2017年01月19日

【開催報告】朗読から学ぶ、美しい話し方

IMG_4598.JPG

見事な「うれしい裏切り」を見せてくださった五十嵐いおり先生が再び登場!

今回は「朗読」ということもあり、さらに深い味わいのある講座になりました。


受講されたみなさんの声をご紹介しますね。

何度も読み返すと、同じ話でも感じ方が違うし、
人の読み方でも感じ方が全然違いますね。
普段の話し方も人に伝えるということを意識したいと思います。

「お腹から出す声」「のどから出す声」の違い。
普段から腹式呼吸を意識したいと思いました。

前回も翌日から実践しましたが、
また今日も、明日から実践したいことがたくさんありました。
説得力のある話し方に変化する瞬間を聞き、ゾクゾクしました。
またぜひ教えていただきたいです。ありがとうございました。

やさしく話すことを心がけていたが、
もっと強く話した方が良いとの指導が目からウロコでした。
自分がささやくように話している自覚がまったくなかった。
とても引き込まれ、集中した、あっという間の2時間半でした。


IMG_4596.JPG

写真を撮りましたが、ほぼ、こんな感じです。

それでも、休憩なしの熱い2時間30分!

おまけに感動の涙が止まらなくなる人まで登場!

Yもこの講座は、ぜひ多くの方に受講していただきたい、と、
心底思いましたし、Y自身、レポーターではなく、
受講生として参加してみたいなあと思った次第です。


まず、自己紹介。
実はこれ、いおり先生、すっごく深く聴いていらっしゃるのです。
ちょっとの雑談から、その人の発声のクセのようなものをつかんでいます。
でも、ちっともそんなことを感じさせない、ほんわかヒアリングモード。

続いて「朗読」って何? というお話し。

学生の頃、先生にあてられて教科書を読んだこと、ありましたよね?
あれは「音読」。
朗読の究極の目標は「話す」こと。

聴いてくれる誰かに届くように、
まるで話しているかのように読むことなんですって。

そのためには、たくさんのテクニックを身に着けていく。

一種の「芸術」です。
芸術だから、初心者でもコロを込めて、原則的なテクニックを用いれば、
「声」「話し方」という作品ができあがりますが、
何しろ芸術なもので「ゴール」というものがない。
ここまでできた、という先に、新たに課題が生まれてくる。

Yはおけいこごとでバレエを習っておりますが、
多くのバレリーナが語ることと、まったく同じです。

いおり先生自身、朗読のテクニックを長い間、
師匠につきながら磨いているうち、ふと、思ったんですって。
「朗読のテクニックの修正は、話し方を修正することにつながる」って。

ここから、前回も行った「呼吸」「アクセント」「イントネーション」、
そして「1音目に息を当てる」「音を粒だてる」という訓練を行います。

IMG_4599.JPG

写真で見ると、ふむふむしている感じですが、
けっこうな運動量です。

IMG_4602.JPG

今回はこの方も、参加。熱心です。

弘絵さんも「話す」ということのプロフェッショナルであります。
CA時代に厳しい訓練を受けている方でもありますが、
「最新の話し方テクニック」に、驚いていましたよ。

「え〜、そんな風に習いませんでした! けど、そうですよね〜」


フィジカルワークのあとは、いよいよ「イメージ」、
「朗読」という芸術作業に入ります。

朗読で大切なのは「聴覚からビジュアルを想像させる」ということ。

そのために必要な要素、具体的にどう読み込んでいくのか、
いおり先生から細かなアドバイスをいただき、みんなでトライしていきます。

で、実際にやってみると、
ホント、朗読って「話す」ことなんだなって、みなさん納得!
「自然」に「読む」って、難しいんです。
みなさん、いおり先生にていねいなフィードバックをいただきながら、
手元の小説の一節や、詩を、しみじみと味わっていらっしゃいました。

泣いちゃったりもしてね。

こういう涙はステキです。

「声」には、
普段の私たちには想像もできない「癒すチカラ」があるんだなあ、
磨けば光る最強のコミュニケーションツールだなあって思ったYです。


最近、あちらこちらで「いや〜、ボキャブラリーが乏しくて」
というお悩みをうかがいます。

ボキャブラリーを増やすためにどうしたらいいのか、
Yもいろいろアイデアをひねっているのですが、
「朗読」は、とてもいい方法のひとつだな、と思います。

ちょっと話はそれますが、
「文章が下手で」「長文が難しくて」というご相談も受けますが、
自分が書いた文章を「音読」してみるのもよいです。
音読を超えて、朗読の域まで耐えうる文章は、
文字にしたとき、美しい文章になってます。

それと、この講座、
実にフィジカルとメンタルの面で「癒し」の効果があります。

日程は未定ですが、また開講できる予定ですので、
今回受講できなかった方、興味を持たれた方、
もうちょっと待っててくださいね。

S.PLOUNGEご紹介ページ
posted by splanet at 10:37 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ページトップへ