエリサ先生の発言や、
「このような方(場合)には、このようにお伝えして……」
なんてレクチャーに、受講生のみなさん、
「おお!」とどよめいておりました。

つくっていく過程、
見ているだけの人、自分でつくってみる人、
さまざまな人と「風船の魔法使い」とのコミュニケーションは、
企業や組織に持ち帰って応用することができちゃうのです!

Yとしては、そこんところが、

白目になるほど、
モーレツに
感動しました!

いやでもね。

参加してみないば、こればっかりは、わがんねーわ。
※北海道弁風

ホント、これ、企業研修で導入できます。
実際に導入されている企業もあるのだそうで、
これから先、弘絵さんがムフフと仕掛けていく場合もあるので、
要チェケラ!

以上、スタジオから、Yがお伝えしました。

posted by splanet at 15:27 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ページトップへ