2017年01月24日

Yが伝えるバリセミナーの魅力)ピタマハ!

ピタマハ!

何もわからず、このコトバだけ眺めていると、
こう、某K林製薬の新しい熱さまシートみたいに、見えなくもない。

というわけで、「中の人」Yでございます。

バリ島リトリートセミナー「本当の自分」に出逢う旅。
絶賛・大プッシュ中のY。海外旅行は行ったことないです。

このリトリートセミナーのリーフレット作成のために、
いろいろ伺ったり、調べたりして、もうすでに行った気になっております。
Yの脳内では「うぶど・よいと〜こ・いちど〜はぁ・おいで〜」です。


今回のリトリートセミナーの最大の魅力(の、ひとつ)。

それは研修場所。

ピタマハ!


庶民すぎる庶民・Yは存じ上げなかったのですが、
バリ島の聖地と呼ばれるエリア・ウブドにあるリゾートだそうです。

どんなところかは、Yがもちゃもちゃ説明するより、
公式ホームページをご覧になるのがもっともよいでしょう。
「トリップアドバイザー」のような情報を検索されてもよいかもしれません。

でね?

この広大なリゾートに滞在して、セミナーを受講するんですって!

まず宿泊先は「ホテルチャンプアン」。

ヨガなどのクラスは、
「ロイヤルピタマハ(http://www.royalpitamaha.jp/)」
「ピタマハ(http://www.pitamaha.jp/)」が研修場所です。

……公式ホームページ、ご覧になりました?

すごくないですか? すごいでしょ!


ピタマハグループは、
ウブドの王家・スカワティ家が経営する由緒正しいリゾート。
今回は、企画のoffice maAmのユッキーさんが、
このスカワティ家に嫁いだマンデラkeikoさんとお友だちだったことから、
ピタマハリゾートの全面協力を受けることができたんですって。

庶民すぎる庶民・Y。
なんとなく「バリ」と言えば「Aマン(仮)」リゾートだと感じてました。
あのインフィニティプールで有名なところね。
庶民以上の人たちの新婚旅行で泊まるようなね。

今回リーフレットを作るために、あっちゃこっちゃから、
かき集められるだけの旅行パンフレットを、駆けずり回って集めたんです。

で、ふむふむ眺めてたのですが、「ピタマハ」が、載ってない。

「……ホントにあるのかな?」くらいに思えてきました。

で、最後の砦ともいうべき、
某元交通公社の「リゾート特選」みたいなパンフレットをめくってみたら。

あった!

どうやら、
そのくらい「なかなか行けるもんじゃない」由緒正しいリゾートのようです。

聖地ウブドの王家・スカワティ家が経営しているリゾートですから、
バリのスピリットが色濃く感じられる場所じゃないかなあ、と、
行ってみたいけど、今回は行けないYは思うのであります。

あっちゃこっちゃで告知しておりますが、
2月6日(月)は本リトリートセミナーへの参加を検討されている方向けの
「事前説明会」が開催されます。


この日はoffice maAmのユッキーさんがお越しくださり、
このリトリートセミナーの魅力を余すところなく伝えてくださいます。

「ガチ」で行く気マンマンじゃなくても、
「Yちゃんが書いてたあのブログの記事、どこまでホントなんだろ」と、
チェックかたがたご参加されても、きっと面白いかと思います。

参加はもちろん無料。

参加しちゃったからって、必ず申し込まなくてはならないってことも、
まずありませんので、気軽にご参加くださいね。

恐れ入りますが、椅子の手配の都合上、
参加される方はご一報いただけるとありがたいです。

弘絵さんへ直接、もしくは「お問合せフォーム」から、どうぞ!
posted by splanet at 12:05 | Comment(0) | S.PLANETのご紹介-個人向け-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ページトップへ