2016年08月16日

【開催報告】東洋医学の養生と、ココロとカラダ講座

夏はバテ気味です。

というわけで、みなさま、いかがお過ごしですか?

本州方面の猛暑に勝てる気がしませんが、
エアコンが標準装備ではない、この北海道。

エアコン嫌いのYにはありがたくもあり、
びっちゃびちゃの雑巾(着ている服)を片っ端から生み出す自分の身体にも、
「どうしたもんじゃろのう」という感じです。

こんな夏には、どんな「養生」をすればいいの?
というお話し含め、先週、8月9日(火)に開催されました「S.PLOUNGE」。
西区二十四軒で治療院を経営されている「ひな先生」ふたたび登場です。


KIMG1725.JPG

5月開催時と同じテーマ、東洋医学の養生の基礎のお話しでしたよ。

【開催報告】ひな先生の東洋医学の養生と、ココロとカラダ講座 Vol.1

受講者の感想です。

【受講前】
「気をつけるべき養生法」という項目が気になって申し込みました。
自分の身体の声をほとんど聞いていない状態だと実感しました。
【受講後】
気を巡らせる事を意識して、
今日学んだことを早速日々の生活に取り入れてみます。

【受講前】
体の不調が少しでも楽になればと思いました。
また、子宮等の病気を未然に防ぐことはできるか。
自分がいかに気が滞っているか実感しました。
旬のものを食べることの大切さ。


というわけで。
東洋医学に興味を持たれるみなさんは「養○酒」のCMでおなじみの
「7の倍数」で「あら、自分がそうじゃない?」と気になり始めるようです。

あと女性は婦人科周辺の不調ですね。
最近は、さまざまな情報を得る手段がありますから、
「血流」「冷え」などをキーワードに、もうちょっと深く知りたい、
と思われるようです。

東洋医学って「平和な時期に実践される」医学なんですって。
なるほど、抗生物質が飛躍的に医療に導入されたのは戦時下、
「あと1週間生きられる兵士を確保するため」という動機があったとか。

「骨に至ったら終わり(死)」→「五臓六腑の段階で治す」のが東洋医学なんですって。

KIMG1734.JPG

ひな先生は漢方の紹介もしてくださいます。

KIMG1735.JPG

葛根湯を飲むタイミングは「なんか寒いな」の段階なんですって。

KIMG1742.JPG

また「食」にも詳しいひな先生。
その土地の旬の食べ物をいただきましょう、というベーシックな知識のほかに、

「関西人のキャラは牛肉文化のせい」
「10歳までは偏食でOK」

なんてお話しも。

実は「子どもの偏食」って、その子の「体質」の表現でもあるんですって。
例えば「ゆでたにんじんばかり食べる子」「白いごはんだけ食べる子」なんて、
ちょっと不思議な食べ方をする子って、確かにいますね。

この日のお話しで興味深かったのは、
「ブロッコリーばかりを食べ続ける子」のお話し。
ちょっと常軌を逸した偏食っぷりだったそうですが、
抱えていた病気が治癒したとたん、その偏食はなくなってしまったのだそうです。
よく調べてみると、ブロッコリーのある成分は、
その病気を治すための有効成分だったそうで、身体って素直なんだなーと思いました。

身体の声を聴く。

今の私たちの暮らしって「健康情報」が飽和しきっていて、
何をどうすればいいのか混乱しがちです。

例えば女性に多い「便秘が続いているからヨーグルトドリンクを飲む」。
もしかするとその便秘は冷えから来ているかもしれなくて、
冷蔵庫に入っていたヨーグルトドリンクでは、よけいに消化器の動きを鈍くしかねません。

本当の健康って、自分の心と身体が仲良くなっていること。
Yは自分に甘く、他人に厳しいという方針を一応とっていますが、
もっともっと自分を甘く、自分の望むままにやらせてあげようと思いました。

KIMG1744.JPG

小さなお客さまのために。

「ぼくのかおをおたべよ!」


身体以外にも、心もちょっと疲れちゃったな、と思ったら、
ひな先生に診てもらってはいかがでしょう?
東洋医学は「できるだけ、手前で」が基本ですよ。

ひなはり灸治療院
posted by splanet at 12:46 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ページトップへ