2017年10月27日

【開催報告】江別ハイヤーマナー【ジャンプ】研修実車テスト

※文中での敬称は一部省略させていただきます。

まいど!

毎度おなじみ、S.PLANETの丁稚、
「さすらいのお手伝い」「流しの事務員」中の人・Yでございます。

今、ふっと思ったんですけど、
この関西弁である「まいど」。

実はものすごく深いことばなのではないか、と感じました。

感じたなう。

IMG_5380.JPG

まいど!

先日、10月25日(水)は、
毎度おなじみ江別ハイヤーでの「劇団S.PLANET」公演でしたよ〜。

■江別ハイヤー株式会社


これまでにも研修におじゃまして、
劇団S.PLANET女優陣は熱演と怪演(?)を繰り広げてきました。



さて、今回は「ジャンプ」のみなさん。

ホップ

ステップ

ジャンプ!

の、ジャンプです。上級って感じの。
今期最後の実車テストです。

江別ハイヤーと言えば

3つの約束

@あいさつ+自己紹介

A配車時のお迎え・お見送りのドアサービス

B行き先経路・道順の確認

です。

もともと札幌圏のタクシー会社の中では断トツに料金設定がお得!
それでも向上のための取り組みができるポイントは、
じゃんじゃん改善して、向上して行こうゼ!ってな感じで、
ガッツある企業でございます。

IMG_5357.JPG

まずは萩原部長からの、ご挨拶。
びしーっと、喝! が入ります。

IMG_5359.JPG

そして、うちの弘絵さんでございます。
笑顔で、喝! を入れていきます。

ま、いつも通り。

IMG_5360.JPG

ロールプレイングの研修の準備。
みなさん、熱心に書き物をしています。

じゃ、ちょっとウォーミングアップでも、しましょうか?

IMG_5362.JPG

IMG_5365.JPG

ほい。

タクシードライバー魂に火がついたところで、外に出ましょうか。

IMG_5370.JPG

さっそく、おうちにお迎えから、スタートです。
ちょっとおままごとを思い出します。

IMG_5371.JPG

ドアサービス。

手の添え方など、めっちゃ気をつけております。

IMG_5376.JPG

出番ではない方も、めっちゃ真剣に見学しています。

IMG_5374.JPG
手前の背中を向けている人は、協力会社のMさんです。
Mさん、いつもありがとうございます♪

IMG_5378.JPG

(クククク〜、Yちゃん、このストーリー、どう思う?)

Yも含めて、お客さん役の女優は与えられた条件に沿って、
それぞれが個性的なキャラクターを演じます。

そして「少しだけ、めんどくさい人」なんです。

IMG_5387.JPG

小道具にも、こだわっております。

今回持ち込んだ小道具は
「おいしいおかし」「重たい荷物(段ボール)」「杖代わりの傘」。

ホント、移動劇団だと思います。

IMG_5388.JPG

自分のは、なんだか恥ずかしい動画チェックです。
それでも、とても勉強になります。

何気ないしぐさが、ものすごくとんちんかんだったり。

ホンの少しお伝えすればよいポイントで、
カラオケで熱唱するぐらいの勢いで語り尽くしてみたり。

みなさん
「あ〜、自分って、こんなだったんだな〜」とおっしゃる。


実はね、今回のジャンプチームは、
カリキュラムを消化できなかった「心配なチーム」だったんですって。

Yともすっかり仲良くしてくださるアニキ・萩原部長が、
ロールプレイングに向かうときに、

「いや〜、心配だなぁ……」

珍しく弱音を吐いておられました。


それでも、Yや弘絵さん、そして萩原部長も驚くほど、
前回の実車テストから各段にスキルアップしていた方がいらしたり、
フタを開けてみれば、みなさんジャンプの名に恥じない、
素晴らしい接客のスキルでしたよ。

江別ハイヤーってね、不思議なんです。

客層の影響か、とってもあったかい人たちが揃ってるんです。

あったかくって、いい人。

いいおっちゃん、おねえちゃん、って感じの。

気さくで、あったかいの。

しかしながら、カスタマーの目も厳しくなっている昨今。
その「気さくさ」がビジネスチャンスを逃しかねない場面もあるわけで、
接客マナーの基本は、きっちり身につけていかなくてはいけませんね、
という弘絵さんの指導で、クロージング。

逆の言い方をすると、
一流の接客マナーの所作を身につけてしまえば、
あの独特の「気さくさ」「あったかさ」が、
ものすごい武器になる、どの同業他社も真似できないような、
すごいタクシー会社になる可能性も秘めているわけで、
いやあ、面白いなあ! と、
Yはビジネス番組『カンブリア宮殿』を見るような気持ちになりました。

江別ハイヤーの研修も、今年で8年目とのこと。
石垣社長は「10年は頑張る!」とおっしゃっていて、
この2年くらいはその成果がお客さまに評価され、
数字にもつながっている、とのこと。

Yは経営者の方にお会いするチャンスが比較的多くありますが、
どうしても結果を急ぐ人が多いような印象があります。
特にコミュニケーションスキルや「人間力」を向上させるような場面だと、
その人自身の掘り下げからスタートしていく必要があるため、
型どおりのことはできたとしても、「真の価値」には繋がりません。

江別ハイヤーにしても、変化・向上が見られるまで、
実に5年以上かかっているわけで、
その忍耐力と誠実さには、頭が下がります。

IMG_5361.JPG

それと、おちゃめな萩原部長。

なんだろね? この彼氏感、トモダチ感?

いつもお茶、ありがとうございます♪

ちなみにYはこの日の出番は1回。

杖をつくほどヨボヨボなのに、
桑園に住んでいる友だちに、わざわざじゃがいもを段ボール1箱分あげたいから、
JRに乗っておでかけ、という、なんともイカれた設定のおばあちゃん。

今回の参加者で、いちばんブラッシュアップが必要なのは、
実はYではなかろうか? というのが、今回の反省点でありました。
posted by splanet at 17:48 | Comment(0) | S.PLANETのご紹介-企業向け-

2017年10月24日

「学び」に疲れた人たちが、次に向かう場所。

こんにちは〜。

最近、ウッカリしまくりなYです。

もう
全面的に
ごめんなさい。

しかも、そのウッカリって、
なぜか弘絵さんにお願いされているお仕事で多く発生しており。

仮にこれが指導する立場から見たとしても、
「Yちゃん、ウッカリに気をつけてね」としか言えず。

……もう、ホントにごめんなさい弘絵さん。


さて!

Yがウッカリしてようがチャッカリしてようが、
S.PLANETからお知らせしたい、もろもろ!

S.PLOUNGE!

個人と組織を変える!
最新ソリューション(解決志向)コミュニケーションV
10/27(金)18:30-20:45 
講師:北原義昭 @ S.PLANET

クリニカルアート(臨床美術)で脳を活性化!
オイルパステルで、秋のオイシイさつまいもを描く
11/06(月) 18:30-20:45
講師:表谷明美 @ 札幌エルプラザ

季節を五感で味わう花活け
キャンドルを使ってクリスマス
11/22(水) 18:30-20:45 
講師:一谷美智子 @ S.PLANET

結果が出る! 自分が進化する! 部下が育つ!
「超」結果が出る手帳の使い方講座!
12/15(金) 18:30-20:30
講師:村上隆昭 @ S.PLANET

売上UP! 人財育成にもつながる!
方眼ノート攻略法!
12/16(土) 13:30-15:30 
講師:村上隆昭 @ S.PLANET

お申込み忘れはございませんか?
特に北原先生の講座は今週末に迫っております!

Yの独断で、まだ申込OKとします!

Yみたいにウッカリしてた方! お申込み間に合いますから!
ぜひぜひ! お申込み! くださいませ!!!



こっから先はYのいつものボヤッキーですので、
読み飛ばしてくださってかまいません。

 
先日「学び業界」にお詳しい方とお話をする機会がありました。

その方によれば、今、
特に札幌のセミナー・講座の集客は危機的な状況にあるとのこと。

これまでと同じアプローチをしていたら、全然集まらないよ、
というお話を、具体的な例を交えて教えてくださいました。
※これはセミナーではなくて、茶飲みお話。

そもそも「北海道人気質」のようなものなのか、
人気講師の「セミナーツアー」のようなものも、
最後まで空席があるのが北海道開催分。

ちなみにここで言う「北海道人気質」とは、
「ほがらかなあきらめ」のようなもの。

にっこり笑って「どうせ変わんないべや〜」という感じでしょうか。
それにしても、
最近の「学び人口の減少」は「異常だ」と感じるところもあります。
Yとお話をしてくださった方(ムッシュ(仮)とします)も、
「いや〜、この現象はどうしたもんかね、と思うがね」
と。

ムッシュ(仮)とお話をしていて、
ふと思うところがありました。

いっとき「セミナー」が「意識高い系」の人たちに、
すごく注目されたポイントがありました。

その後、「認定資格取得」をアピールし、
「認定講師」がわらわらと生まれました。

が、その講師の質はどうだったか。

そして講座を受講する生徒の姿勢はどうだったか。

「中庸」というゾーンが薄く、
「すごくいい」と「いかがなものか」の
二層にくっきり分かれた印象があるのです。

Yくらい長生きしていると、同世代の人たちの中には、
「××認定資格持ってるよ」と、
胸をバシっと叩いてドヤ顔をする人も多くなりました。
「講座もできるよ」と言うので、ふむふむと眺めてみると、
それはときに「?」というクオリティ。

Yも少し前まで自分の中に「セミナーブーム」が巻き起こっていたので、
いくつかの「学び」の席に行くことがありました。

同席している人と言葉を交わす場面もいくつかあり、
興味深くインタビューをしてみたり、観察したりするのですが、
中には「どうにも心配な人」「ちょっと疑問な人」という印象を抱かせる人も、
けっこうな数いたのです。

「面白かった〜」
「ね〜、面白かったね〜」

で、終わっちゃう人たち。

もちろん、それでいいんだと思います。

いいんだと思う反面、それでいいのか? とも思うわけです。

「受講する」という時間は、
「実践する」というステップに向かうための準備でしかありません。

学びを習得する、というのはインプットしたものをアウトプットし、
最終的には他者にキャッチしてもらうこと。
この「他者」には
「裡(うち)なる自分」や「未来の自分」も含まれていることでしょう。

でもね、ど〜も、学びを「ポーズのひとつ」というか、
ある種の自分の中にある「ドヤ!」の表現に用いていた人が多かったのではないかな、
と思うのです。

そこから勘違いが生まれ、テキストを読み、先生の話を聞けば、
「即実践できる」という解釈が生まれてしまったのではないかな、と。

「セミナージプシー」という言葉があります。

こう呼ばれる人たち、あるいはそう呼ばれることを恐れる人たちは、
きっと学びに対して「勘違いの解釈」をしてしまった人たちではないかな〜、
とYはうすらぼんやり思うのです。

ムッシュ(仮)は「学び」のプロフェッショナルですが、
面白い情報を教えてくださいました。

「コーチング」とか「NLP」とかいう言葉を使わずに、
コーチングやNLPを教えて欲しい、という要望が多くなっているのですって。

へぇ〜!!!!!

面白いなあ、と興味深く思いました。

ある種のムーブメントが起こり、
ファッションで学んだ人たち、あるいは、
自分を検証することなく「他者にすがる」ような思いで学ぼうとした人たちは今、
とても疲弊しているのだと思います。

「セミナー行ってみたけど、全然変わらないじゃん」

そんな風に傷ついている人たちが増えているようなのです。

ムッシュ(仮)は、そんな状況を踏まえて、
思い切った方法に出てみると、これまで減っていた受講生が、
わっちゃり戻ってきて、キャンセル待ちの人気ぶりに。

「学び市場」は、次の季節に移っているのかもしれませんね。

ムッシュ(仮)も、
「本気で学びたい人は、実践したい、やってみたいんだと思う」
とおっしゃっていました。

その点、S.PLOUNGEや弘絵さんの講座、
あるいは弘絵さんの仲間である先生たちは、
みなさん「実践重視」です。

大人数を相手に講義することもできますが、
どちらかというと、人数を絞り、安全な場所で、実践・実践・実践あるのみ!
という環境を提供される。

Y自身、
いっときに比べると「セミナー」に参加することがずいぶん減りました。
経済的な問題も大きいですが、
インプットが終わって、今のYはアウトプットの時期なんだと思うのです。

やってみる時期。

その検証のための「実践できる学び」は得たいなあ、と思うものの、
そういう「場」の提供が見当たらないので、行ってない、という最近のYです。

みなさんは、いかがですか?

学びへの興味・スタンス・あるいは傷のようなもの。

本来の学びって、時間を忘れるほど楽しくて、ワクワクするもの。

みなさんの「学び」の現状と希望について、
声を聴かせていただけると嬉しいです。



posted by splanet at 12:19 | Comment(0) | 日記

2017年10月19日

【S.PLOUNGE】11/22(水)季節を五感で味わう花活けキャンドルを使ってクリスマス

Yです。

S.PLANETオフィスでYが座っている席からは、
街路樹の葉っぱがキレイに見えるのですが……。

黄色い!

今日の感じは、東京の12月くらいだと思います。

ここ20年くらい、寒い季節は12月中旬くらいにしか行ってないけど、
これは東京の冬に近いです。

さみーな!


image1.PNG

ステキ♪

こんなアレンジメント、作ってみませんか?

というわけで!


11月のS.PLOUNGE、2コ目の講座のご案内です。

季節を五感で味わう
花活けキャンドルを使ってクリスマス
講師:一谷 美智子 花活けShisui主宰
開催日時:2017年11月22日(水)(受付18:15〜)18:30〜20:45
開催場所:S.PLANET(南1西3 札石ビル4階)
受講料:5,000円(チケット利用の際は1枚)お花代:別途3,000円
定員:6名様

慌ただしい年の瀬に
華やかさと温かさをもたらすクリスマスのアレンジメント。

クリスマスムードをさりげなく演出する、実ものやキャンドルを使い、
自然な感じに活けて楽しむ講座です。

男女問わず、ぜひご参加ください。
作成したフラワーアレンジメントはお持ち帰りいただけます。


ということでございます。

講師の一谷美智子先生、……いや「三花(みか)」先生。
関西(兵庫県西宮市)在住でいらっしゃいます。

京都でみっちり「和の感性」を磨き、
花活けの伝道師として活躍されている方です。

トリミング_一谷美香子.JPG

美しいですね。

前回の開催報告は、こちら↓

【開催報告】季節を五感で味わう にしえの文化を学ぶ花のレッスン
http://blog.s-planets.com/article/179480016.html

Yは前回「おとなのじじょう」で参加できなかったのですが、
三花先生の花活けは、札幌ではなかなかお目にかかれない
「いにしえの和」の感性に触れられるのが特徴です。

前回講座では男性の方の参加もあり、
五感の活性にはもってこい!

決して狙ったわけではないのですが、
11月のS.PLOUNGEは芸術に触れる、創作する、という内容です。

三花先生の4月の講座しかり、
11月のもうひとつの講座、オモテヤ先生のクリニカルアートしかり。

学校教育のように義務ではなく、
突き詰めていくような趣味でもなく、
1回お試しのような感覚で「創作」に触れる。

で、S.PLOUNGEの講座に共通なのが、

やってみる。

しかもそれは、講師の先生が生み出す「創造の場」で、
安心しながら、護られながら、しかも自由に動くことができる。

終わってみると、楽しかった〜という満足感と、ある種の「気づき」。

Yの本業はある種の「芸術家」でして、
材料とアトリエがあれば、とっとと「やってみる」ができるのですが、
そこに「ほんのちょっとのナビゲーション(講師)」があるだけで、
そのアトリエは表現することに安心して取り組むことができるのではないかなー、
なんてことを、もちゃもちゃと思うのです。

芸術とか、創造とか、そういうの苦手だし、得意でないし。

やってみたいと、思わなくもないけれど。

そんな風に思っていらっしゃる方にこそ
受講していただきたい11月のS.PLOUNGEです。

詳細・お申込みは、こちら!
posted by splanet at 10:52 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」

2017年10月17日

【S.PLOUNGE】10/27(金)講座/たった今、おっちゃん来たよ!

こんにちは〜。サッポロサムイアルヨ〜。

まいど! 中の人Yでございます。

たった今、Yがお留守番をしているオフィスに
10/27(金)のS.PLOUNGEで登壇いただく北原先生がお越しになりました〜。

北原先生‗ホームズイラスト.jpg

北原のおっちゃんと話してると元気になりマッスル!
今日は10/27(金)の講座で使う資料をお持ちくださったのだけど、
最近の「学び」や経営、人財育成ほにゃらら〜等、
めっちゃワクワクするようなお話と、
Yのもうひとつの「流しの事務先」の話を、ばばばばーっと、
短時間で集中してお話しちゃいました♪

楽しかったぁ♪

10/27(金)開催の講座は、

個人と組織を変える!
最新ソリューション(解決志向)コミュニケーションV

というタイトル。

……ただね。
このタイトル、講座の内容にフィットしてはいるものの、
ちょっと違うよね〜、言い足りてないよね〜、と。

「あくまで個人の感想」ですが。

北原先生の講座は、座学ではありません。

何かキーワードを大声で連呼したりもしません。

聴きに行く、というスタンスでは、もったいないです。

やってみる。

という、実践の場です。

コミュニケーションのスキル・テクニックをたくさんご存じです。
経営や組織活性化、個人の活性化にも長けた、
実績のある方です。

そんなおっちゃんがいて、
安心して、楽しく、軽く理論を学び、試してみる。やってみる。
その方法が逸れていたら、修正の仕方を伝えてもらえる。
で、また、やってみる。

なので、他者との関わり・自分のキモチへの向き合い方、
そういうもので「もちゃもちゃ」している人、
どんなテーマを持っていてもよいのだと思います。

10/27(金)、よかったらS.PLOUNGEにお越しください。

あなたの「もちゃもちゃ」スッキリさせましょ♪

っつーか、あー、楽しかった♪
アタイがすっかりスッキリです。

北原先生! またお会いできるのを楽しみにしております!
……今日のブログ、めっちゃ衝動的やん。どない???


北原先生‗ホームズイラスト.jpg
【再告知】
個人と組織を変える!
最新ソリューション(解決志向)コミュニケーションV

講師:北原 義昭 コミュニケーション・デザイン研究所 所長
開催日時:2017年10月27日(金)(受付18:15〜)18:30〜20:45
開催場所:S.PLANET(南1西3 札石ビル4階)
受講料:5,000円(チケット利用の際は1枚)
定員:8名様

あなたが今いる職場・家庭・その他のさまざまな「集まり」の中で、
コミュニケーションは円滑にまわっていますか?

その場所でのあなたの伝え方は「対話」になっていますか?

本来、チーム全員が一丸となって取り組むべきところで、
全員がやる気を持って、考え、行動できていますか?

「ソリューションコミュニケーション」は問題を解決しようとするのではなく、
解決そのものを目指していくコミュニケーション方法です。

「ソリューション……。何だか難しそう」という方!

北原先生が今回お届けする学びは、
あなたの心の中にある人間関係の「もちゃもちゃ」を、
パッと晴らすようなヒントの数々です。

対人関係はもちろん
「自分自身との対話」にも使えるコミュニケーションスキルを、
楽しく学ぶ時間です。

何かしらの
「もちゃもちゃ」をスッキリしたい人、
ぜひお越しください!

詳細・お申込みは、こちら!
posted by splanet at 12:04 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」

2017年10月12日

【S.PLOUNGE】11月6日(月)クリニカルアート・モデルは「さつまいも」

Yでございます。

秋ですね。

秋めいて。

ときめいて。

……。

さて。

先日のブログで11月のS.PLOUNGE、
2講座開催のうち、1講座についてご紹介しました。

IMG_5256.JPG

オモテヤ先生です。

IMG_5258.JPG

楽しかったですね〜。

で、11月のプログラムをご紹介していなかったのですが!

決定!

d0032abce150b6e401f8e614cb1f35af_s.jpg

実りの秋の、代表選手。

さつまいも

です。

さつまいもをオイルパステルで描きます。

IMG_5266.JPG

タッチを楽しみます。

描き終わったら、いただきます。

253047140a1e02acee248de0dbd5ed27_s.jpg
※調理はご自身で。

今回はS.PLANETオフィスではなく、
札幌駅北口のエルプラザでの開催!

みなさまお誘いあわせのうえ、お越しくださいませ♪

クリニカルアート(臨床美術)で脳を活性化!

■講師:表谷 明美
(臨床美術士・POP広告クリエイター・VMDインストラクター)

■開催日時:2017年11月6日(月)(受付18:15〜)18:30〜20:45
開催場所:札幌エルプラザ(北8西3)4階 研修室3
 ※当日は直接お越しください。
■定員:8名様
■受講料:5,000円(チケット利用の際は1枚)
画材はこちらで用意します。手ぶらでOK!

アートすることで、脳は活性化され「心を癒す力」があります。
仕事の疲れ、ストレスの発散にも役立つアートで心と頭を癒しませんか?
臨床美術では、独自のアートプログラムに沿って絵を描く、
オブジェを作るなどの創作活動によって脳を活性化します。


posted by splanet at 10:03 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」

2017年10月10日

【S.PLOUNGE】クリニカルアート(臨床美術)で脳を活性化!

こんにちはー。

最近、急に「セーラームーン」ブームが到来しておる、
1971年早生まれ、札幌オリンピックはテレビで見たよ、な、
「流しの事務員」「さすらいのお手伝い」中の人・Yでございます。

ですので、Yのアイドルは月野うさぎちゃん、ではなく、
魔女っ子メグちゃんか、花の子ルンルン、
あるいは如月ハニーさんあたりなはず、なんですが、
セーラープルートの健気さに、もう泣けちゃうのです。

さて!

おしおき、ではなく、お講座、のご案内!

11月は2講座!

芸術で脳を活性化する2講座、ですよ〜(偶然)。

IMG_5258.JPG

あの、楽しい講座、ふたたび! でございます。

クリニカルアート(臨床美術)で脳を活性化!

■講師:表谷 明美
(臨床美術士・POP広告クリエイター・VMDインストラクター)

■開催日時:2017年11月6日(月)(受付18:15〜)18:30〜20:45
開催場所:札幌エルプラザ(北8西3)4階 研修室3
 ※当日は直接お越しください。
■定員:8名様
■受講料:5,000円(チケット利用の際は1枚)
画材はこちらで用意します。手ぶらでOK!

アートすることで、脳は活性化され「心を癒す力」があります。
仕事の疲れ、ストレスの発散にも役立つアートで心と頭を癒しませんか?
臨床美術では、独自のアートプログラムに沿って絵を描く、
オブジェを作るなどの創作活動によって脳を活性化します。

IMG_5256.JPG

オモテヤ先生です。

Yはそのキャラクターのあまりに素晴らしい天然っぷりに
「へっぽこ伝説製造機」というお名前をお贈りしましたが、
前回の講座では楽しかったけど、伝説は生まれませんでした。

IMG_5257.JPG

えーっと、
前回はリンゴをオイルパステルで描く、というプログラムでしたが、
今回は本日10月10日現在、

未定

で、あります。

オイルパステルで絵を描く以外にも、
立体物をつくるとか、いろいろあるんですよ〜。

前回講座のレポは、こちら黄ハート


絵を描いたりするのが好きな方はもちろん、
どちらかというと、表現に対して、
アレルギーとかコンプレックスを持っている人におススメです。

表現をするのが大好きな人(Yもそっち系かも)は、
より「表現の本質」に迫れる感じがします。

表現をするのが苦手な人には、
「あ、これでよかったんだ」と表現に対する肯定感が強くなります。

ストレスフルな人、
自分の「好き」が、わかんなくなってる人、
とにかくココロが疲れちゃってる人、
「他人」のことばかり気にして、自分をかまってあげられない人。

そんな人にもおすすめな時間かな〜と、Yは思います。


10月27日(金)には、
北原のおっちゃんのあやしいコミュニケーション講座があります。

北原先生‗ホームズイラスト.jpg

それで「目のウロコ」を取って、
その翌々週に、楽しく童心にかえって、
表現する楽しさに目覚めてからの〜、
11月22日(水)のお花でクリスマスアレンジを作る、
という。

わぁ〜。

詳細・お申込みは、こちらデス♪




posted by splanet at 10:39 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」

2017年10月05日

おもてなしは、芸術だ!

みなさま、ごきげんよう。
もう自分が誰だかわからなくなってきましたが、
Yでございます。

e68ed8124da5b3758d34165702d5b6ff_s.jpg

テレビ朝日系列では『やすらぎの郷(別名:やすらがない郷)』が終わり、
トットちゃん』が始まりましたね。

ですので、玉ねぎ画像を貼っておきます。ハイ。

さて!

10月のS.PLOUNGEは北原先生の講座1コマ!

【S.PLOUNGE】10/27個人と組織を変える!
最新ソリューション(解決志向)コミュニケーションV
http://blog.s-planets.com/article/181106308.html

ぜひ、おっちゃんに会って、元気になってね♪

詳細・お申込みは、こちら!


最近、クローズドの企業セミナーのお手伝いをしておりましてね。

接客のようすをビデオ撮りする、というもの。

夏くらいから、たくさんの人たちの接客を見てきました。

お客さま役も参加スタッフがするのだけど、
これがマジで面白い!
ちょっとした上質のコントです。

清水ミチコさん・友近さんのネタや、
イッセー尾形さんの一人芝居を見ているようです。

というのも、
「クレーム対応」までいかなくても、
お客さま役は「ちょっとムムムなお客さま」を演じるからなんです。

江別ハイヤーの研修もそうですが、
「どっからそんな設定持ってくるの?」と
「うきゃー! いるいる!!!」ってお客さまが、
笑いを誘うのにちょうどいい濃度で演じられてるのです。

失礼を承知で言うと「クソつまんねー」ときもありました。

それは「教科書通りのお客さまと接客」のときで、
正直なところ、ビデオを撮るのも退屈です。

ただ、ほとんど「笑いで手が震えて手ブレが心配」なレベルです。

このような差が出てくるのはなぜか、というと、
「どれだけお客さまを観察しているか」ということに尽きるのですね。

Yがこの面白さを清水ミチコさん・友近さん・イッセー尾形さんに例えたのも、
彼らが素晴らしいアクターであるのと同時に「優れた観察者」であるから。
見学しているスタッフのみなさんは笑いをこらえながら、
「うわ〜、いるいる」とつぶやいていましたよ。


直近で行った撮影で、印象深いことがありました。
みなさんが、というよりも、これはYの中の発見だったのですが、
ご紹介しますね。

長文になっちまいましたが、よろしくお付き合いください。

Yはもともと「おもてなし」とか、
おいしいもの・素敵なお店、みたいのが

大 好 物

でして。

それが高じてホテル経営や接遇のビジネス書なども読み漁った時期がありました。

帝国ホテル・ホテルオークラ・リッツカールトン・山の上ホテル……。

貧乏なYは、それらに泊まったことはほぼないのですが、
お茶をしたり、館内を散策したりするのが大好き♪
日本の一流ホテルでは、そんなビンボーYちゃんでも快くもてなしてくれるのです。

お茶するだけでも、
高級なお蕎麦やさんで海老天そばを食べる程度のお金と勇気は必要ですが、
豚さん貯金箱を割ってでも行きたくなるのです。

で。

たまたま現場に行く途中、
図書館(大通カウンター)で借りた本をピックアップして、
移動中に読むことにしました。
51Q3992HvDL._SX334_BO1,204,203,200_.jpg

コミック帝国ホテル 120年の最高(Amazonにリンクしてます)

コミックだから、という理由で借りた本です。

何気なく読んでいましたが、道中、感動のあまり落涙してしまいました。


感動は

なまら、
かっけー!

って感じ。
もう、どの人物も格好いいんです!


そもそもの設立の背景。

ライト建築の意味と意義、それらがもたらしたもの。

シェフ村上の料理への情熱と後進指導の姿勢。

客室係としての目配り・気配り・心配り。

それらの「育てる」伝統の継承。


ほかにもモリモリ「落涙ポイント」はあるのですが、
まさか、これをこのタイミングで読んだことが、
Yそのものを変えてしまうなど、このときのYは思いもよらなかったのです。


現地に着いて、ビデオカメラで撮り始めました。
カメラのディスプレイを眺めながら、あれ? と思いました。

実はこの日のスタッフのみなさん、
Yが撮影してきた中でも、1位2位を争うほどの

接遇の達人ぞろい

お客さま役の人たちが繰り出してくる濃いキャラクターも、
これまで以上のクセの強さ。
困った人、というよりは「いるいる」「あるある」が強い感じ。

それを接客するみなさんは、粛々と、ていねいに接客していくのです。
そのレベルは実に「安定のクオリティ」。

素晴らしいものでした。

でも、なんです。

たまたま移動中に読んでいたマンガの影響なのか。

Yの中では、素晴らしさを感じる反面、

すごく物足りなさ

を感じました。

そのお店のスタッフとしては、実に素晴らしい。
安心してお買い物ができる。

「このお店で買ってよかった」

というレベルの接客ができる、というのは、
すごいことだと思うのです。

でも、なんです。

個人としての
印象が残らなかった。

正直、そう思った自分に驚きました。

で、次に気づきました。

例えばYは「盆踊りバレエ(比喩ですよ)」を習っています。

バレエもそうなんです。

おばちゃんヨチヨチバレリーナが先生に注意されるのは当然ですが、
すでに教師であるようなバレリーナ先生にも改善点はあるのです。

ピルエットという回転技があります。

片足のつま先を膝あたりにつけて、くるっと回転する技ですが、
初回では、まず回れません。

回れるようになると、
膝を開けだの、パッセ(膝とつま先)の位置を高く! だの注意を受けます。

で、それができるようになって、美しく1回転できるようになると、
今度は回転数を増やせ、と言われます。

どんどん、どんどん難しくなっていくのです。

で、テクニックがこなせるようになると、
「表現」について、徹底的にダメ出しがなされます。

できることが増えることで、楽になるはずですが、
どんどん厳しくなっていく。

でも、徹底的にそれらを磨き込んでいくことで、
「プリンシパル」「エトワール」と呼ばれる、
舞台中央で、花束を贈られる存在になれるわけですね。
(実際はもっと、もろもろあるのですが、おおざっぱには、そうです)

……例えが長くなりましたが、
最後にYの感想を伝えるまでの間に、そんなことを思っていました。

おもてなしに天井なし。

つまり、「芸術」と同じことなんです。

コールド(群舞)で満足するのも人生かもしれません。
でも、コールドであることをキープするのも日々の努力が必要です。

さらに、コールドからソリスト、プリンシパルというステップ。

このお店の
●●さんから
買えてよかった

そんなふうにお客さまに感じてもらえるスタッフになること。
お店の看板を背負いながら、個人としての価値を持つこと。
それがすべての販売接客をしている人たちの目標点なのかなあ、と感じました。

現在の場所で輝き続けるもヨシ。

「●●さん」という価値を保ちながら、
たくさんの場所の舞台を渡り歩くもヨシ。

そのお仕事は5分〜8分程度の邂逅でしかないのに、
無限の物語の一部なんだなあ、と思うと、
やっぱし感動しちゃうYなのでした。

みなさん、頑張ってくださいね!
応援してます!



posted by splanet at 11:42 | Comment(0) | 日記

2017年10月03日

【開催報告】男も女も老いも若きも! 健やかに美しく歩く!

毎度!

「中の人」Yでございます。ハイ。

……眠てぇ。昨日、早く寝たけど、眠ぃ。

……。

さ! 気を取り直して!

さる9月の最終日・土曜日。

札幌エルプラザを会場に、S.PLOUNGEが開催されましたよ!
恒例の佐藤桔更先生によるスパルタウォーキング講座です。

で、なして(北海道弁で「なぜ」)Yがこの講座を「スパルタ」と呼ぶか。

KIMG3276.JPG

ひたすら!

KIMG3290.JPG

一途に!

KIMG3295.JPG

とにかく歩く!

ですので、普段「あたまでっかち」になっちゃってる人におススメです♪

ちなみに桔更先生は元気ハツラツですが、一切「叱る」ということはありません。
ハッパかけてくれますが、ホメ9割の提案1くらいの伝え方をなさいます。

だからかな?

みなさん、終わった頃には、
不思議と「いい汗かいた」以上のお顔をされているのです。

KIMG3270.JPG

こちら、弘絵さんの出張のおみやげでございます。

KIMG3251.JPG

スタジオに入ったら、まずは自分が歩く様子を撮影し、
ビデオでチェックします。

桔更先生、かしがって(北海道弁? で「傾く」)ますね。
歩き方のクセのお話をされているのかな?

KIMG3253.JPG

座ったままでもできるストレッチ。
今回は日常の動作のクセからくる慢性的な体調不良の解消のコツなども、
いつも以上に伝えてくださいましたよ。

KIMG3258.JPG

壁立ち。
これ、実際やってみると、身体の重心が迷子になります。
ふだんの意識の「まっすぐ」と、全然違うの。

KIMG3263.JPG

「ピシーピシー」のストレッチですね。
ところで、この「ピシピシ」。
トルコで赤ちゃんを寝かせるときに聞かせる呼吸と同じなんです。
リラックスするのかな?

KIMG3300.JPG

ひたすら歩いて、日が暮れて。

どれくらい美しく歩けるようになったか、
再度ビデオでチェック。

この時間、Yは大好きです。

ホントね、悪化する人、ひとりもいないから!

みんなの顔がほころび、目がキラキラし始めるのです。


このウォーキング講座も、たくさんの方に受講していただき、
桔更先生主催のクラスへ通うようになった方、
男性が参加されて「美しく歩く」ということの大切さに気づいてくださったり。

次回のS.PLOUNGEへの桔更先生の登場は未定ですが、
来年のアタマくらいに開催されるのでは? と思われます。

これまで通り、歩き方の基礎を学ぶ講座かと思いますが、
「営業職」に特化した歩き方や、
年齢別・目的別の美しい歩き方など、
「歩き方・動作の観察者」である桔更先生の、
また違った魅力を感じられる講座も面白そう〜と考えているYです。

もしよかったら、コメント欄やFacebook、メールフォーム等で、
「こんな歩き方講座、受講してみたいなあ」とリクエストをお寄せください♪

posted by splanet at 10:45 | Comment(0) | 単発講座「S.PLOUNGE」

ページトップへ