2022年09月08日

北海道教育庁留萌教育局「若手職員育成のための〜実践!コーチングコミュニケーション」

※タイトル・本文中の敬称は省略させていただきました。
※写真・画像提供:北海道教育庁留萌教育局

おはこんばんちは!
さすらいのお手伝い・流しの事務員「中の人」Yでございます。
みなさま、お元気ですか?

さて、さる8月23日(火)北海道教育委員会 留萌教育局主管による「ミドルリーダー養成講座」が開講されました。
その様子は「北海道通信 日刊教育版 令和4年8月29日(月)」にも掲載されましたよ。


掲載記事.jpg

今、このブログを書くために、弘絵さんに突撃インタビュー!
どんなようすだったかYがお伝えしますね。

IMG_3525.JPG

今回、留萌教育局主管で行われた研修でしたが、会場は羽幌!
道外の方、ピンと来ないかもしれませんが、留萌市は北海道の左上、札幌から歩いて28時間、バスなら3時間弱の道のりです。
羽幌町はそこから歩いて10時間、車で1時間の場所にある町です。
どちらもニシン漁で栄えた、夕陽の美しい港町。エビがなまらうまいです。
そしていちばんどうでもいい情報としては、Yのひいじいちゃん(多分)が留萌と羽幌の間にある苫前町のニシンの網元でしたので、Yにも懐かしい町でございます。

弘絵さんは午前中の講座に合わせて留萌に前泊。
都会のオンナのイメージの弘絵さんですが、呼ばれればどこにでも参ります(その他、条件アリ。詳細はお問合せください)。

IMG_3526.JPG

新聞記事には「講話」とありましたが、弘絵さんの研修スタイルは「実践」。

IMG_3527.JPG

時節柄、3密にも配慮。
平時はこれがもうちょっと、ぎゅっと仲良くなります。

IMG_3528.JPG

Y「弘絵さん、これ『スマイル』ですか?」
弘絵「違うのよ〜。今、ほら、マスクだからスマイルできなくって」

スマイルというのは恐ろしい攻撃研修なのですが(うそ)、今回はなかったとのこと。
見学してて、スマイル攻撃でみなさんがヘトヘトになるのを見るのが密かにムフフなY、ちょっと残念。
スマイル攻撃がない代わりに、こちらはより実践的なワークを行ったそうです。

IMG_3530.JPG

IMG_3532.JPG

今回はミドルリーダー向けの研修。
若手職員とどう接し、育成していくのかのアプローチ方法を探ります。
どの時代・どの世代でも「イマドキの若いもん」との関係性には悩まされます。

同級生は52歳のYも、かつては上司を悩ませたものですが(ごめんなさい)、今はYが「イマドキの若いもんが、ようわからん」です。

「よい関係性を築くために、その特性は知っておいたほうがいいわよね」と弘絵さん。
イマドキの若いもんに限らず、相手を知るには、自分がどうあるべきか、思考と感覚のバランスをとりながら、実践。

IMG_3536.JPG

Yもこれまで多くの企業研修を見学し、「女優」としての経験から、この「実践」「ワーク」とても大切だと感じます。
いや、ぶっちゃけテキストや情報はたくさんあるけど、最終的には「どんだけカラダにしみこんでて、反射できるか」だから。
「あったまばっかりでも かっらだばっかりでも だめよね」ってなところです。

IMG_3537.JPG

みなさんの姿勢や表情から、熱心に取り組まれているようすが伝わりますね。

IMG_3538.JPG

IMG_3539.JPG

IMG_3542.JPG

円形劇場よろしく、参加者のみなさんに取り囲まれてのシミュレーション。
緊張したでしょうね〜。
弘絵さんによれば、このワークでは、実践してくれた人はもちろん、見学者の人たちの「ふむふむ感」が、とてもよいものだった、とのこと。

受講生のみなさまの気づきの一部です。
まず小さなことでも毎日行動を継続し、習慣とすることで無意識の部分を変えることの重要性
ラポールを築くためのペーシングを活用することでロールプレイの際、話しやすくなったので職場に戻って実践したい
「自分を整える」ことの重要性。その時間を確保するためにも働き方改革に力を入れていきたい
「三信」「四力」を用いながら、「若手に気付かせる」という視点を持った働きかけをする必要性
若手の特徴と関わる上での難しさ、価値観や考えが異なるという前提で受け入れること

心理学用語を覚えればよいというものでもありません。
どこまで身体に落とし込めるか、だと思います。
だって、結局思考を超えたところの、感性・感覚が大きく影響するところだから。コミュニケーションって。


今回、弘絵さんのお話を伺いながら、そういえばそうだった、と思い出したことがありました。

研修の成功と失敗は、結局、担当者がどこまで研修を必要と考えているか、その熱意と行動なのです。

研修が「就業ノルマ」であってはならないし、講師を呼んで時間をつぶせば完了、と考えている研修担当者がいる企業は、少なくとも弘絵さんとは相性が悪いとYは思います。

言い方を変えましょう。

よい研修ができ、効果を出せる組織の研修担当者は、研修実施をと参加者の成功を「ジブンゴト」としてとらえることができる人です。
今回の担当者の方たちは、もちろん後者。

実は今回の現場担当は、研修担当1年生の方。
その上司の方がずっと弘絵さんに研修を依頼していて、これまでの担当者の方とともに、弘絵さんに全幅の信頼をおいて今回のオファーをくださり、先輩みなさんで担当1年生の方を支えておられた、とのこと。
Yさん、Tさん、Sさん、Mさんこの度はありがとうございました。
改めて、弘絵さんにかわり(ずうずうしくも)Yからお礼申し上げます。

組織研修は1回の講座受講で即、プロフェッショナルな効果がでるわけではありません。
1回の講座・研修は、あくまでもレクチャー、そして現場での習慣づけのヒントに過ぎないのです。
それを継続して行い、定着させ、ブラッシュアップしていく。
状況次第では、さらに弘絵さん(プロ)を介入させ、より組織を研ぎ澄ましていく。

少なくとも、それができる土壌を、担当者が作る。
持続可能な状況を維持・向上させておくことがとても大切です。

弘絵さんの思い出話を伺いながら、これまでYがちょこんとおじゃました研修やお会いした担当者のみなさまの情熱あふれる表情を、なんとなく思い出しておりました。
実際、新人研修を受講した人が十数年後、管理者になって、弘絵さんに研修を依頼したい、というケースは多くあります(Yの感覚値では半数くらい)。
研修での学びを実践し、管理者になるまで頑張れたからこそ、の、オファーなのでしょうね。

というわけで、人材育成を目的とした研修はさまざま対応可能でございます。
まずは御社の課題をお気軽にご相談くださいませ。
ニーズに合わせたオーダーメイドの研修プランをご提示いたします(弘絵さんがね)。


おまけ

Yの留萌のイメージは以下の通りです。

5187120_s.jpg

24509530_s.jpg

23933262_s.jpg

何だかんだ言って、甘エビでしょ。国稀とな。
posted by splanet at 15:56 | Comment(1) | S.PLANETのご紹介-企業向け-

2022年09月05日

9月S.PLOUNGE第1講座❣️ 知らずに損はイヤ!「お金」の豆知識

こんにちは。

今でも雨が降りそうな寒空ですあせあせ(飛び散る汗)
9月に入って朝夕めっきり涼しくなりました。


短い夏は終了!顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)ダッシュ(走り出すさま)
これからどんどん日が短くなり、寒くなるのですぅ…涙ぽろり



さて、気分変えて…目がハート

9月の第1講座…、
お馴染みヒロコ先生の「お金」の話です。

BAA31881-51F8-4A91-B248-8C7EE865C83B.jpeg


給与明細って真剣に見ることあります?


私の経験上、ただ増えた〜減った〜で、
それ以上ツッコまずに放置していましたバッド(下向き矢印)


しかし給与明細には情報満載なのです笑
3C8F3A21-F264-4C45-A347-16F568FF5D66.jpegA026995C-EDE9-47C4-9FEC-0890261D17FC.jpeg


手取り金額を自分で計算できたり、給与が同じでも徴収される税金が違ってたり、
更には給与が将来もらえる厚生年金に連動していたり…。

いろんな情報が隠されているのですあせあせ(飛び散る汗)


若い人たちの中で流行り(?)のiDeCoやふるさと納税は節税になるのか??などなど、
意外と知らなくて損していることがあるあるですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



銀行になんぼ預けても利子はないものと同じだし、
ではどのような「投資」が良いのか…てれてれ

D50FEC18-6076-4C33-A20C-71A3F33F7E2D.jpeg4656B42A-AD62-48DB-89B2-F4338A38A02F.jpeg

人それぞれの価値観や興味の度合いもあるでしょうから、
自分に見合ったライフプランを相談するのも有りでしょうね。


「老後を考えての終活を、自分自身のために始めるきっかけになった」
「初めて給与明細を計算することで、お金の大事さがより理解できた」
「お金とうまく付き合っていけるよう、さらに勉強したい」

など、いろんな気づき・発見があったようです黒ハートハートたち(複数ハート)

BAA31881-51F8-4A91-B248-8C7EE865C83B.jpeg

ヒロコ先生、ありがとうございます❣️



さて次回のS.PLOUNGE講座は9月30日(金)、
北海道大学教授の大原先生が初登壇❣️


日頃なかなか触れないテーマでSDGsにも直結する、一石三鳥(もっと??)の講座です。
ぜひご参加くださいねにこにこおやゆびサイン



068BDD4C-2B2B-4265-B91C-FB4004F9C119.jpeg
ふ…ん、知らないより知っていたいワン猟犬  byもぐみ

posted by splanet at 13:28 | Comment(0) | 日記

ページトップへ