2018年08月23日

【S.PLOUNGE】森うさぎで学ぶバルーンアートの技法 気持ちを形にする!

みなさん、こんにちは〜。

先日まで扇風機をしまい、
ストーブに火をつけたとかなんとかそんなお天気でしたが。

扇風機、また出しちゃいましたね。

さて!

クリニカルアート(臨床美術)で脳を活性化!

講師:表谷 明美 臨床美術士・POP広告クリエイター・VMDインストラクター
開催日時:2018年8月30日(木)(受付18:15〜)18:30〜20:45
開催場所:札幌エルプラザ(北8西3)4階 研修室3 ※当日は直接お越しください。
受講料:5,000円(チケット利用の際は1枚)
    材料はこちらで用意します。手ぶらでOK!
定員:8名様

アートすることで、脳は活性化され「心を癒す力」があります。

仕事の疲れ、ストレスの発散にも役立つアートで心と頭を癒しませんか?

臨床美術では、独自のアートプログラムに沿って絵を描く、
オブジェを作るなどの創作活動によって脳を活性化します。

IMG_0020縮小.jpg


オモテヤ先生です。

落ち着いてる人なのに、ふんわりとへっぽこ伝説を生み出します。
ワイワイと騒がしい、というわけでもなく、
しっとり落ち着いている、というのでもない。
なのに、なんだか一緒にいると楽しい人です。

S.PLOUNGEのクリニカルアート講座は、
オモテヤ先生がナビゲートし、いつのまにか童心に戻り、
右脳が超絶活性化されちゃう不思議な講座です。

ぜひお越しください!


お申込み忘れはございませんか?
ときどき「行くぞ!」と決められたのはよかったが、
お申込み忘れの方がいらっしゃいます。

いいですか? お申込みは、

ホームページのお申込みフォームから!

リーフレットの申し込み欄を記入し、FAXで!

弘絵さんにダイレクトにメール!

くれぐれも、

前に弘絵さんとちらっとそんな話をしたから、OK

手帳には書いてあるから、OK

テレパシーで弘絵さんに伝えたから、OK

なんてことがありませんように!

……せっかくの機会です。

もうちょっと多くの人に、ぜひとも受講していただきたい!

モデルさんであるきゅうりの準備の都合もございます。
いちおー、本日が1週間前ですので、〆切でございますが、

Yがきゅうりを自腹で購入しても!

まあ、いいよ。

本日23日(木)を過ぎちまっても。

1日でも早くお問合せ・お申込みくださいませ。


森うさぎで学ぶバルーンアートの技法
気持ちを形にする!

講師:風船の魔法使いエリサ 風船の魔法使い株式会社 代表取締役
開催日時:2018年9月11日(火)(受付18:15〜)18:30〜20:45
開催場所:札幌エルプラザ(北8西3)4階 研修室1 ※当日は直接お越しください。
受講料:5,000円(チケット利用の際は1枚)
定員:8名様

バルーンアートは、風船で造形する技術。
そして、空気を変えることのできる技術。

風船の魔法使い01.JPG

一本の風船がくるくるとカタチを変える様子は、まるで魔法。
その過程は目の前にいる人の心をとらえ、その作品は多くの方の心に残ります。

風船の魔法使い02.jpg

述べ2000人以上に指導してきた講師が、
わかりやすくていねいにお伝えするこの講座で、
あなたも風船の魔法使いになってみませんか?

風船の魔法使い06.jpg

S.PLOUNGEはアートと共に秋を迎えるって感じです。

きゅうりをパステルで描いた勢いで、
バルーンで森うさぎをつくってみます。

風船の魔法使い

弘絵さんのお友だちがご縁つなぎをしてくださり、
S.PLOUNGE初登場!

Yはまだお目にかかったことがなく、
オモテヤ先生のS.PLOUNGEで初めてお目にかかれるので、
(受講生としてご参加いただく予定なのです)
楽しみにしております。


で。

どうも「バルーンアートの人」というだけの見かたでは、
もったいない方のようです。
生き方そのものがステキな人な、予感。


弘絵さんも登場した「札幌人図鑑」にエリサさんも!
よかったらぜひ、ごらんになってみてくださいね。

で。

会ってみたい!

バルーンアートやってみたい!

と思われた方は、ぜひぜひS.PLOUNGEにお申込みくださいませ!

会ってみたいなら、8/30(木)・9/11(火)に!
バルーンアートを習ってみたいなら9/11(火)にお申込みくださいね。

Yでございました!

posted by splanet at 17:17 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」

2018年08月16日

洋子ママのこと。

d21bad89013cff7dfb976fabb89588ef_s.jpg

あでやかな、大振りの百合の花のような人でした。

NLPコーチング講座受講生で、
「すすき野 もくれん」のママ、河原洋子さんが、
8月2日(木)午前4時44分に永眠されました。

まずは大切なお知らせからお伝えします。


弘絵さんたちが発起人となり、
8月27日(月)に「偲ぶ会」が開催されます。
取り急ぎ、関係者のみなさまに弘絵さんが送ったメールを転載いたします。

ご都合のつく方は、ぜひご参加くださいませ。

この記事をご覧になって、参加を申し込まれたい方は、
ホームページの以下のフォームからご連絡ください。

S.PLANET お問い合わせ


【以下、引用です。】

ご案内申し上げます。
FBで既にご存知の方もいらっしゃると思います。
やっとちゃんとした形で、洋子ママを送ることができます。
再度瀬川からの案内です。参加可能な方は、このメールで返信してください。
尚ご友人等もご一緒に参加希望の方は、必ずご友人のお名前と連絡先もお知らせ願います。

★もくれんママこと
『故  河原洋子を偲ぶ会』の
日程をお知らせいたします。
日時 : 8月27日(月曜日)
             開式 : 18:30〜20:30
             (受付開始18:15〜)
場所  :  ジャスマックホテル5階 ガイア
会費 :6000縁

なお  会場の都合上、
お席に限りがございますので 、お早めのご出席メッセージをお願いいたします。
折り返し発起人より、直接メッセージさせていただきます。

受付は誠に勝手ながら18日までです。

又お申込み後、ご都合が悪くなられた場合は、必ず25日までにご連絡をください。
当日キャンセルはお食事の関係上、キャンセル料を承ります。
予めご了承ください。

ご供花を…とお考えくださる方は、祭壇生花として組み込まさせて頂きます。
その旨ご記載頂きますようお願い申し上げます。
(個々のご供花アレンジ・スタンドは、申し訳ございませんがお控え願います)

お時間の許される方は、
是非ともご一緒に洋子ママをお偲びくださいますようお願い申し上げます。

発起人 瀬川 弘絵
    嶋田 寛江
    瀬上 和代
    吉川 千鶴
    平田 陽子
    田村 麻由美

洋子ママのことを偲んだ文章を書いて、途中保存したら、消えた!

「かたぎじゃねえな!(ほめことば)」

とか書いたからかな。んもー! 洋子ママ!

意外に思われる方もおられるかもしれませんが、
このY、洋子ママにお会いしたのはおそらく5回程度です。

望年会が2回。

S.PLOUNGEに参加されたのが1回。

オフィスにふらりと弘絵さんを訪ねられ、
お団子だったか、大福だったか、若鮎だったか、
とにかく素朴でおいしいお菓子を
「これ! 丸井さんで売ってたの! おいしいから!」とお持ちくださり、
弘絵さんと洋子ママの談笑に、
おやつタイムだけ、ちょんとお邪魔したこと。

で、さっきここを書いたら消えちゃったんだけど、
ススキノだったか、どこかの街で夕方から夜の早い時間にかけて、
粋に着物を着こなした大人の女性を見かけました。

「わ、あの人、かたぎじゃねえな!(ほめことば)」

と思い、ふと、

「もしかして、知ってる人かな?」

と思い返し、

「あ、洋子ママ!」

と思ったものの、なにしろお会いした回数が少なく、
また、極端に人の顔を覚えるのが苦手なY、声をかけられませんでした。

……ここまで書いて、保存したら、今度はちゃんと残りました。
書き直してよ、ってことだったのね、ママ。

そう、そのときの洋子ママ、颯爽と、
「戦闘態勢」に入ったような、気合いをにじませた表情だったのです。


そんなわけで、Yは洋子ママの人柄のよさなどは、
弘絵さんや、周囲のみなさんからチラチラ聞くのみ。

望年会のときも、
S.PLANETの丁稚と二次会会場の店主、という関係ですから、
じっくりお付き合いする、
なんてことはありませんでした。

いつかアタイも、
弘絵さんに『何でもない日』にもくれんに連れててもらって、
じっくりのんびりお話しよう、なんて思っていたわけです。

洋子ママが救急搬送された日から、あちらに旅立ったときまで、
また今日まで、弘絵さんから、ほかのみなさんから、
洋子ママのエピソードをたくさん伺いました。

みなさんの目から止まらない涙と、
「洋子ちゃん、大好き!」が止まらない思い。
会えなくなってから、どんどんその存在感が増したような気がします。

世話好きで、明るくて、優しくて、
誰かのために「場」として存在するような人でした。

そう! ひとつ悔しかったこと!

Yは知らなかったのです!
洋子ママ、お料理上手だったんですってね!

望年会は一次会で、さんざんごちそうを食べた後だったので、
いつも「買った乾きもの」がオードブルとして並んでいたのです。
(少しだけ、サラダみたいのがあったような……でもY、丁稚業があったしなあ)

ママのお店「もくれん」には、
洋子ママに甘えたくて、お話したくて、
一緒にまったりと過ごして、「おいしいお料理」を食べたくて!
みなさんが集っていたのだそう。

……悔やまれる。

……肉体から離れて自由になった洋子ママが、
「Yちゃん、そこ?」とツッコんできそうですが、
そこですよ! ママ! ママのお料理! 食べたかった!


去年の望年会のときのこと。

YはS.PLANETの丁稚ですので、
一足先に洋子ママと「もくれん」へ向かいました。

ちょっと時間も押していて、
「ツルツル路面だけど、急いで」といった調子で、
まさに軍隊の上司と部下が、戦闘態勢を準備するために歩く、
そんな趣で歩いていたと思います。
Yも、久しぶりに感じる冬のススキノの風そっちのけで、
ビンゴ大会の段取りや何かのことを脳内でシミュレーションしていました。

「Yちゃん!」

洋子ママに声をかけられて、
意識がススキノの街角に立つ自分の身体に戻ってきました。

洋子ママの視線の先を見ると、
ものすごい数のスタンド花が並んでいました。

スタンド花に添えられたメッセージによると、
どうやらキャバクラ嬢さんのBIRTHDAYか何かのよう。

「はー、これが、あの」

呆けたツラで眺めていると、洋子ママ。

「行くよ」

「もくれん」にでは、ありません。
洋子ママはスタンド花が並ぶほうへ行き、
私も慌てて追いかけました。

洋子ママの、仕事の早いこと、早いこと。

状態のいい花ばかりを、さささっと選定し、

「よし、行こ」

ふたたび颯爽と歩きだした洋子ママを追いかけながら、
「姐さん! 俺、姐さんについて行きます!」
と思ったYだったのでした。

洋子ママが旅立った日の午後、
弘絵さんから洋子ママのお話をたくさん聞きました。

やるせない思いになることもありましたが、
どうでもいいこと、へっぽこで愉快なこと、
優しくて、楽しくて、明るくて、思いやりがあって、
ユニークで、マメで、大胆で、あでやかで。

亡くなった当日だというのに、湧いて出てくる楽しいエピソードの数々。

みんなが賑やかに楽しんでいるのを肴に気持ちよく1杯飲むような、
そんな懐の大きい人でした。

どうか、洋子ママにご縁があるみなさま、

「洋子ちゃんがさ、あのとき」
「そうそう! あったあった!」

そんな感じで、たくさんの洋子ママのキラキラした姿を、
語りながら思い出し、みなさまの胸に刻んでくださいね。

8月27日(月)の偲ぶ会への、たくさんのご参加をお待ちしております。



「中の人」Y 拝
続きを読む
posted by splanet at 16:49 | Comment(0) | 日記

2018年08月07日

8月30日(木)開催のS.PLOUNGE、クリニカルアートのモデルさん発表!

Yです!

58da4267c17aeee90f4682b69051ae82_s.jpg

……Yじゃないです。

Yは時計台の鐘が鳴る札幌の市民なので(札幌市民憲章より)、
正直申し上げますと、

寒い!

本日、半袖を着てきたことを、なまら後悔しております。
うっすらとラジオを聴いていると、どうやらYだけではないようですね。
酷暑や台風の話題を聴くにつれ、ホントに同じ国かな? と思ってしまいます。



クリニカルアート(臨床美術)で脳を活性化!

講師:表谷 明美 臨床美術士・POP広告クリエイター・VMDインストラクター
開催日時:2018年8月30日(木)(受付18:15〜)18:30〜20:45
開催場所:札幌エルプラザ(北8西3)4階 研修室3 ※当日は直接お越しください。
受講料:5,000円(チケット利用の際は1枚)
    材料はこちらで用意します。手ぶらでOK!
定員:8名様

アートすることで、脳は活性化され「心を癒す力」があります。

仕事の疲れ、ストレスの発散にも役立つアートで心と頭を癒しませんか?

臨床美術では、独自のアートプログラムに沿って絵を描く、
オブジェを作るなどの創作活動によって脳を活性化します。

IMG_5256.JPG

めんこいオモテヤ先生です。
いつもこんな感じ。トランクの中には魔法の品々が……。

IMG_5264.JPG

IMG_5266.JPG

IMG_5301.JPG

えー、こちら、もしよかったら過去の開催レポをご覧ください。

【開催報告】クリニカルアート(臨床美術)で脳を活性化!
(2017年11月06日開催)

どちらもパステルを使った平面画でした。
ちなみに前回は、かぼちゃ。

さて、今回は?

じゃん!

58da4267c17aeee90f4682b69051ae82_s.jpg

あ、間違った。

b92c9b38c8181e69b1161004adc781ce_s.jpg

きゅうりでございます。

ご存知ですか? きゅうり。

念のため、ウィキを貼っときますね。

今年、少し高値ですよね。

そんな!

高値の花、ならぬ!

きゅうり!

58da4267c17aeee90f4682b69051ae82_s.jpg

こちらを描きます。
※多分、顔には載せません。

注意点としては、
きゅうりアレルギーの方は、ご遠慮ください。
きゅうり嫌いの方は、ぜひご参加ください。

一度、徹底的にきゅうりと向き合ってみるのも、いいではないか。

もちろん、きゅうりについて悶々考える必要はありません。

最近、心がバタバタしてたなーと感じてたり。

なんだか他人に振り回されてイーってなってたり。

ほんのちょっと童心に返ってみたかったり。

認知症やうつ病の改善に役立つクリニカルアート(臨床美術)を体感してみたい!

弘絵さんに「もっと五感を使って!」と、ドヤされたり。

そんなみなさまにご参加いただけたらなー、とYは思います。

あ、改めまして、日本臨床美術協会のサイトから、
「臨床美術とは」というページのリンクを貼っておきますね。

単純なお絵描きなのに、
単純なお絵描き以上の感動が得られるのは、
臨床美術士のガイドに沿って描くから。

IMG_5256.JPG

この方、オモテヤアケミ先生ありきの講座です。
お楽しみにね!

みなさまのご参加、お待ちしております!

posted by splanet at 12:08 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」

2018年08月02日

【S.PLOUNGE】クリニカルアート(臨床美術)で脳を活性化!

9fa8098c5bf5d7053bcf2e4dd5c3f1e2_s.jpg

Yでございます。

Yの脳内は、こんなシーズンに突入です。

それにしても、昨日の午後から急に「札幌らしい夏」になってきましたね。
日陰に入ると、ひんやりします。
空は、絵筆でサッと描いたような薄い雲です。

秋?

いやいや、いやいや。

まだ夏です。

さて! 夏のS.PLOUNGE!




クリニカルアート(臨床美術)で脳を活性化!

講師:表谷 明美 臨床美術士・POP広告クリエイター・VMDインストラクター
開催日時:2018年8月30日(木)(受付18:15〜)18:30〜20:45
開催場所:札幌エルプラザ(北8西3)4階 研修室3 ※当日は直接お越しください。
受講料:5,000円(チケット利用の際は1枚)
    材料はこちらで用意します。手ぶらでOK!
定員:8名様

アートすることで、脳は活性化され「心を癒す力」があります。

仕事の疲れ、ストレスの発散にも役立つアートで心と頭を癒しませんか?

臨床美術では、独自のアートプログラムに沿って絵を描く、
オブジェを作るなどの創作活動によって脳を活性化します。

IMG_0020縮小.jpg


オモテヤ先生です。

落ち着いてる人なのに、ふんわりとへっぽこ伝説を生み出します。
ワイワイと騒がしい、というわけでもなく、
しっとり落ち着いている、というのでもない。
なのに、なんだか一緒にいると楽しい人です。

S.PLOUNGEのクリニカルアート講座は、
オモテヤ先生がナビゲートし、いつのまにか童心に戻り、
右脳が超絶活性化されちゃう不思議な講座です。

ぜひお越しください!


以前、こんな記事を書きました。

【炎上必至?】え? だってツールだよ?

「オトナ」とか「分別」とか、
そういうものを守ろうとするあまりに、
「いたいけな自分」が悲鳴を上げていませんか?
いつもいつも緊張して、
すべてが「味わう」ではなく「こなす」な状態。

もちろんやむを得ない側面もあるでしょう。

でも、ほんの少し「ホントの自分」に戻ったら、
ココロが軽くなるかもしれません。

YはS.PLOUNGEのアート系の講座を眺めていて、

「没頭という、快楽」

ということばが閃きます。

クリニカルアートはもちろん、
三花先生の「京の花活け」もそうですし、
未体験ですが、風船の魔法使いエリサさんの講座も、
おそらくそうかと思います。

上手く作品を仕上げよう、なんて考えなくていいんです。

ただ、目の前にあるものを見て、感じて、
感じたままを形としてアウトプットしていく。

例えばYは、クラシックバレエのおけいこで、
そんな時間を味わっています。

頭の中が、ひたすらに音楽とカウントだけになって、
よけいな段取りや調整や判断や、
そういう「オトナ」な部分が消えていく感じ。

おけいこが終わると、スッキリしています。

いかがでしょう?

ぜひ、みなさまもそんな時間を味わいに来てくださいね。

老若男女問わず受講していただけます。

子どもちゃん、お孫ちゃん、
じーじ・ばーばも、妙齢女子もオッサンも、
楽しいひとときを、ぜひぜひどうぞ。

posted by splanet at 12:33 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」

ページトップへ