2018年02月27日

【開催報告】クリニカルアート(臨床美術)で脳を活性化!

IMG_5948.JPG

ども。Yです。

そだねー。

まだ指摘を受けておりませんが、
北海道弁と言えば、北海道弁でしょう。
軽く検索してみたところ関西弁の「せやな」に近いニュアンスとか。

Yの場合、

んだな。

です。

「そだねー」解説の中に「浜ことば」であるというものがありました。
Yは浜と東北がごっちゃになっているので、微妙に異なるのです。

というオリンピックも終わり、
ぽけーっとなっている方も多いのではないでしょうか?
折しも「パシュート」で盛り上がった翌日の2/22(木)、
札幌エルプラザにてS.PLOUNGEが開催されましたよ。

S.PLOUNGEの人気講座、
クリニカルアート(臨床美術)でございます。

IMG_5992.JPG

いつもめんこい、講師のオモテヤ先生です。


【受講前】
クリニカルアートの立体は初めてなので、
とても楽しみです。

IMG_5990.JPG

【受講後】
カボチャの立体クリニカルアート作製は良い体験になりました。
参加して良かったです。
愛着がわいて食べたくなりました。


【受講前】
初の3D。ワクワクドキドキしています。
どのようなかぼちゃになるかとても楽しみです。

IMG_5991.JPG

【受講後】
3Dは難しかったですが、無心になって作成していました。
色の選び方、ちぎり方、多少迷いましたが、
先生から自由に作成していいといっていただいたので、
のびのび作ることができました。


【受講前】
立体は初めてなので、うまくできるかちょっと心配でしたが、
楽しみにしてました!

IMG_5989.JPG

【受講後】
小学生の時の図工をなつかしく思い出しました。
とても楽しかったです。


IMG_5958.JPG


今回はシリーズ初の「3D」作品!

IMG_5998.JPG

モデルさんたちは、かぼちゃ。

IMG_5982.JPG

オモテヤ先生、イチオシのお菓子。

IMG_5987.JPG

三幸製菓です。

わさびチーズのおかきでした。ウマ!

IMG_5983.JPG

昭和の時代、
おばあちゃんが孫のためにがんばって洋菓子を買っといた、
という場面で大活躍のブルボンのお菓子。

エリーゼ・ルマンド・チョコリエール・ホワイトロリータ……。

そんなおやつをいただきながら、

IMG_5958.JPG

オモテヤ先生の手先が高速過ぎて見えなくなってます。

これまでパステル画を楽しんできましたが、初の3D!
わたくしYもどうなることやらとワクワクしていましたが、

作る人の自由に、楽しく

ひたすら対象物に集中する

出来上がると、あら不思議

は、これまでと変わりませんでした。
安定の楽しさ。

とはいえ、やはり立体。

対象物を感じ取る(インプット)は同じでも、
手の動かし方が変わる(アウトプット)と、
とたんに「あら」「あれれ」と戸惑いの声が。

みなさん、無心に楽しんでましたよ。


オリンピックでも某国のチームの監督・選手が

編み物

をしていて話題になっていましたが、
Yはクリニカルアートを楽しむみなさんのようすを伺い、
それ、ちょっとわかる気がしました。

何かに没頭するとか、集中するとか。

日常や仕事を離れたところで、
いつもと全然違う言葉が脳内を駆け巡り、
やがて思考に言葉がなくなる感じ。

五感が、そのまま思考になるような。

感覚だけになるような。

Yも編み物をしますし、バレエもそんな感覚になります。
記号やリズムだけが支配する静寂、というのかな。

すっごく気持ちイイです。

そしてクリニカルアートでは「どの作品もすべて正解」ですからね。

すっごく気持ちイイです。

おまけに対象物との向き合い方が、シンプルだけど、深い。

すっごく気持ちイイです。

次回は8月開催予定です。

何を作るのかな? フフフ。お楽しみに♪

posted by splanet at 12:41 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ページトップへ