2018年02月27日

【開催報告】クリニカルアート(臨床美術)で脳を活性化!

IMG_5948.JPG

ども。Yです。

そだねー。

まだ指摘を受けておりませんが、
北海道弁と言えば、北海道弁でしょう。
軽く検索してみたところ関西弁の「せやな」に近いニュアンスとか。

Yの場合、

んだな。

です。

「そだねー」解説の中に「浜ことば」であるというものがありました。
Yは浜と東北がごっちゃになっているので、微妙に異なるのです。

というオリンピックも終わり、
ぽけーっとなっている方も多いのではないでしょうか?
折しも「パシュート」で盛り上がった翌日の2/22(木)、
札幌エルプラザにてS.PLOUNGEが開催されましたよ。

S.PLOUNGEの人気講座、
クリニカルアート(臨床美術)でございます。

IMG_5992.JPG

いつもめんこい、講師のオモテヤ先生です。


【受講前】
クリニカルアートの立体は初めてなので、
とても楽しみです。

IMG_5990.JPG

【受講後】
カボチャの立体クリニカルアート作製は良い体験になりました。
参加して良かったです。
愛着がわいて食べたくなりました。


【受講前】
初の3D。ワクワクドキドキしています。
どのようなかぼちゃになるかとても楽しみです。

IMG_5991.JPG

【受講後】
3Dは難しかったですが、無心になって作成していました。
色の選び方、ちぎり方、多少迷いましたが、
先生から自由に作成していいといっていただいたので、
のびのび作ることができました。


【受講前】
立体は初めてなので、うまくできるかちょっと心配でしたが、
楽しみにしてました!

IMG_5989.JPG

【受講後】
小学生の時の図工をなつかしく思い出しました。
とても楽しかったです。


IMG_5958.JPG


今回はシリーズ初の「3D」作品!

IMG_5998.JPG

モデルさんたちは、かぼちゃ。

IMG_5982.JPG

オモテヤ先生、イチオシのお菓子。

IMG_5987.JPG

三幸製菓です。

わさびチーズのおかきでした。ウマ!

IMG_5983.JPG

昭和の時代、
おばあちゃんが孫のためにがんばって洋菓子を買っといた、
という場面で大活躍のブルボンのお菓子。

エリーゼ・ルマンド・チョコリエール・ホワイトロリータ……。

そんなおやつをいただきながら、

IMG_5958.JPG

オモテヤ先生の手先が高速過ぎて見えなくなってます。

これまでパステル画を楽しんできましたが、初の3D!
わたくしYもどうなることやらとワクワクしていましたが、

作る人の自由に、楽しく

ひたすら対象物に集中する

出来上がると、あら不思議

は、これまでと変わりませんでした。
安定の楽しさ。

とはいえ、やはり立体。

対象物を感じ取る(インプット)は同じでも、
手の動かし方が変わる(アウトプット)と、
とたんに「あら」「あれれ」と戸惑いの声が。

みなさん、無心に楽しんでましたよ。


オリンピックでも某国のチームの監督・選手が

編み物

をしていて話題になっていましたが、
Yはクリニカルアートを楽しむみなさんのようすを伺い、
それ、ちょっとわかる気がしました。

何かに没頭するとか、集中するとか。

日常や仕事を離れたところで、
いつもと全然違う言葉が脳内を駆け巡り、
やがて思考に言葉がなくなる感じ。

五感が、そのまま思考になるような。

感覚だけになるような。

Yも編み物をしますし、バレエもそんな感覚になります。
記号やリズムだけが支配する静寂、というのかな。

すっごく気持ちイイです。

そしてクリニカルアートでは「どの作品もすべて正解」ですからね。

すっごく気持ちイイです。

おまけに対象物との向き合い方が、シンプルだけど、深い。

すっごく気持ちイイです。

次回は8月開催予定です。

何を作るのかな? フフフ。お楽しみに♪

posted by splanet at 12:41 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」

2018年02月19日

【開催報告】北海道新聞 販売所マナー研修!

こんにちはー。
「さすらいのお手伝い」「流しの事務員」中の人・Yです。

KIMG3671.JPG

そろそろ季節の風物詩のような印象すらある、
北海道新聞販売所マナー研修が今年も開催されましたよ♪

【開催報告】北海道新聞 販売所マナー研修! 2017

KIMG3672.JPG

北海道新聞販売局主催のこの研修。
20世紀から続く(!)伝統の講座でございます。

……って!

ホントにすごいことです。

基本と応用の2段階があり、
Yが見学させていただいたのは基本講座でした〜。

KIMG3674.JPG

弘絵さんの研修の特色。

机、とっぱらい。

全員がキャスト。講師との双方向コミュニケーションが原則です。

ま、言い方を変えるとサボれない。ククク。

KIMG3675.JPG

まずはリーダーを決めます。
こういうとこ、ちょっとゲームみたいで楽しいです。

まずはグループ単位でテキストに沿って課題の「解」を出し合います。

そして恒例の……

スマイル!

KIMG3682.JPG

スマイル!

KIMG3683.JPG

スマイル!!!

KIMG3691.JPG

はい!
休まない!
もっと
テンポよく!

KIMG3699.JPG

さまざまなワークで受講者の心を解きほぐしつつ、
マナーの基本をおさらいします。

KIMG3700.JPG

午前中は身だしなみをチェックしいしい、
「嬉しい」のギフトを届けるワークなど。

KIMG3705.JPG

Y、最大の関心事。
いつもごちそうさまです。

ペロリ。

当然、完食です。

間食じゃないよ。

おなかがくちくなったところで、午後の部開始。

KIMG3707.JPG

この恐ろしげなマシン。

「電話の自分の声が録音できちゃう装置」。

いつもの名乗りをやってください。

KIMG3709.JPG

こんなふうに受電して、聞いてみます。

……自分の声。

今回の受講生のみなさんは、
あまりリアクションが大きい方ではありませんでしたが、
最後のひとことで、このワークがいちばん印象に残ったとお話されていました。

KIMG3713.JPG

時間の都合上、有志が犠牲に電話ロープレを体感します。

そしてまた、自分の声を、応対を聞くんです。


KIMG3715.JPG

そしてクロージング。

ひとり一言感想を弘絵さんに伝えます。

多くの人から出た感想は「自分の声、応対にびっくり!」というもの。

よっぽどガチでやらない限り、自分の応対を客観的に視聴するって、ないです。

逆の言い方をすると、ガチでやるなら、
録音・録画で自分のようすを見るのがいちばん現状を把握できる。

Yもときどき「もうひとつの事務先」で接客ロープレを録画しますが、
初回のスタッフの同様といったら!

今回もみなさん、そこが印象的だったようですね〜。

また「ことば」についてのコメントも多かったです。

普段何気なく使っていることばが、
実は日本語として間違っていたのを知った、ですとか、
自分の話ことばのクセの強さにビックリしたとか、
とっさのときに出てこない! とかね。

Yは思うのです。

ことばって、ツールのひとつでしかありません。
ただし、どれだけ心があったとしても、
それを表現して相手に伝わらなければ、
ことばはまったく存在しないのと同じこと。

はじめに、ことばありき、と記されていたのはアレですが、
心とことばが等価で存在したときに、
初めて誰かの元に届くんですね、きっと。

お客様に満足していただきたい。

そのためにどんな工夫ができるのか。

そのための身体表現が「作法」なんです。

弘絵さんの講座は、まず理論から入るものの、
どちらかというと身体性と意識を尊重します。

しかもその人自身からあふれるもの、という前提で。

「研修をしてやった」という履歴のみ欲しい組織では、
弘絵さんを講師としての研修はおススメしません。

本気で変わりたい、よくなりたい、と思う組織には、
ホントにおススメです。

そもそも、弘絵さんの研修への姿勢が

誰も寝かさない

だしね。

おかげさまで、このブログのレポートから
企業研修のお話をいただくことも増えてまいりました。

ありがとうございます!


導入を検討されたいご担当者様、
お気軽にお問合せくださいませ!
posted by splanet at 17:11 | Comment(0) | S.PLANETのご紹介-企業向け-

2018年02月15日

【S.PLOUNGE】いまさら聞けない「オトナ社員」のためのビジネスマナー 雑談力アップ編

こんにちは〜。
S.PLANETの「流しの事務員」「さすらいのお手伝い」
中の人・Yでございます。

みなさま、J:COMの「札幌人図鑑」ご覧になりましたか?
Yは残念ながらJ:COMを見られる環境にないので、
2/22(木)以降にwebで拝見しようと思います。

札幌人図鑑

よかったら感想等、お聞かせくださいね。
あと! 弘絵さんをご存じない方へのシェアをお願いします〜。


さて!

3月は単発講座S.PLOUNGEをお休みさせていただきまして、
新体制へ向けてもろもろの調整等を行うわけですが。

4月!

4月は、あるよ!

4月は2講座!

前半4/4(水)は大好評シリーズの登場です♪


IMG_5076.JPG


いまさら聞けない
「オトナ社員」のためのビジネスマナー
雑談力アップ編

講師:瀬川 弘絵
人財育成デザイナー(S.HRDデザイナー)

開催日時:2018年04月04日(水)
(受付18:15〜)18:30〜20:45

開催場所:S.PLANET(南1西3 札石ビル4階)

受講料:5,000円(チケット利用の際は1枚)

定員:8名様

「いいオトナなんだから、マナーなんて身についていて当たり前」
と思っていませんか?
挨拶のとき、身体の動き、声や目線で損をしていませんか?

国際線客室乗務員としての経験を活かしたマナー研修には定評のある瀬川弘絵が、
今回は特に「若いオトナ」が苦手にしている「雑談」に特化して指導します。

新年度。

みなさまの職場や活躍される場所に「新人さん」が入ってくる季節です。

Yももうひとつの「流しの事務先」で「へっぽこ人材教育担当」ですからね。
リアルに人事教育に頭を悩ませているひとりでございます。

いわゆるひとつの「イマドキの若いもん」。

イイコがとっても多いのです(うちの会社だけ?)。

素直だし。

将来のことを堅実に考えいるし。

Yみたいなおばちゃんにもなついてくれてるし。

しかし!

ありゃなんでしょう???

世間話が続かない!

特にYの勤務先は「世間話からの〜突っ込んだ商談」が不可欠です。

いろいろ一生懸命取り組んでるのだけど、
ど〜しても! できない!

「Yさん」とは楽しく、フレンドリーに話せるのに、です。

特に苦手なのは「40代以上のおばさん」なんだそう。

なんじゃ
おまえら
Yさんを
何だと
思っとん
じゃい!

「ん? Yさんは、Yさん♪」

……。

自分の人当たりの良さとゆーか、
キャラの良さとゆーか、
コミュニケーションスキルの高さとゆーか、
このときほど呪ったことは、
たぶん、あんまり、ない。

とはいえ。

これはYの勤務先に限らず、
弘絵さんにくっついて見学させていただく
クローズドの企業研修でも見受けられる状況です。

経営や人材育成の問題として、

かなり
なう。

「問題なう」です。

そんな状況を。

IMG_4453.JPG

この人!

瀬川弘絵が、
「雑談できない」という状況を打破するヒントを伝えます。

最初にお伝えしておきますが、
会話力や雑談力って、講座1回受講したからって上がりません。

学びを持ち帰り、実践して、先生のもとで復習し、
会話をする人たちからフィードバックをもらって、
そんでまた工夫して、ということの繰り返しで、
ちょっとずつ向上するものです。

でもさ。

習わないと、
始まらないって。

ね? いまさら訊けないっしょ?

安心してください。

そんな「いまさら」盛りだくさんでお届けします。

企業研修としても活用していただける内容です!

みなさまの受講をお待ちしております!

posted by splanet at 12:00 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」

2018年02月13日

Yちゃん、雪まつりに、もの思ふ。

KIMG3656.JPG

Yでございます。

先日、大通から西11丁目方面へ行く用事があったついでに、
雪まつりを覗いてきましたよ。

今年で

69回目!

……いやはや。

マイマザーの1コ下、来年は古希を迎えようとしているビッグイベントです。
北海道のある種の歴史が150年なんだとしたら、
半分に満たない程度です。

……思えば遠くへ来たもんだ。

本日のブログは、告知等は一切ありません。

たまにそういう日も、いいでしょ。


雪まつりの思い出で、その人の歴史のようなものが見える気がします。

弘絵さんは福岡のご出身で、
東京でCAをされていたわけで、
結婚してから雪まつりを体験されている。

Yは、と言えば、生まれも育ちも、ほぼ札幌市中央区。

どちらかというと「雪まつりの後の居酒屋」目的の大人たちと
大通会場とすすきの会場を見学し、
いとこたちや同級生と一緒に真駒内会場
(2005年に終了。さとらんどを経て、現在はつどーむ会場にて開催)に行き、

滑り台全制覇

を、狙っていたわけです。
おしりをしゃっこくしてね。

いや、懐かしい。

かつて、
「真駒内会場(陸上自衛隊真駒内駐屯地)」で
立入禁止区域に入ったり、閉園後に敷地内にいると、
子どもでも容赦なく銃殺されるとゆー噂がまことしやかに流れたり。
(概ね、いとこの友だちが命からがら逃げてきた、という武勇伝になるのです)

KIMG3654.JPG

幻のモスクワオリンピックのマスコット「こぐまのミーシャ」の雪像があって、
それを図工の時間に描いたりね。切なかったなあ。

雪像の目が赤く光ったと言ってはギャーギャー盛り上がったもんです。

もうちょっと大人になれば、
市民雪像を一緒につくると、恋におちる、という都市伝説があったりね。

当然「雪まつりに行くと」別れるだの浪人するだのというバージョンもあるわけです。


KIMG3653.JPG

今年、ひとりフラフラ用事のついでに歩いてみると、
オータムフェストもびっくりなくらい、
飲食エリアが多いことに気づきました。

ほんの数年前(結婚していた頃なので5年以内くらい)まで、
飲食エリアは2・3丁目と7丁目くらいにしかなかったのに。

商魂たくましいなあ、と思うと同時に、
Yは放っておくと「イベント全制覇」グセがあるので、
誰かと約束しなくてよかった、と心から思ったものです。

おいしそうなもの、いろいろありました。

Yは手を出しませんでしたが、
焼酎のお湯割りや、ホットモヒート、ホットワイン、そんな温かいお酒。

あとね、雪まつりならではだなーと思ったのが、


です。

ズワイかな? タラバかな?
串に刺したでっかいのが売ってました。

あとは牡蠣ね。

「イベント牡蠣らー(イベント時に牡蠣を食らう)」なY、
よっぽど近づこうかと思いましたが、
スイッチが入るとフツーの居酒屋さんもびっくりの会計になるため、
その後の用事を考慮し、やめておきました。

KIMG3652.JPG

面白い〜、と思った、こちら。

離島キッチン。

ご存じでしたか? Yは今回の散策で初めて知りました。
雪まつり会場には移動キッチンが出ていましたが、
実店舗もあるようですね。

お店としても楽しいし、ビジネスモデルとしても興味深かったです。

KIMG3655.JPG

ほんの数年前まで。

プロジェクションマッピングを見ようとしたら、
そのイベントはパニックになり、中止を余儀なくされるなどしていました。

今、中心部に近い雪まつり会場でプロジェクションマッピングは、
当たり前の仕掛けになっています。

怪獣の目から赤い光が出てた、という時代が懐かしいです。

ほんのちょっと前まで、Yと同世代の子(あえて「子」と言います)は、
「若手リーダー」と呼ばれていました。

今では「トップ」とか呼ばれてみたりしています。
そういう子が増えてきました。
同級生には孫が出来はじめ、多くの友だちは子どもの受験でアップアップしています。

ちょっと前まで、雪でできた怪獣から発せられる赤い光に大騒ぎしてたのにね。

今では老眼鏡について導入を検討してたりするのです。

ホントに遠くに来ちゃったのか。

遠くに来ちゃったフリをして、
赤い光にギャーギャー言っていた頃と変わってないのか。

雪まつり会場を横切るだけで、いろいろなことに思いを馳せました。
posted by splanet at 11:00 | Comment(0) | 日記

2018年02月09日

【S.PLOUNGE】3月は、お休みですよ。

ふう。

……こんにちは。
「さすらいの事務員」「流しのお手伝い」中の人・Yでございます。

S.PLANETではお姫さま待遇の丁稚ですが、
もうひとつの事務先では「馬車馬リーダー」として、
黒い労働を強いられております。眠い。

現在、いわゆる「繁忙期」でして、
またチームワークの醸成で、めっちゃ重要な時期にきてまして。

ああねむい。

かぼちゃ.jpg

かぼちゃです。

というわけで!

Yのように気を張りすぎてヘナヘナな人も、
そうでない人も、ひとときを楽しくクリエイティブに過ごしませんか?
っつーのが、2/22(木)開催のS.PLOUNGE

クリニカルアート(臨床美術)で脳を活性化!

■講師:表谷 明美
(臨床美術士・POP広告クリエイター・VMDインストラクター)

■開催日時:2018年2月22日(木)(受付18:15〜)18:30〜20:45
■開催場所:札幌エルプラザ(北8西3)4階 中研修室B
 ※当日は直接お越しください。
■定員:8名様
■受講料:5,000円(チケット利用の際は1枚)
画材はこちらで用意します。手ぶらでOK!

アートすることで、脳は活性化され「心を癒す力」があります。
仕事の疲れ、ストレスの発散にも役立つアートで心と頭を癒しませんか?
臨床美術では、独自のアートプログラムに沿って絵を描く、
オブジェを作るなどの創作活動によって脳を活性化します。


S.PLOUNGEの中でもリピーターが多い、
楽しい講座です♪

IMG_5256.JPG

オモテヤ先生!
このカバンの中には、モデルさんたちがゴロゴロ入っています。

で、クリニカルアートって何? っつったら、
こういうこと!

IMG_5258.JPG

ひとことで言うと!

IMG_5427.JPG

です!

みなさまの受講、お待ちしております!


で。

3月のS.PLOUNGEは

お休み!

デス黄ハート

4月以降のラインナップも続々登場!


04/04(水) 18:30-20:45
いまさら聞けない
「オトナ社員」のためのビジネスマナー 雑談力アップ編
瀬川弘絵 

04/18(水) 18:30-20:45
with Angel
オラクルカードを使って自分でメッセージを受け取る方法
白取ミユ 

05/15(火) 18:30-20:45
夜のウォーキング講座
男も女も老いも若きも! 健やかに美しく歩く!
佐藤桔更 

5/25(金) 18:30-20:45
「教育の2020年問題」にも打ち勝つ!
アクティブコミュニケーションを身につける
北原義昭 

06/29(金)18:30-20:45
アンガーマネジメント・方眼ノートメソッド 等でおなじみ、
村上隆昭先生による思考整理の極意を学ぶクラス【詳細未定】
村上隆昭 

06/30(土) 14:00-18:00
●即実践に繋がる
少人数で学ぶ! ビジネスリーダー育成研修
村上隆昭・瀬川弘絵 

7月開催予定 18:30-20:00
【2,000円ポッキリ講座】
「仕事」と「私事」に役立つおためしNLPコーチング
瀬川弘絵 


また、受講生と講師の交流の場として「オンラインサロン」の開設準備中です♪
3月はこちらのオープンがS.PLOUNGEのイベント、
ということになるのかな〜。

もろもろ、お楽しみに!

posted by splanet at 12:20 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」

2018年02月06日

【開催報告】「教育の2020年問題」にも打ち勝つ!アクティブコミュニケーションを身につける

こんにちは〜。「中の人」Yです。
昨日から雪まつりが開催されているんですね〜。
Yが小学生くらいの頃は真駒内の自衛隊駐屯地で開催されていて、
「閉会後に取り残されるともれなく銃殺される」等、
穏やかでない噂がありましたが、子どもの考えることは……。

さ!

そんな先カンブリア紀の話はさておき、
先週2/2(金)のS.PLOUNGEは「心の便利屋」、
ムッシュ北原の「アクティブコミュニケーション」をテーマに、
みんなで脳内を充血させまくりましたよ〜。

本日はそのレポをお届けしますね。


【受講前のキモチ】
「アクティブコミュニケーション」という言葉を初めて聞きました。
アクティブの内容が気になります。
どのような講座になるか楽しみです。

【受講後のキモチ】
行動することの大切さを学びました。
来週職場で即、実践します。


IMG_5941.JPG

【受講前のキモチ】
コミュニケーション力アップしたい!
ワクワク(^O^)
楽しみにしています!

【受講後のキモチ】
行動の大切さを理解しました。
積極的に行動したいです。

IMG_5933.JPG

【受講前のキモチ】
コミュニケーションの本質・原理を理解し、
そしてスキルを身につけたいです。

【受講後のキモチ】
毎日ひとつ+αで行動します!
まず身近な家族からアクティブコミュニケーションを実行します!

IMG_5935.JPG

【受講前のキモチ】
雰囲気についていけるのか、
上手に話が出来るのか不安でした。

【受講後のキモチ】
質問力・観察力の大切さ。

IMG_5937.JPG

【受講前のキモチ】
アクティブなコミュニケーションを取れなかったらどうしよう……。
ネガティブな思考回路からの脱出方法を学びたいです。

【受講後のキモチ】
楽しかったです! 頭を使いました……。
先生、とても楽しかったです。ありがとうございました。

IMG_5932.JPG

この日のおやつ。
弘絵さんの大阪出張のおみやげ。
その名も「たこパティエ」。

高級感漂うパッケージながら、
ものすごくアナーキーなスイーツでした。

スイーツ?

……いや、スイーツと呼ぶには、チト自信がない。

しかもですよ?

おいしかったんです……。

というわけで。

この日の参加者は5名。
営業的には「もっと集客せねば」と焦る数字ですが、
実は講師の先生たちは、この人数がわりと好評でして。

すっごく濃密で、丁寧な指導ができ、
先生たちもよい刺激を受けるのですって。

「アクティブコミュニケーション」は、北原先生の造語です。

今回のキーワードは「行動」。

行動しないと成果は出ない。
自分でやる気を起こさないと、意味がない。

このことを踏まえて、徹底的に実践です。

たくさんの講師の先生を見てきましたが、
北原先生の「動じなさ」「ブレなさ」といったら。

緊張している受講生さんを、一応「追い込む」のです。
結構強烈に。

それでも、不思議と受講生のみなさんに
「楽しく行動する」スイッチが入るんですね。

先生を相手に、
よってたかって「アクティブコミュニケーション」で攻め込みますが、
いやあ、先生、ホント、動じない。
活性化できるコミュニケーションには応じるけど、
そうでなければ、けちょんけちょんです。

でも、そのけちょんけちょんも、
傷つくようはことなく、安全・安心して、しかも腑に落ちる。

不思議な時間なんですよー。

今日1日で
変わるわけは
ないんですけれども

先生もそうおっしゃっていましたが、
コミュニケーションは訓練です。

理論だけ学んでも勘違いする人を増やすだけ。

理論をどれだけ実践できたか。

どれだけやる気を持って行動できたか。

コミュニケーション力は、そこで差がつくよな、と
思ったYでございました。

日程未定ですが、北原先生の講座は開催予定です。
詳細が分かり次第、お知らせしますね!

みなさまの次回のご参加、お待ちしております!

posted by splanet at 11:59 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」

2018年02月02日

【開催報告】誰でもできる、やさしくて通じるもてなし英語

こーんにちはー。
「中の人」Yでございます。

さる1/22(月)に開催されたS.PLOUNGEに登壇されたのは……、

IMG_5910.JPG

ディーン・フジオカ先生です。

……冗談ですもちろん。

ハイ、英語音声学(イギリス英語・アメリカ英語)の権威、
小川直樹先生です。

「誰でもできる、やさしくて通じるもてなし英語」

と題して開催された本講座。

結局セミ・プライベートレッスンの様相を呈して、
受講生の方の「英語との距離を近づける」ような講座に相成りました。

どんな講座だったんでしょう。
いつものように、アンケートをご紹介しますね。

IMG_5891.JPG

【受講前】
英語は頭に入りづらいですが、楽しみです。

【受講後】
楽しくワークをすることができました。
受講してよかったです。

IMG_5908.JPG


【受講前】
「とにかくおもしろい」ときいたのでワクワクです。
ちょっとでも伝わるように英語が話せたらいいな、と思ってます。

【受講後】
身体を使って発音する → やってみる → っぽくなる!
の連続で、目からウロコでした。
学生のときに、もっと学んでおきたかったです。


ですって。

結局この日の参加者は、おふたり。

「せっかくなので」小川先生、
じっくりおふたりから「英語の学びのリクエスト」をヒアリングされ、
英語と仲良しになる講義をしてくださいました。

そもそも日本人の口の動きは小さくて、
それが英会話習得を妨げているのだそう。

結局のところ「話す」は身体表現のひとつですからね。

でも、これまでの日本の英語教育では、
それほど発声について力を入れていなかった。
日本で英語を教えている先生は、そもそもでたらめな発声を
「直す気力もない」のだそう(!)。

なので、外国人の先生に習っている人も多いけれど、
日本に住んでいるネイティブの先生に通じているからって、
現地に行って通じるとは限らないのですって。

いやはや……。

IMG_5903.JPG

小川先生は、あきらめません。
楽しく、即、発音上手になる訓練を伝えてくださいます。

みかんをしぼる!

マシュマロをひっぱる!

受講された人ならピンと来るフレーズです。
これで体感として発声が身についてくるのです。ホント。

みんなが『ウォレスとグルミット』もビックリの発声に変化していきましたよ。


そんな小川先生の名著!

41kBRsyUbCL._SX330_BO1,204,203,200_.jpg

■内容紹介
「人は基本的に、他人の話を聞かない」――教師として、またセミナー講師としてこのことを実感してきた女子大の人気講師が、長年の経験をもとにたどり着いた「聞いてもらう技術」を初公開します。
こちらが伝えたいと思っていることが、「確実に相手に届く」ために絶対必要なこととは?
話し手と聞き手の間にある「境界線」をなくして、「WE関係」をつくる方法とは?
面接や自己紹介、朝礼や会議、営業や販売、発表やプレゼン、婚活や披露宴など、あらゆるシーンで、驚くほど効果を発揮します。

◆著者からのメッセージ
僕が研究してきた「聞いてもらう技術」を、書籍という形で初めて公開します。
これは、教師という仕事を通じて培ってきた技術です。
でも、その背景には、僕が音声学者(音声によるコミュニケーションを扱う言語学者)だということもあるのです。そんな僕がたどり着いた技術というわけです。
だからこそ、人前で話すどんな場面でも通用します。どんな相手にもばっちりOKです。


小川先生って、英語の専門家でもあり、コミュニケーションの専門家でもあるのです。

次回講座は日程・内容未定ですが、
先生によれば

「季節がよいときに、また!」

とのこと。

ときどき、S.PLOUNGEの紹介ページをチェックしてみてくださいね!

posted by splanet at 18:44 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」

ページトップへ