2018年06月19日

「認定」か、否か。

どうも。Yでございます。
サツエキ〜大通界隈を歩いていると、

ビアガーデン

の文字を目にするシーズンになりました。

9fa8098c5bf5d7053bcf2e4dd5c3f1e2_s.jpg

みなさま、肝臓と内臓脂肪のあんばいは、いかがですか?

まずは、任務を遂行しますね。


お申込み忘れはございませんか?


2018年6月29日(金)
「超」結果手帳 + 方眼ノートの活用
結果を出している人の秘密  

「超」結果手帳って何?
脳の仕組みを理解する
意識構造を理解する
フローマインドとアンガーマネジメント
出来る人のPDCA

講師:村上 隆昭
開催日時:2018年6月29日(金) 18:30〜20:45
開催場所:S.PLANET(南1西3 札石ビル4階)
受講料:5,000円(チケット利用の際は1枚)
定員:8名様 (残り4名様分)


2018年6月30(土)
即実践に繋がる 少人数で学ぶ!
ビジネスリーダー育成研修
潜在意識を理解するNIC理論
フローマインドとアンガーマネジメント(実践編)
セルフコーチング力をアップする
問題解決実践ワーク
未来を創るGPSワーク

講師:村上 隆昭  
開催日時:2017年6月30(土) 14:00〜18:00
開催場所:S.PLANET(南1西3 札石ビル4階)
受講料:10,000円(チケット利用の際は2枚)
定員:6名様(残り2名様分)

「何のために、働くの?」という問いに、
光るヒントが得られるかもしれません。

両日参加される方は、ぜひお得な3回チケットをお求めください。




【2,000円ポッキリ講座】
「仕事」と「私事」に役立つおためしNLPコーチング

講師:瀬川 弘絵 人財育成デザイナー(S.HRDデザイナー)
開催日時:2018年7月26日(木)(受付18:15〜)18:30〜20:00
開催場所:S.PLANET(南1西3 札石ビル4階)
受講料:2,000円(当日現金でお支払いください。チケット利用不可)
定員:8名様

S.PLANETの学びの主軸「NLPコーチング講座」は、
いよいよ2018年下期講座がスタートします。

初級・中級・上級とステップアップしていく連続講座がどのような内容と雰囲気なのか、
気軽に体験してみませんか?

「そもそもNLPって何?」と感じている人の入門講座としてもおススメ!


意思表示のみで、正式なお申込みがまだな方もおられるようです。
お申込み済みなものの、振込が完了されていない方もおられるようです。

なるべくお早めに完了しちゃってください。
で、特に村上先生の講座では「『超』結果手帳」が割引特価で買えちゃうので、
そちら含めて、ご検討・お申込みくださいね。



さて。

先日、オフィスで仕事をしいしい、
S.PLANETのNLPコーチング講座のようすを伺うことができました。

このブログでも何度か申し上げておりますが、
Yは受講生ではありません。

こちらに丁稚奉公することになったのも、
もともとは受講生だった元職場の先輩(某広沢かつみ先生)の、
「いま、ヒマぁ?」
の一声から始まったのでした。

さて。

はからずも耳ダンボで伺うことになった講座は、中級。

しかも最終日の「模擬セッション」のようすでしたよ。

どんなようすだったかって?

いやもうね。

深い!

奥深いッス。

感じたことはもろもろあるのですが、
今日みなさまにお伝えしたいことだけ書きますね。


これまでに学んだことを、では実践してみましょう、
という時間でした。

ネタバレになっちゃうかもだけど、許してもらって。

受講生ひとりあたり15分の持ち時間で、
1対1のセッションを行います。

これまでに学んだコミュニケーションスキルをさまざま駆使し、
相手の現状を見える化し、目標を再構築する、
というもの(のようでしたよ)。

いやあ、これが、

難しい!

実はね、
上級クラスを何度も受講されている方もいらっしゃるのです。
もちろん、初級から、ひょい、と上がりたてほやほやの方も、
また、どうやら何度か受講はしているけど、
やむなくお休みをするなどし、修了されていない方もおられるようで。

本来業務にあたりながら、
左耳をダンボにし(空は飛ばない)、Yは戦慄しながらようすを伺っておりました。

あ。

いちおうお断りしておきますが、
怖い講座ではありません。

弘絵さんに泣かされるとか、そーゆーのもなさそうです。
むしろ弘絵さん「優しいモード」です。

もっとも、フィードバックの際に、
具体的に指摘するなどはあるから、いや、でも、
熱い(松岡)修三系の弘絵さんも知っているYからすると、
おだやかなサロンにいるような時間ではあったのですよ。

念のため。

それでも、

コミュニケーションって
難しいもんだなあ

って、しみじみ感じたのです。

ひとつボタンの掛け違いが発生すると、
どんどん取り返しがつかなくなっていく。

逆に、相手の心の井戸に、ひとつ光る石を投げこむと、
パーッとその人から光が差し込む。

コミュニケーションとか、コーチングとか、
相手の中の光を引き出すことだよなあ、
とかダンボなYは思ったわけです。

それと、もひとつ。

コミュニケーションって結局身体表現で、
上手にやろうと思ったら訓練せねばダメだべ、
ということ。

自然に訓練しささる(北海道弁)ならいいのです。

でも、意外に難しい。

コミュニケーションのチャンスが多くても、
時間的・感情的・その他もろもろの要因で、
「安心して」「安全な場所で」「チェックを受けながら」
というのは、実は講座のような場にわざわざ出向かなければ、
できないでしょう、ズバリ、とYは感じました。

ふむ〜。


で、つい昨日のことなんですが、
何気なく眺めていたブログに、こんな記事がありました。

DLS教師のためのバレエ解剖学講座が
「認定」ではない理由ダンサーズ・ライフ・サポート/佐藤愛さんの記事)

S.PLANETのNLPコーチング講座も「認定」ではありません。
頑張って受講した結果、「修了」は、あります。

当初、Yは
「……弘絵さん、集客したかったら、認定にせねばダメじゃね?」
と感じておりました。

何度か質問もしてみました。

で、そのときの返答は、
この記事と同じことでした。

よかったら、ぜひリンク先をご覧いただきたいのですが、
バレエ用語がチンプンカンプンで、途中で読めなくなるのもアレなんで、
抜粋しますね。

(略)

どの先生が一番か?というのは肩書からは分からないのです。

ワガノワメソッドの指導法を勉強している人と、
海外のバレエ団でプリンシパルを務めた人。
プロを育てている人と、
障がい者や高齢者にバレエの素晴らしさを教えている人。

どの人に指導してもらいたいですか?
というのは生徒の目的によって変わります。

私にとって資格はあまり意味のあるものではありません。

例えばね、日本「だけ」で見れば私は高校卒業しただけだし、
英検も3級までしか持ってません。
だけどこっちで様々なdiplomaを持っているし、
自分のビジネスを一人で長年経営するだけの英語力があると思っています。

だけれど、
マッサージ協会メンバーには8年以上かかわっていますから、
このような組織やシステムの大切さも分かります。

医学に関していえば、人の健康を預かるんですもの、
しっかりとした制度が整っているべきです。

ただ、バレエ教師で見たときに、
解剖学で100のことを知っているだけの先生になるのならば、
3しか知らなくてもその3つをしっかりと毎日の指導に使える先生の方が
「解剖学的に指導している」ことになると私は考えます。

何かが身についていないまま形だけ
「終わらせる」ことに意味はないのではないか? と思うのです。

だって一生勉強だから。

(略)

思考の押し付けはしませんが、
認定されたい人はDLSコースの受講をお勧めしません。

「1回ですべて与えてもらえる」と思ってる人にもお勧めしません。

自分でいっぱい考えてもらうし、積極的に復習してもらいますので、
そのような事が苦手な人もご遠慮ください。

今までの経験を最大限に利用して、生徒と向き合いたい人。

プロでなくても、
大人バレリーナさんでも安全にレッスンを受けてもらいたいと強く思う人。

指導者、つまり指し示し、導く者としての自分を磨きたい人。

お待ちしております。

実は弘絵さん、
「認定」を出す気になれば出せるのです。
また、公表していない「認定」もたくさんお持ちです。

でも、DLSの愛さんと同じ考えで、
「認定」を出してないのですって。

もちろん「認定」がクソ、とか言いたいわけではありません。

Yがお伝えしたいのは、
S.PLANETのNLPコーチング講座は、さまざまな立場の人が、
自分のための学びを実践する、実践し続ける場なのですよ、
ということです。

なので、各クラスを何度も反復受講される方もいらっしゃるし、
上級から初級に戻る方もおられます。

「安心して」
「安全な場所で」
「講師の注意が行き届く人数で」
「ていねいにチェックを受けながら」

それがS.PLANETのNLPコーチング講座の特色です。

もしよかったら、7月の「おためしNLPコーチング講座」を受講してみてくださいね。

posted by splanet at 11:55 | Comment(0) | 日記

2018年06月12日

【S.PLOUNGE】【2,000円ポッキリ講座】「仕事」と「私事」に役立つ おためしNLPコーチング

Yでございます。

もうひとつの奉公先で、麦茶をつくるたびに札幌が冷え込みます。

どゆこと?

SNSを眺めていても「ストーブ出すべか?」なんてつぶやきが。

札幌の美しい季語「りら冷え」というにも、ズレてます。

「えぞ梅雨」ですかね?

冴え冴えして美しい季節、とも言えますが、
まあ、概ね鬱陶しいと感じられることでしょう。

なら!

IMG_4453.JPG

この人から、元気、もらっちゃいましょうか。

その前に「夏のムラカミ」のお知らせ。

お申込み忘れはございませんか?


2018年6月29日(金)
「超」結果手帳 + 方眼ノートの活用
結果を出している人の秘密  

「超」結果手帳って何?
脳の仕組みを理解する
意識構造を理解する
フローマインドとアンガーマネジメント
出来る人のPDCA

講師:村上 隆昭
開催日時:2018年6月29日(金) 18:30〜20:45
開催場所:S.PLANET(南1西3 札石ビル4階)
受講料:5,000円(チケット利用の際は1枚)
定員:8名様 


2018年6月30(土)
即実践に繋がる 少人数で学ぶ!
ビジネスリーダー育成研修
潜在意識を理解するNIC理論
フローマインドとアンガーマネジメント(実践編)
セルフコーチング力をアップする
問題解決実践ワーク
未来を創るGPSワーク

講師:村上 隆昭  
開催日時:2017年6月30(土) 14:00〜18:00
開催場所:S.PLANET(南1西3 札石ビル4階)
受講料:10,000円(チケット利用の際は2枚)
定員:6名様

「何のために、働くの?」という問いに、
光るヒントが得られるかもしれません。

両日参加される方は、ぜひお得な3回チケットをお求めください。

みなさまのご参加、お待ちしております!


で!

【2,000円ポッキリ講座】
「仕事」と「私事」に役立つおためしNLPコーチング

講師:瀬川 弘絵 人財育成デザイナー(S.HRDデザイナー)
開催日時:2018年7月26日(木)(受付18:15〜)18:30〜20:00
開催場所:S.PLANET(南1西3 札石ビル4階)
受講料:2,000円(当日現金でお支払いください。チケット利用不可)
定員:8名様

S.PLANETの学びの主軸「NLPコーチング講座」は、
いよいよ2018年下期講座がスタートします。

初級・中級・上級とステップアップしていく連続講座がどのような内容と雰囲気なのか、
気軽に体験してみませんか?

「そもそもNLPって何?」と感じている人の入門講座としてもおススメ!


7月はこの1講座でございます。

上期の初級も楽しく学び中のごようすでございます。

もうひとつの奉公先でも、
弘絵さん周辺の、はたまたYのプライベートシーンでも、
コーチングの重要性や、
さまざまなコミュニケーションスキルへの興味は、
どんどん深まりつつあります。

少し前(5年〜3年、としましょうか)までは、
コミュニケーションスキルのテキストを読み、
自主的に実践される方が多かったように見受けられました。

でもね、この1年くらいは、

机上の学習で知識は得たが実践が不足
知識はあるけど、うまく実践できない

……あら、同じだ。

でも、ホントにね、この1年くらい、
「知識のみの学び」で傷ついた人が、ホンっとにたくさんいて!

ちょっと勉強したけど
何にも変わらない

と、嘆くわけです。

Yは思うのです。

コミュニケーションって、ある種の芸術表現ではないか、と。

芸術表現であるからには、
地道な基礎訓練が永続的に必要なのではないか、と。

思うまま表現するのもよいでしょう。

それで人の心を打つことも大いにあり得ます。

それでも、そこに「確かな技術」が加わると、
その伝達量は、膨れ上がります。

表現が届きやすくなる。

表現が誰かに届けば、
また増量してこちらに還元される。

そのキャッチボールがコミュニケーションなんでないべかー? と。

Y自身、
言語コミュニケーションと
非言語コミュニケーションの基礎訓練を受け続けています。

ちょっと話が逸れた印象かもしれませんが、
「冬のムラカミ」の際、方眼ノートメソッドのお話で、
びっくりするような発見がありました。見落としを、拾った、みたいな。

ノートや手帳を使いこなせていないのは、
その書き方を教わっていないから。

コーチングも、コミュニケーションも。

「俺の背中を見て盗め」の時代が終焉を迎えて久しい今。

いかがでしょう?

いきなり受講するのはちょっとなー、と感じた方、

2,000円ポッコリ!

あ、間違った。それはYの腹です。

2,000円ポッキリ!

中級・上級のOG・OBのみなさまも、
おさらいを兼ねてぜひご参加くださいね♪





posted by splanet at 11:23 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」

2018年06月07日

何のために、働くの?

Yでございます。

まずは日本全国、夏に向けて着々と進んでおりますな!

9fa8098c5bf5d7053bcf2e4dd5c3f1e2_s.jpg

Yは人生訓として「酒が飲めるぞ音頭」を採用しておりますので、
もちろんシーズンに合わせて酒に思いを馳せるのですが、今はやっぱり、

ビア!

です。


先日、Facebookでの朝のご挨拶でちょっと触れましたが、
とある企業(出版・商品企画・販売)で興味深い求人がありました。

職種は秘書。

地方都市で農業も行いつつ、
暮らしや生き方の提案を発信するような企業です。

本社へ30分以内に通勤できるか、引っ越しが可能であること。
農耕や、編集部で一緒に暮らす犬の散歩等の業務もあること。

で。

ここからが、度肝抜かれる。

試用期間中は、
無給。

さらに、

試用期間中の学びに、
お金を払ってください。

という条件。

実はこの求人。
あまりに反響(賛否両論)が大きく、
数日後に取り下げられてしまいました。
※この条件での求人は取り下げられ、求人そのものは続いているようです。

Yは求人広告をリアルタイムで見て、さらに補足記事も読んでおります。


Y自身、この企業の一ファンであり、
このアイデアは画期的だ! と思いました。


Y自身、もうひとつの奉公先では、
なんでか「人事教育担当」および「採用担当」です。

ですから、もう、くびがもげるほどうなずいたのです。この記事に。

うちのシャチョー(弘絵さんではなく、もうひとつの奉公先の)も、
試用期間中のコたちが問題行動を起こしたり、
それに対して在職チームがキーってなるたび、言うのです。

あのコたちさあ、
何でうちの会社に来たのかなあ。

仕事したくて来たんじゃないのかなあ。

仕事の技術を身につけたくて、
その結果で報酬を稼ぎたくて来てんでしょ?

なのに、やるべきこともやらないで、
平気で帰っちゃうしさ。
何で? って聞いたら
パワハラだって騒ぐしさ。

もう僕、
どうしていいかわかんないんだけど、Yさん。

……Yにも。

どうにも、こうにも。


前述の求人は、ちょっと違うニュアンスだったのかもしれません。
もともと、こちらの企業の代表が、
とあるリトリート施設を利用した際、そこのスタッフが素晴らしい働きっぷりだった。

その秘密はどこにあるのか、と探ってみたところ、
「1年間の試用期間、食・住は保証するが、無給である」
というところに、なにかしらのヒントが隠されているのではないか、
という仮説から、今回の求人にいたったようなのです。

「何のために、働くの?」

ある人は、自己実現、と答えるでしょう。

生活のため、かもしれません。

研鑽を積む。

人と出逢う。

退屈だから。

結婚相手を探す。

学校を卒業したから。

その集団で扱っているモノが大好きだから。

労働者(プロレタリアート)の立場では、
このような感じ。


経営者(ブルジョワジー)から見ると、ではどうか?


ミッション遂行を
手伝って欲しい。

Yは、これ以外、ちょっと想像ができません。

「何のために、働かせるの?」

Yは経営者の人と多く話すことはありますが、
Y自身はバリッバリの労働者です。

本業はおそらく「芸術家」というカテゴリーです。

事務所を構え、スタッフを雇う可能性はゼロではありませんが、
「経営者」には、ならないんじゃないかなあ。


ものすごいスピード(フレッツ光くらい)で時代が変化しています。

ライバル会社同士がコラボレーションをしたり、
企業間でのインターンシップも行われつつあります。

ベーシックインカムという言葉を、ときどき見かけます。

働かざる者、食うべからずって、どういうことですか?

硬貨と紙幣がなくなる、という話にリアリティを感じます。

学歴という言葉が必要ない人たちがたくさん出てきつつあります。

資金調達のためのクラウドファンディングが盛んです。

終身雇用制度って、知ってます?

24時間闘えますか? ってビジネスマンがワクワク唱えていた時代がありました。

学び・お金の流れ・人々の生き方が、
どんどん変化しています。

Yの本業でも、かつて「問屋」さんに認めてもらわなくては、
まるで始動できない時代がありました。

現在、Yの本業フィールドは「オワコン」と呼ばれ、
かつて問屋さんを介して活躍していた人たちが、
直販に移行しつつあります。

※オワコン:終わったコンテンツ の略


では、もう一度伺います。

何のために、働くの?
何のために、働かせるの?

それぞれのお立場で、ちょっと思いを巡らせてみてください。
面白いですよ。

ちなみにYは、

それどころじゃねえ!
7月のイベントの準備で死にそうじゃ!

です。ばんがります。


ちなみにS.PLANETにおけるYの仕事を遂行します。

2018年6月29日(金)
「超」結果手帳 + 方眼ノートの活用
結果を出している人の秘密  

「超」結果手帳って何?
脳の仕組みを理解する
意識構造を理解する
フローマインドとアンガーマネジメント
出来る人のPDCA

講師:村上 隆昭
開催日時:2018年6月29日(金) 18:30〜20:45
開催場所:S.PLANET(南1西3 札石ビル4階)
受講料:5,000円(チケット利用の際は1枚)
定員:8名様 




2018年6月30(土)
即実践に繋がる 少人数で学ぶ!
ビジネスリーダー育成研修
潜在意識を理解するNIC理論
フローマインドとアンガーマネジメント(実践編)
セルフコーチング力をアップする
問題解決実践ワーク
未来を創るGPSワーク

講師:村上 隆昭  
開催日時:2017年6月30(土) 14:00〜18:00
開催場所:S.PLANET(南1西3 札石ビル4階)
受講料:10,000円(チケット利用の際は2枚)
定員:6名様

「何のために、働くの?」という問いに、
光るヒントが得られるかもしれません。

両日参加される方は、ぜひお得な3回チケットをお求めください。
また、3回チケットを以前購入され、
期限が迫りつつある方がいらっしゃるようです。

もったいないよ〜。

1枚あるなら6/29(金)の講座、
2枚あるなら6/30(土)の講座、
もしくはお手元のチケットに単発分を購入し、
気になる講座を受講されてはいかがでしょうか?

ここだけの話、
経営者オフサイトミーティングのご案内に同封した
「ご招待」を利用するのもよろしいかと存じますです。

してまた、あれね。

それに単発分を買い足せば、またたくさん受けられるから。

みなさまのご参加、お待ちしております!
続きを読む
posted by splanet at 11:38 | Comment(0) | 日記

2018年06月05日

【開催報告】6/2(土)京の季節を五感で味わう花活け

Yでございます。

先日のS.PLOUNGEのレポの前に、これからのS.PLOUNGEの件!

いよいよ月末開催です。
6月中に決めておくことが2019年以降に影響してきます。

目標を達成したい!
結果を出したい!
人生を楽しみたい!

とお思いの方、

「手帳が変わると
 なぜ結果が出るのか!」

そのヒントをお伝えいたします。

ご参加お待ちしております。

6/29(金)開催の
結果を出している人の秘密
「超」結果手帳+方眼ノートの活用

村上先生もそうおっしゃっております。
みなさま、ふるってご参加くださいね。



本題に戻りましょう。

KIMG3832.JPG

さりげなくて、めんこいっしょ?

さる6/2(土)は三花先生が来札!
クレマチスをメインにお花を生けましたよ。

まずは受講者の声をご紹介しますね。


【受講前】
今日はどんなお花に出会えるのか楽しみです。

【受講後】
グリーンの濃淡が初夏を感じ、森林浴をしたような気分です。
ひと枝ごとのきれいなところを探すのも楽しかったです。

小さな枝ひとつあるだけで、その場の空気が変わりますね。
残った材料のすてきなところを探して生けてみます。
ありがとうございます。


【受講前】
心がなごむひとときを過ごしたい。
季節感を体で感じたい。

【受講後】
花材は同じでも、枝ぶりや花・葉の付き方などは同じものはないので、
それぞれの花材の魅力を見つけ、引き立てる楽しさは格別でした。
花を活かすことの楽しさを感じることができました。

2度目の活花でしたが、今回も癒されました。
毎回、知らない京の花材を手にすることができ、嬉しいです。
またよろしくお願いします。


KIMG3833.JPG

というわけで、この日のお花は6種類。

ドウダンツツジ
クレマチス アンナピンク
青葉ギボウシ
ウイキョウ
ベビーハンズ
粟(アワ)

ドウダンツツジは枝もの。
高さがあり、よく生垣で見るようなお花もっさり!
ではなく、葉とその空間をめでるような存在感がありました。

KIMG3837.JPG

ちょっとした小どんぶりくらいの大きさの花器。
高さがあるのに、大丈夫?

KIMG3836.JPG

KIMG3838.JPG

三花先生から、それぞれのお花の特性を伺い、
さあ、活けます。

KIMG3841.JPG

これ、ウイキョウ。
フェンネルという名前のスパイスでもおなじみです。

三花先生のクラスでは、こんなふうに、
匂いもコーディネートしてみるのです。

KIMG3853.JPG

気合い、入ってます。

KIMG3860.JPG

黙々と。

KIMG3862.JPG

視点を変えます。

KIMG3863.JPG

ふむー。

KIMG3864.JPG

いいんじゃない?

……というわけで。

KIMG3870.JPG

こちら、シンゴジラ氏の作品です。

KIMG3875.JPG

こちらはNさんの。

前回も思ったけど、同じ花材を使っても、
違うんですよー。

写真より、実物が

わ、違うねー。

が、伝わります。


KIMG3877.JPG

三花先生のおみやげ
「一度口に入れると、何度でも手を出したくなる」
キケンなクッキーをお茶請けに、ティータイム。

Yはデザイン学習の一環として、一度だけ生け花を体感したことがありますが、
そのときと違うなーって思ったことがありました。
生けたお花を飾る場所を意識する。
花材がいちばん美しい角度を見つける。

ここまでは同じ。

三花先生の言葉は、こうでした。

「紅葉したあとの枝すら、美しい」

咲きたてのお花や、切りたての葉の瑞々しさは、もちろん美しいです。

でも、枯れゆく葉や、花びらが落ちていくようす、
そして、朽ち果てるプロセスにすら感じられる「美」。

この世に生きるすべてのものへの敬意のようなものをYは感じましたよ。

形を整えるために切り落とした枝も、
三花先生はかわいい小さな動物を見るように、
一輪挿しに生けていました。

おまけ。

生けたお花はもちろん持ち帰れます。
で、こちら、

IMG_7396.jpg

シンゴジラ氏の作品。

イイネ!


以前の講座レポでもお伝えしたかなーと思いますが、
三花先生「京の山遊び」の主宰もされています。

ホッカイドウの雄大で、ややアメリカナイズされた
「ヒャッホウ!」なアウトドアもよいけれど、
この地にいると忘れがちな「日本の文化」に触れる時間になりそうです。

京丹後の地で、野山を散策し、
土地の恵みをいただきながら楽しむ時間のようですよ。

お知らせできるタイミングがきたら、
ぜひご紹介しますね! 乞うご期待!


あ!

花活けに似た五感活性の講座、
オモテヤアケミ先生による「クリニカルアート」は、
8/30(木)エルプラザにて開催されます!

今回の花活けに参加できなかった方、
クリニカルアート大好き! な、あなた!
それは、うまいもんかい? というポンチなあなた!

ぜひふるってご参加くださいまし!

まじ楽しいから!

posted by splanet at 11:14 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」

ページトップへ